いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

新型コロナウイルスの影響で貴重な幼稚園生活が減ってしまう!?今を楽しむ方法とは

pixta_48584208_M
新型コロナウイルスの流行により、大人も子どももさまざまなことを制限されていることでしょう。「4月から新しい生活がはじまるぞ!」というタイミングでの自粛生活に、戸惑いを隠せない方も多いのではないでしょうか。ママスタコミュニティにも、この春から幼稚園に入園するはずだったお子さんのママからこんな投稿がありました。

『4月に入園予定でしたが、新型コロナウイルスのせいで貴重な3年間の幼稚園生活がなくなるのではないかと不安です。初めての園生活やイベント事を楽しみにしていたのになぁ。制服や体操着、家で着て、楽しんでいいかなー』

入園式が延期または中止になってしまった幼稚園もあるかもしれませんね。貴重なイベントが減ってしまったことを残念に思う気持ちは、決して珍しいものではないでしょう。投稿者さんと同じように4月に入園予定だったお子さんを持つママたちは、園生活が始まらないことをどのように感じているのでしょうか。

仕方ないってわかっている……でもさみしい!

入園予定だったお子さんをもつママたちからは、投稿者さんに共感する声が続々と届きました。

『義務教育ではないけど、集団生活とか幼稚園でしか経験できないことが多いもんね』

『うちも4月に入園予定だったからガッカリしているよ。初めての入園式だったしね。東京都内に住んでいて、感染してないだけありがたいのだろうけど』

『うちは年長と年少で、姉妹そろって通う姿を楽しみにしていた。健康なだけありがたいと思うしかないよね』

『初めての子だから幼稚園生活が楽しみでわくわくしていたから、子どもより私の方が落胆している。入園式も親子遠足も中止でなんだか悲しいよね』

『幼稚園生活は子どもたちの心の成長に必要なキラキラとしたものが詰まっていると思う。それが奪われるのはやっぱりさみしいし、残念だよね』

ママたちがいかにお子さんの入園を心待ちにしていたかがわかりますね。入園式は特別なイベントのひとつだと認識しているママも多いのではないでしょうか。

入園延期によってママたちが心配していることは?

お子さんの入園が延期されてしまい、「行事が減ってさみしい」「園生活が短くなって残念」などといった気持ちのほかに、心配していることもあるようです。

『子どもにとってはいつもと変わらない生活かもしれないけど、公園や買い物にも行けないから体力低下が一番心配』

『集団生活の経験って、幼稚園ではかなり重要だと思う。うちの子は言葉の発達に心配があるので、早く集団で過ごして、いろんな経験をさせてあげたかった。このまま入園が先延ばしになると、どんどん成長のチャンスが奪われていくのかな。できる限りのことはしているつもりだけど、家の中で私と過ごすだけでは子どもの発達面がとても心配』

『うちの子も言葉が遅いし、一人っ子だから早く幼稚園で集団生活させたかった』

新型コロナウイルスの流行がなければ、きっと子どもたちは園の教室や園庭で思いっきり遊ぶことができたことでしょう。幼稚園だけではなく、公園や児童館も行けないとなると体力の低下も心配になってしまう気持ちもわかります。また集団生活で学ぶこともたくさんあるはずですよね。それらの時間が減ってしまい、「残念」だけでは言い表せないような感情になってしまったようですね。

休園中の楽しみ方はいろいろ!

入園が延びてしまったことを嘆く投稿者さんでしたが、「制服や体操着、家で着て、楽しんでいいかなー」とのつぶやきに反応したママたちもいました。

『制服や体操服を着て、自宅で記念撮影してもいいかも! いつか新型コロナウイルスが終息し、その写真を見返したら普通の生活がどれだけありがたいものなのかと感謝できそうだね』

『可愛い盛りのお子さんが制服を着て、ママが先生役で、お家で幼稚園ごっこするのもいいね。新型コロナウイルスは必ず終息する。そのときは笑顔で幼稚園の門をくぐってバンザイしてね』

『入園式も無くなったし、通園カバンや帽子を使うのはいつだろうって思っていたけど、通園カバンを持って帽子をかぶって上の子と幼稚園ごっこをやっています』

『うちも今年入園でした。上履きやら手提げバッグやらお弁当箱を使って幼稚園ごっこしているよ』

『制服注文のときは、まさかこんな事態になるなんて想像もせずワクワクしていたよね。子どもが喜ぶなら、家で制服を着るのもいいと思います!』

入園に備えて準備した学用品たち。未だ出番がなく、着られることのない制服をみるたびにさみしい気持ちになってしまうことでしょう。そんなときは思い切って制服をきて、お家で幼稚園ごっこしてみてはいかがでしょうか。ママが先生になって、幼稚園の練習をすることで子どもたちの心の準備になるかもしれませんね。

新型コロナウイルスの終息を願って

『幼稚園に行けるまでの時間は、空白の数ヶ月となりそうですよね。「いろいろ中止になったけど、今は元気で、ワクチンや治療薬もできてよかったよね」って言える日が、早く来て欲しい』

『全て自分たちの身を守るためだけど、何も分からない子どもにしわ寄せがいくのはかわいそうだよね。早く新型コロナウイルスが落ち着いて、普段の生活に戻れるといいな』

新学期はいつ始まるのか、体力面や学習面は大丈夫なのかなど、先が見えないからこそ不安はたくさんあるでしょう。お子さんのことを考えているからこそ心配になってしまうのだと思います。

新型コロナウイルスへの不安はなかなか解消されないかもしれませんが、登園時間に合せて起床する、制服を着る練習をする、昼食は給食のようにお弁当箱に入れてみる、などというように幼稚園が始まってからの生活をイメージしながら過ごしてみるのはいかがでしょうか。新学期に向けてお子さんをサポートすることは、今しかできないことのひとつかもしれません。「一緒にいる時間がちょっとだけのびて嬉しい!」と思いながら、“今だけの時間”を過ごしてみてくださいね。

文・荻野実紀子 編集・山内ウェンディ

関連記事

ママたちの今。保育園・幼稚園の休園・登園自粛要請を受け「困っている」が6割超
新型ウイルスの感染拡大を防ぐため、2020年4月下旬は全国に緊急事態宣言が発令されています。保育園・幼稚園でも休園などが相次いでいる地域もあります。とはいえどうしても仕事を休めない、保育園・幼...
新1年生の水筒、幼稚園のときに使っていたキャラクターものはNG?そのまま使うか、新しく買い換えるべきか……悩むママたち
小学生になり、これまでとの違いに戸惑ってしまったというママたちもいるのではないでしょうか。なかでもわかりやすいのが、持ち物の変化なのかもしれませんね。可愛くて色とりどりで、好きなキャラクターのもの...
幼稚園に通う子どもが「お家にいたい」とぐずったら……休ませる?
皆さんの子どもは「ママとおうちにいたい」、「幼稚園をお休みしたい」とぐずることはありますか? ママと一緒に居たい、眠いなど子どもが幼稚園に行きたくない理由はさまざまなのでしょうが、ママさんは「...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
貴重な幼稚園が