いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

色白の娘が、保育園の外遊びで真っ黒に。ショックが隠せないママができることは?

pixta_65795537_M

まぶしい太陽の下でたくさん遊べば、多かれ少なかれ日焼けをするでしょう。とくに子どもは、大人以上に早く日焼けをしてしまう印象がありますよね。すっかり小麦色の肌になったわが子を見て、夏の終わりを実感するママもいそうです。

真っ黒に日焼けした娘さんを嘆くトピックが、ママスタコミュニティにありました。夏がはじまる前の娘さんは、色白だったのだそうです。

色白が自慢だったのに……。もう時計は巻き戻せない?

『色白が自慢だった娘。保育園に行くようになって、毎日散歩や外遊びをするように。おかげで真っ黒に日焼けしてしまいました……ショック。今さら日焼け止めを塗っても、意味がないよね』

投稿者さんと同じように真っ黒に日焼けした子どもたちの報告が寄せられました。

『うちの息子もそう。今、真っ黒。だけどあまり気にしても仕方がないよね』

『うちの娘も同じ! 赤ちゃんのときから「色白ね~」と言われてきたけれど、今年はとくに黒くなった。ひじから下はこげ茶色に焼けている。あと膝から下も』

すでに真っ黒に日焼けしてしまった子どもを見て、嘆くコメントが。

『焼けるタイプの色白さんかな? 子どもらしくていいと思うけど』

『たくさん遊んで、元気な証拠だよ。親が嘆いたりするとコンプレックスになるから、お子さんの前では「黒くなってショック」とか言わないであげてね』

『いっぱい身体を動かして健康的になったなって、私はうれしいけど。今まで引きこもりだったの?』

娘さんには否定的なことを言わず、むしろ「健康的でかわいいね」と褒めてあげたいところですね。

自然な日焼けであれば、神経質にならなくてもよさそう

コメントにもありましたが、毎日外で遊んでいればどんなに色白でも少しは日焼けしそうなもの。保育園に通う前、娘さんはあまり外に出ていなかったのでしょうか?

『むしろ今まで、お散歩や外遊びをしてこなかったの?』

『どんなに色白な子でも、真夏は焼けるよね。赤くなるタイプの子でも、同じ。夏以外のシーズンに比べたら、やっぱり焼けたなぁって感じるよ』

『小さいとき、よっぽど家に閉じこもりきりだったのかな』

日焼けしないように、投稿者さんがよほど気をつけていたと考えられますね。

『色が白すぎると「外に出ていないの?」とか「外遊びさせない派?」って聞かれない? うちの末っ子が色白で外でスポーツしているのに日焼けしないから、よく言われるんだよね。私自身も色白だったんだけど、母も昔同じことを周りから言われていたみたい(笑)。うちの末っ子も、全然日焼けしない』

『私も娘も色白なんだけど、どちらかというと青い色白。目線を下げるだけで「体調悪い?」と聞かれるから、日焼けして健康的なほうがいいよ』

保育園も紫外線が強い時間帯は避けて活動しているでしょうし、帽子などの対策もしているはず。とはいえ帽子を被ったり日陰で過ごしたりしても、完全に紫外線をシャットアウトすることは難しいようです。

『小学生になったら、プールの授業で真っ黒だよ(笑)』

『うちもずっと真っ白だったのに、サッカーをはじめてから真っ黒に。最初のころは”赤くなっては戻って”を繰り返して、少しずつ黒くなってきた』

環境の変化とともに、肌色も変化していく可能性がありますね。

今からでも日焼け止めを塗って、大事なお肌を守ろう

もとが色白だったのなら「また白く戻るのでは?」という推察もあります。

『本来の色白は、夏が過ぎたら色白に戻るよ。私と息子がそう。幼いころの日焼けからシミになる可能性もあるから、日焼け止めは塗っておいたほうがいいよ』

『もとが色白ならその後にまたひどい日焼けをしなければ、色白に戻るよ。黒くならないんだよね。急激な日焼けだと、やけど状態になるよ。日焼け止めを塗っても赤くなるし、色白は何かとやっかいだよ』

さらにママたちが教えてくれたところによれば、同じ”色白”にもさまざまなタイプがあるようです。

『いろんな肌質があるよ。色白でやけどみたいになって、すぐに皮膚がボロボロむける人もいる。染み込むように黒く焼けるけど、秋冬にはまた真っ白に戻る人もいる』

『白くても焼けやすい、焼けにくいはあるよね。うちの上の子は真っ白で、夏休みは毎日公園で5〜8時間遊びまくっていたけど、なぜか黒くならなかった。もちろん以前よりは焼けているけど、他の子と比べると真っ白。それを日陰で見ていただけの下の子は、なぜか真っ黒』

『うちの子も色白のモチモチ肌だけど、大体このシーズンは「いい色に焼けたね」って感じ。私は真っ赤になったり皮がむけたりするタイプだけど、子どもは黒くなるタイプかな。ま、健康ならなんでもいや。親バカだけど、黒くてもかわいいわ(笑)』

日焼けのタイプにも個性があるのですね。投稿者さんの娘さんがどんなタイプかは、秋冬になってみないとまだわからないかもしれません。

紫外線を浴び続けることは、年齢を経てからのシミやシワの原因となることもあります。日焼け止めは、今からでもしっかり塗っておいたほうがよさそうです。黒く焼けた肌を白く戻すことはできなくても、これ以上の紫外線からお肌を守ることはできるでしょう。保育園に行く前の朝しか塗ってあげられないのはつらいところですが、まったく塗らないよりはよいのでは?
また、日焼けした肌は水分を保持する力が低下しているため、乾燥していることが多いもの。水分補給することが大切です。お風呂上がりには保湿ジェルやボディローションなどで、お肌を保湿してあげてくださいね!

文・鈴木麻子 編集・しのむ

関連記事

ママたちの子ども時代。楽しかった夏休みの思い出は?
新型コロナウイルスの影響で、2020年の夏は旅行や故郷への帰省を断念した人もいるのではないでしょうか。いつもとは違う夏休みを過ごすなか、ママスタコミュニティには「ママたちが子どもだった頃の夏休...
子どもに紫外線はリスク!?学校が日焼け止めを禁止する理由とは?
年々強くなる紫外線。最近では大人だけでなく、赤ちゃんや子どもに向けた日焼け止めや紫外線対策グッズもよく見かけるのでは? 紫外線のリスクは最近では過度に紫外線にあたることは皮膚の老化を早め、皮膚...
子どもたちの日焼け止め、塗ってる? 塗ってない?
まぶしい太陽のもとで活発に遊びまわる子どもたち。その柔らかな肌には強い日ざしが当たっています。ママたちは子どもを園や学校に送り出したあと、なにか日焼けの対策をすれば良かったと気になってしまいませんか?...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
色白が自慢だった娘が保育園行って