いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

不登校気味のわが子にあわせて仕事を休みがち。会社は理解をしてくれるけれど、仕事は辞めるべき?

001_働くママ_森乃クコ
子どもが不登校になると、一緒にママも仕事を休むことがあります。しかしそれが続くと職場に申し訳なく思い、仕事を辞めた方がいいのかなと悩んでしまうことも少なくないでしょう。あるママも休みがちな子どもと自分の仕事のあいだで悩んでいるようです。

『子どもは小1で、今は週1~2回、私が一緒に授業を受けています。旦那の夜勤が多めなので、学校を休んだ日は旦那と家にいます。学校に行ける日は本人の気分しだいなので、パートは遅刻したりしています。上司には子どもが不登校の話もしていて、お店は暇だからいいよと仰ってくださっているのですが、さすがに申し訳なくて辞めるか悩んでいます。不登校のお子さんがいて働いていた方は、やっぱり仕事を辞めましたか?』

たとえ理解のある職場とはいえ、度々仕事を休んだり遅刻するのはなんだか心苦しいものですよね。そんな気持ちを抱えながら仕事をしていては、投稿者さんとしても毎日辛いばかりでしょう。そんな投稿者さんにママスタコミュニティのママからはこんな質問が届いています。

なぜお子さんは不登校になってしまったの?

『不登校の理由は何ですか?』

不登校気味になってしまった理由がわかれば、何か子どもにできることが見つかるかもしれません。

『教室が怖いと言っていて、国語や算数は私が後ろにいて授業を受けています。でも限界なのか、給食は廊下で食べることが多いです。失敗を極端に嫌がっていて、体育や音楽の授業は嫌だと教室から出て行ってしまったりします』

教室に対して恐怖心があり、あまり長時間教室にいることができないようですね。今はママと一緒ならば授業は受けられる状態ですが、教室への怖さがさらに強くなってしまった場合には、全く学校に行けなくなる可能性も出てきます。子どもが不登校になりそうだったり、なってしまった場合には、投稿者さんを含め親には何ができるのでしょうか。

子どもの不登校、ママにできることは?

専門家に相談をする

「教育センター」や「教育相談所」などでは、教育相談を行うための相談窓口を設けています。学校にスクールカウンセラーがいる場合にはそちらで相談してもいいでしょうし、学校自体に行くのが怖いようであればこのような場所で相談に乗ってもらうのもいいですね。相談窓口は各自治体に設置されているので、投稿者さんのように不登校気味の子にあわせて仕事を休んでいる保護者の話もあるのかもしれませんね。

学校以外で勉強できる場を検討する

「教育支援センター(適応指導教室)」では、通所指導(カウンセリング・教科指導・体験活動など)を行っています。その他にも不登校の子どもへの支援には、不登校特例校やICT(情報通信技術)を活用した学習支援、民間施設のフリースクールなどもあります。投稿者さんの子どもの「教室への怖さ」が、人の多さや雰囲気など、どこからきているのかはわかりません。しかしその恐怖を軽減できる方法が、何かしら見つかることもあるのではないでしょうか。

仕事は辞めた方がいいと助言するママたち。その理由は?

会社や仕事仲間にも迷惑がかかる

『一緒に仕事をしている人の迷惑だから、仕事は辞めた方がいい。不登校がなおるまで仕事はしない方がいい』

投稿者さんは上司に子どものことを話し、理解を得て休んでいます。しかし勤め先がお店ということは、忙しさによっては組んだシフトがずれてしまうこともあるでしょう。また他のスタッフへ投稿者さんが休んだしわ寄せがきていることも考えられます。

子どもにも気を遣わせてしまう

『私はやめたよ。子どもも「お母さん、仕事に行かなくていいの?」と心配するから切なくて』

ママが仕事を休むことが多くなると、子どもも申し訳ない気持ちになるのではないでしょうか。自分のせいでママに迷惑をかけていると思い、子ども自身が辛い思いをすることもあるでしょう。

ママ自身のストレスにもつながる

このままずっと「辞めた方がいいのかな」と悩む日々は、ママのストレスになるだけではないでしょうか。不登校ぎみの子どもを支えることと、毎回心苦しく思いながら仕事を休むストレス。自分のために片方の負担を減らしてもいいのかもしれませんね。

いったん仕事を辞めるのもアリ。まずは職場に相談を

子どもが不登校になると、年齢や状況によってはママの仕事にも影響が出てきてしまいます。また会社側に理解があったとしても、現場で働く人たちの本心は違う場合も考えられます。このように急な休みが続くうえに、それが終わる見通しがきかない状況で仕事をするのは、自分自身のストレスにもなってしまうでしょう。もし今の状況が耐えがたいのであれば、いったん潔く仕事を辞めてみてはいかがでしょうか。子どもが1人で留守番ができるようになったり、学校に行けるようになったら再び仕事を始めてもいいでしょう。そうすれば子どもをそばで見守ることができ、罪悪感をもちながら仕事をすることもなくなります。

またもし辞めると決めた場合には、職場に早めに相談や報告をしておきましょう。退職をする場合の規定があり、○ヶ月以上前に報告しなければならないなどと決められている場合もあります。そういったトラブルが起きないためにもまずは会社に相談をしてみましょう。

ママ自身が働くストレスを減らした状態で子どもと向き合うことで、親子共に余裕のある時間をすごせることもあります。そういった時間のなかでゆっくりと、不登校の解決策や今後の対処法を見つけていくのもいいのではないでしょうか。

文・川崎さちえ 編集・古川純奈

関連記事

小学校 に関する記事一覧
【第1話:学校に行きたがらない息子】不登校のわが子と歩んだ10年間。母としての葛藤の軌跡
息子、拓也は保育園になかなか行きたがらず、毎朝大泣きして登園していました。今思えばそれがすべての始まりでした。それから私たち家族の長い葛藤が始まることになるのです。 小学生になってからもスムーズ...
シングルマザーの悩み「不登校気味なわが子のために、毎回仕事を休む?」
子どもが不登校気味になると、親としては心配で仕事に行けなくなることもあるでしょう。その一方で家庭の事情や職場の雰囲気などによっては、簡単に休むことができない場合もありますよね。あるママさんもお子さ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
子供が不登校、パート