いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

recipe

簡単でおいしい!小松菜レシピ&冷凍保存の裏ワザ

pixta_36548950_M
栄養バランスや家計のことを考えながら毎日の献立を決めるのは、なかなか大変ですよね。ママスタコミュニティにおうちに残っているある野菜を使ったレシピを知りたいママからこんな投稿が寄せられました。

小松菜ってどうやって使う? スムージーを作ったけれど、飽きてしまいまだ残っている。普段あまり使わないから悩む。レシピサイトでレシピを見たけれど、いいのがない。油揚げもないし』

ごはんとの相性抜群!主役のおかず

残ってしまった小松菜とご家庭にある食材を使って、サッと作れるレシピがたくさん寄せられました。まずは小松菜が食卓のメインに変身するレシピをご紹介します。

『豚バラとピーマンと人参炒めて醤油・味噌・砂糖で味付けしてご飯にドーン!豚丼の完成☆』

『小松菜とジャコ炊いて卵おとしたり』

『油揚げと煮て卵とじにするのが一番好き』

『ツナと卵と炒める』

『茹でてゴマとめんつゆと砂糖を入れて混ぜてご飯に混ぜる』

ご飯に混ぜたり、卵と合わせて子どもも大人も食べやすそうなレシピがこんなにたくさんあるなんて驚きですよね。続いては食卓が寂しいというときに便利なママたちが考えた「小松菜の副菜レシピ」を見ていきましょう。

簡単!サッパリ副菜を一品

『茹でた小松菜とジャコと竹輪と鰹節を、めんつゆであえたものを副菜としてよく出すよ』

『茹でてツナ缶とめんつゆか、カラシ和え』

『小松菜のおひたし。サッと茹でて鰹節と味ぽんかけるとみんなよく食べる。シャキシャキしてて今の時期さっぱりしてて食べやすい。うちではほうれん草のおひたしより小松菜のおひたしの方が食べる』

茹でるだけで、緑色が鮮やかな小鉢の出来上がりです。定番のおひたしもツナやからしなどを利用して味付けすれば、いつもと違った味付けの一品になるのではないでしょうか。寄せられたコメントのなかに、なんと小松菜を使ったデザートもありました。

こんなのあり?小松菜を定番デザートにイン!

『茹でて刻んだ小松菜をプリンとガーッと混ぜて食べる』

刻んだ小松菜をプリンに混ぜるという驚きのアイデアです。残ってしまってどうしようもない! というときに、試してみてはいかがでしょうか。筆者はホットケーキミックスに茹でて刻んだ小松菜を入れて野菜ケーキにしたことがありますよ。デザートに取り入れれば、野菜が苦手な方や子どもでも食べられそうですね。投稿者さんは「小松菜があまってしまっている」とのことですが、おかずやデザートにしても使い切れなかったら、どうやって保存したらいいのでしょうか?

自然解凍でおひたしに?!残ったら冷凍保存が便利

小松菜がたくさんあるのなら冷凍保存しておけば、おかずになるという簡単レシピのアイデアも寄せられました。

『私も生でカットしてジップロックで冷凍だな。食べるときにジプロックにだし醤油と鰹節かけて自然解凍して食べている』

『味噌汁に入れたり、ベーコンやお肉と炒めたり。安いときにたくさん買って、カットして冷凍している』

『茹でて小分けにしてジップロックに入れて、冷凍保存すれば?』

冷凍しておいて自然解凍して醤油をかけるだけ、炒めもの・汁ものに入れるだけなど、簡単に料理に使えそうですね。冷凍保存しておけばあと一品作りたいというときに献立の救世主になるかもしれませんね。

炒めもので吸収率UP!

『ニンニクスライスして、ベーコンと一緒に炒める』

『豚肉と炒めるかナムル』

『魚肉ソーセージを斜め切りして、軽く焦げ色がつくまで焼いて軽く塩する。適当に切った小松菜を入れて炒める。卵でとじる。簡単でお弁当のおかずにも晩ご飯のちょい足しおかずにもなる。食べるときに少し醤油垂らして食べると美味しい。子どももよく食べてくれるよ。小松菜を買うときは、茎が細めの背の低いのを選ぶと苦味が少ないかも』

炒めものの小松菜レシピは、メインのおかずやおつまみにもなりそうです。さまざまなレシピをご紹介しましたが、気になるのが「小松菜の栄養価」。実際のところはどうなのでしょう?

鉄・βカロテンが豊富な優秀野菜

『小松菜はビタミン A、ビタミン C、ビタミン E、カルシウム、鉄分が非常に豊富です。緑黄色野菜の特徴成分であるβカロテンや食物繊維も含んでおり、低カロリーの野菜の中では豊富な栄養を含んでいる「女性に嬉しい」野菜です! 特にカルシウムはほうれん草の約3.5倍! カルシウムは女性に多い骨粗鬆症の予防だけではなく、精神安定用、抗ストレス作用などの効果があり、また近年は脂肪の排出を促進する作用もあると報告されています』

引用:東京聖栄大学健康栄養学部食品学科|小松菜

また、小松菜などに含まれているβカロテン(ビタミンA)は、調理方法や一緒に食べるものによって吸収率が変わります。βカロテン(ビタミンA)は油脂と一緒に食べると吸収率が上がります。油を使った炒めものは効率よくβカロテン(ビタミンA)を摂取できるのではないでしょうか。

栄養豊富でスーパーで手軽に購入できる小松菜。飽きてしまった……というときは、冷凍保存してある日の献立の一品に加えてみてはいかがでしょうか。

参考:地方独立行政法人 福岡市立病院機構|パクパクだより

文・すずしろゆうみ 編集・木村亜希

関連記事

レシピに書かれた“卵黄”……ママたちは余った卵白をどう使っているのか?
お菓子作りに使ったり、しょうゆに漬けたり、パスタやどんぶりにポンと乗せるだけでSNS映えする料理にしてくれる名プレイヤー「卵黄」。しかしレシピに全卵ではなく卵黄と書かれていると、一瞬悩んでしま...
いつもと違う春巻きを作りたい!思わず食べたくなるアレンジレシピを教えて
春巻きは中華料理でも老若男女問わず、人気があるメニューのひとつですよね。とくに揚げたてはパリパリした食感の香ばしい皮と、中のトロッとした具の組み合わせが絶妙でたまりません! ある投稿者さんが春巻き...
ブロッコリー1株があっという間に食べられる!おいしいレシピと裏技
みなさん、ブロッコリーは好きですか? 1日3食のどの食事でも活躍し、お弁当の彩りとしても欠かせないブロッコリー。今回はそんなブロッコリー1株があっという間になくなる、おいしいレシピをご紹介しま...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
小松菜ってどうやって使う? スムージー作ったけれど