いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新型コロナウイルスの影響でスポーツ観戦の仕方はどう変わった?求められている感染対策とは

pixta_29235610_M

新型コロナウイルスによって、私たちの生活はがらりと変わってしまいましたね。感染を予防するため「密集」「密接」「密閉(された空間)」の3密を避ける生活はまだ続きそうです。そんななか多くの人々が集うプロスポーツ観戦も多大なる影響を受けています。プロフェッショナル同士が競い合う試合を、手に汗を握りつつ、ときには熱い声援をおくりながら応援していた観戦スタイルにどのような変化があったのでしょうか。

総合マーケティング支援を行なう株式会社ネオマーケティングは、2020年7月6日から7月7日の2日間、全国の男女1,000名を対象に「コロナ禍のプロスポーツ観戦実態」をテーマにした調査を実施しました。

会場でプロスポーツを観戦するとき、何に不安を感じるのか

d3149-149-751701-0

プロスポーツを現地会場で観戦するとなったら、みなさんはどのようなことに不安を感じるのでしょうか。アンケートの回答でトップになったのは「観客席での感染」(61.3%)でした。隣の席との距離が近い「密接」の状態が不安要素となっているのでしょう。次点は「声援による飛沫感染」(50.4%)となっています。大きな声で声援をおくることはプロスポーツ観戦をするときの醍醐味のひとつではあります。しかし大きな声を出した際につばなどが周囲に飛び散る可能性がありますね。飛沫感染のリスクはぬぐえないでしょう。他はトイレや入退場時など不特定多数の人と接近する状況に不安を感じている様子がうかがえる回答となっていました。

プロスポーツを現地会場で観戦するにあたって求められている感染予防対策とは

d3149-149-306571-5

「国内のプロスポーツを現地で生観戦するにあたり、試合会場で実施してほしい新型コロナウイルス感染症対策をすべて教えてください。(複数回答)」というアンケートで最も多い票数だったのは「一定の入場者数への規制」(54.9%)でした。「密接」を回避する対策が主催者側には求められているようです。一方で観る側ができる対策として、次点に「観客のマスク着用」(48.7%)があがっていました。

2020年7月10日以降、観客を動員してのプロスポーツが開始された。観戦の仕方は変わるのか

日本野球機構(NPB)とJリーグは、2020年7月10日から有観客試合をスタートさせました。アンケートが実施された7月6日、7日にはすでに有観客試合の開催は告知されていましたが、観る側は会場に行くことをどのように考えていたのでしょうか。「あなたは次の期間では、どのような方法でスポーツ観戦をしたいとお考えですか」との質問に対して、「現地会場で観戦したい」「映像で観戦したい」と回答した人の割合を月別に示したグラフです。

d3149-149-739519-3

「現地会場で観戦したい」と回答した人は季節を通して半数以下という結果となりました。「映像で観戦したい」と回答した人は季節を問わず10%を下回る結果になっています。「映像よりも現地会場で観戦したい」という気持ちはあるものの、現地会場に行っていいものかどうか迷っている人が多いのではないでしょうか。

変わるプロスポーツ観戦の仕方。感染対策を確認しながら楽しもう

新型コロナウイルスの感染を予防するには「3密」を避けることが基本になるでしょう。たとえば日本のプロ野球なら、日本野球機構が「NPB新型コロナウイルス感染予防ガイドライン」を定めています。プロスポーツなどを現地の会場で観戦する場合は、行く前に会場の感染対策がしっかりされているかどうかを確認してから行くと、感染するリスクを下げることができるのではないでしょうか。さらに自分でできる感染対策のひとつに、マスクをすることがあります。また会場に行くことができなくても、映像で観戦するという選択肢もあるでしょう。感染予防をしながら、お気に入りのプロスポーツの試合を楽しみたいですね。

文・しのむ 編集・千永美

関連記事

毎日笑顔で乗り越えよう! に関する記事一覧
新型コロナウイルス対策による臨時休校の影響で、家計が圧迫!出費以外に増えたものがあるママたちも
新型コロナウイルスの影響で、お子さんの学校が臨時休校となったご家庭は多いことでしょう。未曽有の有事だから致し方ないこととは言え、お子さんが毎日家にいることで家計に影響が出てしまったご家庭もあるので...
新型コロナウイルスで臨時休校要請!引きこもり?ゲーム三昧?みんな毎日どう過ごしていますか?
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐためとはいえ、突如発表された「臨時休校要請」に戸惑いを隠せないご家庭も多いのではないでしょうか。この発表を受け、ママスタコミュニティにこのような投稿がありま...