いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

fashion

お手頃価格で可愛い140センチからの服が欲しい!「GU」のローティーン向けラインが8月11日より全都道府県で販売

main

小さなころからおしゃれが大好きな女の子は少なくないでしょう。好みのテイストや色、お気に入りのお店やブランドがある子もいそうです。

ただメーカーやブランドによっての違いはあるものの、子ども服のサイズが130センチまでというところもあります。140センチからのジュニア向けブランドは、キッズ向けに比べるとお値段がやや高額という場合も。レディースのSサイズを選ぶという手もありますが、ローティーンの女の子が気に入るデザインではない……かも?

そこで”お手頃でかわいい140センチからのお洋服がほしい!”という母娘たちのリクエストに応えるように、「GU(ジーユー)」の新コレクション「AND24LOVELY(アンドトゥーフォーラブリー)」が2020年3月に誕生。さらに8月11日(火)から全都道府県での取り扱いがスタートします。

トレンドを手軽に楽しみたい、ローティーンのためのコレクション

「GU」の一部店舗(大型店)とオンラインのみでの販売だった「AND24LOVELY」。「もっと販売店舗を増やして」「近所のお店でも売ってほしい」という多くのリクエストをもらったことから、2020年8月11日(火)よりキッズ商品の取り扱いがあるお店でも販売がスタートします!

ブランドのコンセプトは「すべての女のコをいつだってかわいくする。友達と一緒にかわいくなれる。トレンドを欲張って楽しみたい、ティーンのためのコレクション。」。中学生を中心にしたローティーンの女の子向けにデザインされています。

ピンクやパープルなどのトレンドカラーや、ロゴなどの細部にもこだわったデザインが揃います。お洋服だけでなくバッグやベルトなど、コーディネートをより楽しむためのアイテムも。流行はもちろんサイズ感やシルエットにも、対象年齢に合うようにこだわりが発揮されているそうです。
gu

キービジュアルに登場しているのは、小学生・中学生向けの雑誌『ニコラ』専属モデルの林芽亜里さんと深尾あむさん。ふたりとも2005年生まれの、現在中学3年生です。読者から”ガーリーの神さま”と称されるほどの愛らしさで人気の林さんと、歌やダンスが得意な帰国子女である深尾さん。ポップでかわいい「AND24LOVELY」の世界観を演出していますね。

コラボTシャツにも注目!お財布にやさしい手頃な価格帯も魅力

また7月20日(月)より「AND24LOVELY」と『ニコラ』がコラボレーションした、デザインTシャツが販売中。林さん深尾さんなどの『ニコラ』モデルからヒアリングを行い、デザインやシルエット、カラーなどにもリアルなローティーンの意見を反映させたそうです。
デザインは「オープンショルダー×アシンメトリー仕様」で、暑い季節でも快適にトレンドをおさえられるのがポイント。シンプルな筆記体の刺繍ロゴが、大人っぽさを演出しています。
sub1

ワンショルバックプリントT(1,290円+税/展開サイズ:140cm~160cm)

肩がチラリとのぞく一見セクシーなデザインのようにも思えますが、実際に着てみるとローティーンならではのヘルシーな肌見せがかなうアイテム。ちょっとだけ背伸びしたい女の子たちのおしゃれ心をくすぐりそうですね。お値段も1,290円(税別)とお手頃です!

なおほかの商品の価格帯はカットソーは790円(税別)から、ボトムスでも2,000円(税別)以下など。ママにもうれしい価格帯です。

ファッションに興味をもち始め、キッズやウィメンズのアイテムにはない自分たちに似合うファッションを楽しみたいローティーンの女の子たち。「自分たちに合う服がない! 思い通りに買えない!」とモヤモヤする女の子たちに、ママとしてちょっとした提案ができそうですね。

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

スキマ時間を活かしてネットで副業。商品が売れる鉄板7か条とは?
「新型コロナウィルス感染症の影響で収入が下がった」「子どもの学費がかかる」などさまざまな理由で副業を希望する人が増えています。そんな人におすすめなのが、スキマ時間でできるネットショップ。手軽に始められ...
「ドラえもん in 3COINS」限定アイテム第1弾が7月23日(木)に発売!
2020年は、「ドラえもん」のコミック連載開始から50周年となるメモリアルイヤーです。50周年を記念して、多くのブランドとドラえもんのコラボレーションを見ることができますね。3COINSでも、7月...
「赤ちゃんは親を選んでくる」の体験談?胎内記憶ガールの日常を綴った漫画が話題
ママスタBBSでもときどき話題になるのが、子どもがママのお腹の中にいたときの記憶=胎内記憶について。科学的に証明されてはいなくても、ママしか知らないはずのエピソードを語り出したりと、”偶然”だ...