いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)はどんなことができるのか。インストールする前に知っておこう

pixta_61091402_M
新型コロナウイルス感染が広まるなか(2020年8月3日現在)、収束の兆しが見えず不安な日々を過ごしているママも多いことでしょう。無症状の人もいるため、咳やくしゃみ、発熱などの見てわかる症状を頼りに感染の可能性がありそうな人を避ける、ということも難しいように思われます。

厚生労働省が2020年6月19日に新型コロナウイルス接触確認アプリ(COVID-19 Contact-Confirming Application-COCOA)(以下、接触確認アプリ)をリリースしました。接触確認アプリにはどのような機能があり、新型コロナウイルスへの備えにどのように役立つのでしょうか。Androidのスマートフォンにインストールしたときの画面を参考に見ていきます。

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)はどのようなアプリなのか

新型コロナウイルスの陽性者と接触した可能性について通知を受けられる

接触確認アプリ利用者で新型コロナウイルスの陽性と診断された人が、陽性者に発行される処理番号をアプリに登録。すると、記録の条件に合致する接触がある人にアプリから通知がきます。接触確認アプリをインストールしておくと、いち早く自分の感染の可能性について知ることができるわけですね。近接に関わる情報は、過去14日間まで遡ることができます。

Screenshot_20200727-104941
新型コロナウイルスの陽性者と接触したときの通知は、1日に1回程度の頻度で送られてきます。通知を見逃さないようにするためには、接触確認アプリではなくスマートフォン本体の「設定」から、アプリの通知を有効にしておくといいでしょう。

「陽性者と接触」の条件は距離が「1メートル以内」、時間が「15分以上」

陽性者との接触が記録されるには一定の条件があります。それは陽性者との「距離」と接触していた「時間」です。正確には陽性者が持つスマートフォンと自分のスマートフォンが1メートル以内に15分以上あった場合に、接触として検知される可能性があります。そのときの状況や機器の性能によって計測に差が出る場合もあるため、「通知」がすなわち陽性者と1メートル以内の距離で15分以上接触した、という事実を証明するものではありません。

Screenshot_20200727-104925

陽性の可能性があると判明した場合、どのように行動すればいいか教えてくれる

確認アプリから通知が来たらどうすればいいのかは、アプリが教えてくれます。新型コロナウイルスの陽性の可能性があるときには、かかりつけ医などのいつもの病院に行くことはできません。アプリの指示に従って症状を入力したり伝えたりすると、帰国者・接触者外来などの連絡先を教えてくれます。迷わずに行動できますね。また自分と接触した人たちに対して注意を促すなど、感染拡大を防ぐ行動をとることもできるわけです。

Screenshot_20200727-104954

個人情報は保護されるのか

接触確認アプリを使うにあたって心配なことのひとつが「個人情報が洩れることはないのか」という点ではないでしょうか。もし自分が新型コロナウイルスの陽性だと判明した場合、不特定多数の人に陽性の情報が洩れてはその後の生活がしづらくなったり、いわれのない非難を受けたりするかもしれません。

個人情報が保護されるのか、という疑問に関してはアプリの画面で「氏名や電話番号などをアプリで使用することはなく、記録されることもない」と明記されています(下図参照)。「接触確認アプリを利用することによって個人情報が洩れるという不安は、ひとまずない」と考えていいのではないでしょうか。
Screenshot_20200727-104918

陽性と診断されたらアプリに登録しなくてはいけないのか

新型コロナウイルスに感染し陽性であることが判明したとき、必ず接触確認アプリに陽性であることを登録しないといけないのでしょうか。感染拡大防止を考えれば登録したほうがいい、という考え方もあるでしょう。しかし陽性であることを接触確認アプリに登録することは義務ではありません。アプリへの登録は利用者の同意が前提となっています。登録しなくても罰則や罰金などもありません。

接触確認アプリは「備え」になる。容量に余裕があればインストールしておきたい

新型コロナウイルスの脅威は、住んでいる場所によって切迫感が異なるでしょう。感染者が日々発生している地域やその近辺に住んでいる人たちにとっては、接触確認アプリは必要なものかもしれません。一方で感染者がいまだに発生していない地域やそれほど多くない地域に住んでいる人たちにとっては、接触確認アプリは必要とは感じられないかもしれません。

影響の差はあれど、現実に新型コロナウイルスは生活の一部となってしまいました。接触確認アプリは新型コロナウイルスへの「備え」のひとつと言えそうです。感染拡大を防ぐという点ではマスクや消毒薬と担う役割は似ていますね。お手持ちのスマートフォンの容量に余裕があれば、ひとつの「備え」として新型コロナウイルス接触確認アプリ(COVID-19 Contact-Confirming Application-COCOA)をインストールしておいてはいかがでしょうか。

文・しのむ 編集・千永美

関連記事

毎日笑顔で乗り越えよう! に関する記事一覧
新型コロナウイルス陽性の自宅療養者に配られる東京都足立区の「自宅療養セット」。気になる中身を聞いてきました
画像は足立区報道担当の方より提供されたものです。 東京都足立区では新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2020年4月下旬、「自宅療養セット」の配達をスタートしました。これは新型コロナウイルスの...
感染の不安がある状況で、孫に会いに来る義母。神経質なのは私だけ?
緊急事態宣言が解除されしばらく経ちましたが、子ども連れで人の多い場所に行くことにまだ抵抗のあるママもいるでしょう。まして産まれてまもない赤ちゃんがいれば、不要不急の外出はしていない親子もいそうです...