いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新型コロナウイルスの影響で半数近くの家庭が出費増加、約1割が旦那さんのお小遣い減という調査結果が

pixta_60527321_M

新型コロナウイルスの影響によって外出自粛が求められたり、在宅勤務が進んだりするなど、生活が変化した人は少なくないでしょう。デジタルとリアル領域を横断する包括的なコミュニケーションサービスの提供をしている株式会社Grillは、インターネットリサーチを使用した「コロナ禍における家計に関する調査」を行いました。

新型コロナウイルスの影響で家計の出費が「増えた」割合は約46%

d50384-13-560413-1

新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間のとき「家計全体の出費は増えましたか?」という質問に、男性で38.3%、女性で48.6%の人が「出費が増えた」と回答しています。全体では約46.1%の人たちが外出自粛期間の出費が「増えた」と回答していました。

子どもがいる家庭といない家庭の出費を比較した場合では、子どもがいない家庭では「増えた」が31.9%、子どもがいる家庭では「増えた」が半数を超える50.4%となりました。増加した理由で多かったのが「食費」。外出自粛とともに始まった子どもたちの休校による給食の停止も、家計に少なくない影響を与えていたことがわかる結果となっています。

ママスタコミュニティのママたちに、新型コロナウイルスによる家計への影響について聞きました。

『食費、光熱費は休校のため増えた』

『貯金どころか食費がかかって困る。週1でまとめて買っても2日に1回は追加で買い物に行ったりして、なんだかんだお金がマイナス』

『子どもは2人いる。給食費がゼロだったのに、休校になってお昼ごはんを用意しなきゃならなくなったから、その分少し支出が増えている』

食費や光熱費など、家族の大半が自宅で過ごすときに必要になる費用が軒並み増えてしまったようです。出費が増えた家庭がある一方で、出費が減った家庭もありました。

『食費が少しだけ上がったけれど、出かけないし、交通費や外食費いらないしで、月の生活費が半分になったよ』

外出が多かった家庭では、外出ができなくなったぶんの出費が抑えられたようです。出費が増えたかどうかは、もともとの生活習慣の影響もありそうですね。

旦那さんのお小遣いにはどんな影響があったのか

d50384-13-148070-6

新型コロナウイルスの感染拡大により、旦那さんたちのお小遣いにはどのような影響があったのでしょうか。旦那さんのお小遣い額について「変わらない」との回答が最も多く88.3%でした。一方で旦那さんのお小遣いを「減らした」家庭は9.7%。だいたい1割の家庭で旦那さんのお小遣いが減ったようです。外出自粛の影響で、在宅勤務になった旦那さんもいたでしょう。しかし旦那さんのお小遣いを減らした家庭は少ない、という結果になりました。

「減らした」お小遣いは戻るのか?

旦那さんのお小遣いを「減らした」家庭では、外出自粛が解けたあと金額に変化はあったのでしょうか。7月と8月の調査では「元に戻そうと思わない」との回答が半数を優に超えています。減らしてもやりくりできることがわかったからでしょう。一度減ったお小遣いは簡単には元に戻らないようです。

では「減らした」旦那さんのお小遣いは、どのように使われているのでしょうか。

『うちは旦那が在宅勤務になったので、旦那のお小遣い分を貯金できるようになりました』

旦那さんの減ったお小遣いは、家計にそのまま回され、いずれ家族のために使う「貯金」になっているところもあるようです。旦那さんの在宅勤務が続く間は、貯金を増やせそうですね。

「守りの家計」になってきたのかも。「備えあれば患いなし」

世界中を突然襲った新型コロナウイルスによって、これまでの生活が根本から変わってしまいましたね。仕事に関しても「いつ何時、収入が断たれてしまうかわからない」と実感し、自分たちの家計は自分たちで守ろう、という考え方が出てきた可能性があるでしょう。

同調査では、国から支給された国民一人当たり10万円の特別給付金の使い道について、全体で約56%の人が「日常生活費」に使うと回答しています。一方で20代で43.2%、30代では37.8%の人が「貯蓄する」と回答。「備えあれば患いなし」とは、

『ふだんから非常のさいの準備をしていれば、いざというときにも心配無用』

という意味のことわざです。生活レベルは維持しつつも、いざというときに患いなく家族が過ごせるように、浮いたお金は貯金しておくと安心できそうですね。

(引用:「備えあれば患いなし」|実用ことわざ新辞典 高橋書店)
【調査概要】
・調査方法  :インターネットリサーチ
・調査対象者:20代~50代の既婚男女
・サンプル数:9,042人
・実施時期  :7月20日~8月15日

文・しのむ 編集・千永美

関連記事

コロナと共に生きる に関する記事一覧
みんなの旦那さん、月のお小遣いはどのくらい?20代~40代の年代別にご紹介
突然ではありますが旦那さんのお小遣いは月にいくらですか? もしかしたら周りの人の意見を参考に旦那さんのお小遣いの金額を検討したいと考えているママさんもいるかもしれませんね。 『もちろん稼ぎや年齢によ...
旦那のお小遣い、月に2万では少ない?ママたちのリアルな声や意外なアイディアまで
旦那さんに毎月いくらお小遣いを渡すか……というのは、なかなか難しい問題ではないでしょうか。ほかのママたちにも聞きづらいことなので、ひとりで悶々と頭を悩ませているママさんもいるかもしれません。今回マ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
皆さん、コロナの影響ありますか?