いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

採用担当者に聞いた、パート面接で見ているポイントは?雇用状況は不安定でも、大事なのは誠実さ

pixta_47481243_M

以前ほど子どもに手がかからなくなってくると、空いた時間を有効に使いたいと考えるママもいるでしょう。社会との関わりを持ちたい、さらには家計の足しになればと、パートやアルバイトを始めることを検討している人もいるかもしれません。ただ現在(2020年9月)は感染症による影響で、けっして景気がよいとは言えない状況のよう。自分が希望する仕事に、スムーズに就くことはできるのでしょうか?

そんな心配を抱くママたちに注目してほしい、あるアンケートの結果が先日公表されました。パート・アルバイトの採用担当者に聞いた、「書類審査・面接時に着目するポイント」です。

応募書類で採用担当がチェックするのは、記載の丁寧さ

調査を実施したのは求人サイト「しゅふJOBパート」を運営する、株式会社「ビースタイル メディア」。採用する側は、パート・アルバイトに応募してきた人のどんなところをチェックしているのか? 気になるところですよね。

まずは応募の第一段階である、書類審査時に重視するポイントです。(全体=297)
sub12スキルや経験を上回り、トップになったのが「経歴や職歴を丁寧に記載しているか(62.0%)」です。経験の乏しさはどうすることもできませんが、丁寧さであれば誰でも気をつけることができそうです。

採用担当者から実際にあがったコメントも見てみましょう。

「応募した仕事に、どれだけ興味があるのかを知りたい」

「志望動機をしっかり記載してくださっているか、またその内容」

「メールのやり取りの内容。書類提出のタイミングや書類の書き方、面接案内時の電話の受け答えや印象」

メールや電話など担当者との直接のやり取りを通じて、志望者の人となりが伝わることも。最初の段階から手を抜かず、誠意を持って対応することが大事なようです。

聞かれることのトップは「志望動機」。しっかり固めておこう!

無事に書類審査を通過したら、次は面接です。担当者が面接で見るポイントはどこでしょうか?(全体=297)
sub13「身だしなみ、立ち居振る舞い、マナー(75.4%)」と「仕事への意欲(73.4%)」が僅差で1位2位に。ほぼ間違いなくチェックされていると考えてよいでしょう。少数ですが「提出書類とのギャップ(16.2%)」という回答も。書類に嘘や誇張を書いたとしても、しっかり見抜かれてしまうようです。

面接では、どんなことを尋ねられるのかも気になります。続いて「面接の際によく聞く質問は?」(全体=297)という問いに対する結果です。
sub4トップはやはり「志望動機(59.9%)」。「家から近い」や「お金のため」など率直な動機はあるでしょうが、「近い」なら「近いので、長く続けられそう」など前向きなフレーズを添えたいところ。「お金のため」も「子どもの教育資金を貯めたい」「生活費を補填したい」など具体的なことを伝えたほうが、採用者の「それなら続けてくれそうだな」というイメージは湧きやすいかもしれません。

感染症の影響で、就労条件が厳しくなった企業も

合計で333社からの回答を得た、このアンケート。調査時点(2020年7月)ではパート ・アルバイトの採用活動を「している」企業は76.6%、「検討中」が12.6%、「していない」が10.8%という結果でした。雇用が不安定という印象のある昨今ですが、約8割は積極的に動いているのですね。

ただ感染症拡大以降は、採用者が面接時に確認する項目が増えたようです。どんな質問が増えたのか、フリーコメントから抜粋してみましょう。

「家族の方の会社・学校での(感染症)対策などをお聞きしています」

「通勤手段、出社時間の電車状況について」

「短縮営業を実施中のため掲示しているよりも収入が減るが、問題はないか? それでも働きたいか?」

応募する本人ではどうにもできないこともありますが、できるだけ前向きに回答したいところですね。

ちなみに採用担当者が、どんな人物像を求めているのかというと……?

「ご自分の仕事にプライドと責任感を持てる方を採用したい」

「交通費の満額支給が困難なため、近隣の方に応募いただきたい」

「主婦の方。責任感のある方が多いとの認識からです」

通勤や収入に関して、感染症拡大前と同じようにはいかない状況もあることがわかる調査結果となりました。とはいえ、やはり誠実で責任感のある人が採用されやすいのは状況問わず間違いない事実のよう。採用の知らせをいただけなかったときは「今は感染症のせい」と割り切りつつ、前向きな気持ちで就職活動をがんばってくださいね。

【調査内容】
採用担当者向け「パート・アルバイトの採用活動実態調査」
有効回答数:297名(※採用担当者333名のうち、現在採用を「している」「検討中」企業に絞った人数で集計)
実施期間:2020年8月6日〜24日

文・鈴木麻子 編集・千永美

関連記事

働くママ に関する記事一覧
パートの求人に応募して受かった人、合格した理由は何だとおもいますか?ママたちの答えとは
子育てが少し落ちついてきたら短時間でも仕事をしたい、と考えるママもいるでしょう。ただ希望する求人に応募しても必ずその仕事に就けるとは限りませんよね。パートの仕事の面接に合格した人の特徴にはどん...
“時短パート”どこで見つけている?子どもがいるママも働けるパート先とは
保育園・幼稚園の送り迎え、子どもが熱を出したときのお休み、夏休みや冬休みなどの長期休みなど、パートをしたいと思っても、ママがパートに出られる時間や曜日は限られています。そのため、各家庭の都合に...