いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

一斉休校で困っていることは子どものストレス?経済面?子育て世帯のリアルな声を調査

kyukou

新型コロナウイルスの感染拡大対策として、3月2日から全国の小中校が臨時休校となりました。突然の長期的な臨時休校・休園に、親も子どももさまざまなトラブルやストレスを抱えているのではないでしょうか。

子育てに関する社会的問題の解決に取り組む認定NPO法人「フローレンス」は、このたびの一斉休校措置に際し、「一斉休校に関する緊急全国アンケート」を実施しました。

一斉休校でママたちが困っていることは、子どもへの負担の大きさ

調査対象は幼稚園や保育園、学校が休校または休園になった子どもをもつ全国の保護者8,339人。いま日本の子育て世帯に何が起こっているのかを、調査結果から見ていきましょう。

今回の休校措置に対して、「どのくらい困っているのか」を聞いたところ、未就学児から小学校高学年までの子どもがいる家庭では、「とても困っている」「困っている」という2つの回答をまとめると、全体の約7割を超える結果に。

sub8

なかでもひとり親世帯(親と子の2世代生活)の場合、「とても困っている」「困っている」が73.4%に。世帯年収300万円未満の家庭になると75.2%と、困り度が全体よりやや高くなる傾向にあるようです。

sub7

具体的な困りごとを見てみると、目立ったのは子どもの運動不足への懸念や、友だちに会えないことへのストレスなどでした。親の仕事や子どもの預け先に困る声よりも、子どもたちの体や心の負担を心配する声が多く集まっています。

家族間でのケンカの増加や、親のストレスから起こる虐待を不安視する声も

とくに困っていることや心配なことについて、理由や具体的なエピソードを聞いてみると、さまざまな声が寄せられ、子どもたちだけではなく家庭全体への負担も大きくなっているようです。

『子どものストレスと運動不足が気になります。些細なことで怒ることが増えたことも心配です。子どもの心の声を聞いてあげられる親以外の存在が欲しいです』

『6年生の子どもは「残り○日」と大切に小学校生活を送っていましたが、休校が決まった日は、泣いて壁などを蹴ったり暴れたりしました。情緒的に不安定になり、今は月に数回カウンセリングに通っています。両親ともに休めない仕事で側にいてやれずかなり不安定になっています』

『家庭が荒んで、子どもをかなり強く怒鳴りつけてしまい、あと少しで手が出るところでした。この一線を超えてしまう親もいるのではないかと思い、なんとも言えない恐怖を感じました』

『親が息抜きをする時間も場所もありません。 このような状況では、虐待が増えるのも仕方ないことだな……と思ってしまいます。 子どもを家に閉じ込めている現状は、かなり危険なことだと思います』

現実的な問題として、仕事や経済的な問題以上に、不安定な状況に戸惑う子どもたちへのケアや対策を求めている親がとても多いようです。

一斉休校により居場所がない子どもたちへの周囲の理解不足も問題に

一斉休校が大きく取り沙汰されたことで、子どもが外にいるだけで偏見の目で見られることもあり、子どもの人権が侵害されていることを危惧する声もありました。

『子どもだけで出歩いていると教育委員会に通報されたり、子どもがまるで病原菌のように扱われたりすることもあった』

『年長の子どもを連れてスーパーで食料品の買い物をしていたところ、80歳くらいの方に「子どもは出歩くなって言われているでしょ!」と怒鳴られました。そのようなことがあってから、怖くて家にこもっています』

『マスクをつけて子どもだけでゴミを出しに外に出ただけ、玄関でバットの素振りをしていただけなのに、知らないおじさんに「なんで外にいるんだ」と怒鳴られた』

勉強も気になるけれど、まずは親子のストレス緩和を優先してもいいのでは

行政や民間企業による支援策として、どのようなものがあると助かるかという質問への回答を見てみましょう。

sub4

もっとも多かったのは「日中の子どもの居場所・遊び場の提供(52.5%、4,377人)」となりました。そのあとには、「学校の授業の遅れを補填する公的な教育支援(50.2%、4,189人)」や、「休校・休園対応のためにかかる支出の補填(39.8%、3,316人)」、「お弁当や簡単に食べられる食品などの配送サービス(36.0%、3,002人)」が続きます。

さらに詳しく見てみると、小学1~3年生では「預かり先(学校、学童保育など)での給食提供」が全体より10ポイント以上高く、中高生では「学校の授業の遅れを補填する公的な教育支援」が第1位に。また、世帯年収500万円未満の層や非正規雇用の層(契約・派遣社員、パート・アルバイト)は、「支出の補填」「所得補償」へのニーズが全体と比べて高くなっています。

一斉臨時休校や休園にあたり、利用しているサービスや、各家庭での対応について見てみると、「子どもの昼食を用意している(64.4%、5,367人)」が圧倒的に多く、「本や学習教材(33.6%、2,802人)」、「子どもだけで長時間留守番させている(32.7%、2,729人)」といった回答が多く集まりました。

sub9

今回の一斉休校措置を受けて、各動画配信サービスや有名アーティストのライブが無料提供されていたり、マンガの無料公開が行われたりしています。学力が落ちないように勉強をさせたい気持ちもあると思いますが、あまり気張らずに楽しいコンテンツを見る時間も作ってみてはいかがでしょう?

子どもの新型コロナウイルス感染症対策を巡り、政府の指針や情報は次々と更新されています。情報収集をするなかで、子どものストレス緩和や親の負担軽減を第一に考え、さまざまなサービスや情報を上手に利用しながら、このピンチを乗り切りたいですね。

【一斉休校に関する緊急全国アンケート概要】
実施期間:3月6日(金)16:30~3月9日(月)12:00まで
対象:一斉休校措置に伴い、お子さんの通う学校が休校になった全国の保護者
※保育園や幼稚園が休園になった保護者も含む
総回答数:10,504 有効回答数:8,339 (総回答数のうち、上記対象者に該当しない回答を除いた数)
有効回答数の属性:全国47都道府県の保護者(母親9割、首都圏4割、半数以上が小学生の親)
後援:一般財団法人村上財団

文・秋山悠紀 編集・櫻宮ヨウ

関連記事

【八方美人と義実家の戦い】帰省の結果、義実家からの文句に慣れてしまった嫁 #4コマ母道場
皆さん、義実家との関係は良好ですか? 私はこれまで、義実家との関係を悪くしたくないあまりに、愛想よく八方美人に振舞ってきました。義父や義母の行動は納得できないこともあったけれど、私さえ我慢すれば...
【ダメパパ図鑑】「離婚だ!」が口癖の旦那へ、親子の反撃
恐らく本人は「離婚」という言葉で、私にプレッシャーをかけているつもりなのだと思います。「離婚」と言っているときの彼は、少し得意気というか……完全に上から目線、言ってやった感が満載。「離婚」と言...
【ダメパパ図鑑】私が風邪を引いたときの旦那の反応、これは離婚相当?
女性が高熱を出していても子どもの世話をしている一方で、男性が微熱でも寝込む……というのは、もしかしたら旦那あるあるなのかもしれません。 ここまでなら笑い話で済みそうですが……。旦那が大変...