いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

日本頼む!子育て世帯が不安を抱える「新型コロナウイルス」に関する確度の高い情報をください!

pixta_48941937_M

「ママ、今日電車の中に外国人がいたからみんなで別の車両に移動したよ」先週、筆者の長男(8歳)が帰宅後にこう報告してくれました。いつもは面倒くさがって学校で起きたことや登下校時の様子などをたずねても話してくれない彼が、珍しく自ら報告してくれたのは、そう「コロナウイルスについて」。電車通学でまだ暗いうちに自宅を出ていく彼は登校前、20分ほどNHKのニュースをながら見しています。ここ最近は毎日「コロナウイルス」「死亡者」「中国」「武漢」「感染」「インフルエンザとの比較」……と断片的に耳にするワードから、“なんだかヤバいもの”と刷り込まれていたらしく、同じように刷り込まれた同級生同士で「外国人だ、逃げろ!」となったらしいのです。現時点では特に学校からの便りなどもないため未確認ですが、おそらく先生からも朝の会などに少しお話があったのかもしれません。

また、こんなこともありました。土曜日長時間を長男と共に過ごしたお友達が日曜日に発熱したのです。お友達のママから報告を受けたときに真っ先に私の頭に浮かんだのは「コロナウイルス……なわけないか」そう思いつつも少し胸がざわざわしました。一緒に遊んだほかのお友達はどうかな、誰も熱を出していないかな、聞いて回るのも変だしな、発熱した本人は解熱したかな、インフルだったのかな、どうかな。時折ひょっこりと浮かんでは消える、大きくはないけれどひっかかる不安。今もまだ、頭の真ん中にあります。(結局、その子は2日後に解熱。理由は不明。)春休み、新幹線か飛行機で国内旅行に行こうと思っていましたが、やめようかなと思っているこの頃……。

小学生たちの「電車に外国人がいたから、別の車両に移動した」という判断をどう考える?

たしかな情報もなければ、特別な予防策や特効薬もない、だから怖いのだと思います。もちろんインフルエンザだって溶連菌だって予防してもかかるときにはかかってしまうものですし、場合によっては死に至る危険性もはらんでいます。けれど新型コロナウイルスに関しては、何せ死亡者数、感染者数が連日上がっている現状があります。「中国国内では突貫工事で病院を建設中」と、いったい何十台か数えきれないほどのブルドーザーやショベルカーが集結して土地をならしている映像を見せられたら、こちらは慌てふためくしかないのです。それなのに、国から確固たる対策も掲げてもらえなければ、出入国禁止令のような発令もされず、この変な静けさと落ち着きがむしろ怖く感じるのは私だけでしょうか。

ママスタBBSでも連日、新型コロナウイルスに関してのスレッドが立ち続け、スレッドによっては1万を超えるコメントが殺到しています。ここだけ見てもたくさんの情報が錯綜しているのがわかりますね。どのママも真実が掴めないまま日常生活を送らなければいけないために、募る不安を無理やり押し殺そうと努めている様子が伝わってきます。やり場のない怒りが爆発寸前なママもいらっしゃるかもしれません。

『皆マスク毎日している? 私は接客業で仕事中は禁止だからしてないし、子どもたちも学校行くときはしていない』

『あーもうオリンピックも怖い。こんなことがあると全然気分があがらないよね。オリンピックを楽しみにしてる人ごめんなさい』

『感染してしまった人は仕方ない。それはもういい。だけど中国人をまだ入国させたり旅行者を帰国させなかったりそれはおかしいよ!』

『来月には全国的に学級閉鎖かなぁなんて……。今のうちに食糧蓄えとこう……』

『1歳の子、喘息っぽくて毎日吸入している。うちの子大丈夫かな。本当不安』

『過剰に反応するなとか、致死率はそんな高くないとか、日本ならもっと致死率下げられるとか、安心させてもう日本でも拡大する前提で話しているじゃん』

『子どもが通う幼稚園では中国の子が何人かいて、先週は春節で帰省した人もいる。園では渡航歴のある子はマスク必須、全園児対象で自由登園という対応。学校はマスクと手洗いうがいの徹底で教室にアルコールのジェル?を置くことになった。子どもの感染者が出たら一気に広がるよね。高齢の方の感染者が多いみたいだけど子どもの感染も怖いよね』

『家族皆健康だけど、子どもの同級生に中国人の子がいて、中国人の母親と春節で帰省中。来週から登校らしいけど、めっちゃ不安です』

『子ども達にはしっかりマスク(予備も持たせて外したら取り替える)、手洗いうがいと、休み時間ごとに水を飲んで喉を乾燥させないことを徹底させています』

『うちは2歳になったばかりの子でマスクはしないのは目に見えているから、感染症が流行りだす時期から外から帰ったら手洗い、消毒をしているよ。手から口や鼻を触って感染するからね。後はインフルエンザ対策で歯磨きが有効らしいから口腔内の清潔を保つとかかな。大人を介しての感染が多いだろうから大人の手洗い、消毒はしているよ』

『先週から旦那が、先週末から6歳長女が、昨日から1歳の長男が鼻水と咳が出てるけど、熱ないなら受診しなくていいよね? 旦那が電車通勤だから、どっかで感染しているかもしれないけれど、受診の目安がわからない』

『うちは地方の田舎だけど、外国人がよく観光に来るし、同居の実母が某有名ホテル勤務で中国人が結構泊まっているらしいから、もし感染者が宿泊して移ってしまったらと思うと毎日気が気でない』

我が家でも長男の「外国人を避けた」ひと言をきっかけに、新型コロナウイルスについて、8歳の長男の頭で理解できる程度に、怯えない程度にかみ砕いて説明をし、登下校時のマスク着用を促しました。でもマスクをして家を出ても、学童クラブを経由して帰宅すると「マスクはどこいった?」状態で、お手上げです。とはいえ手洗い・うがいの徹底と、どうせ外してしまうマスクだとしても毎朝持たせるくらいしか策がないのです。こんな対策でいいのでしょうか? 万全な対策というものはないのでしょうか?

日本中が疑心暗鬼?春休みの海外・国内旅行、外出はやめる?やめない?

1月29日12時時点での厚生労働省の発表によると、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例および死亡例は以下のとおりとなっています。

【国外の発生状況】
中国:感染者5,974名、死亡者132名。
タイ:感染者14名、死亡者0名。
韓国:感染者4名、死亡者0名。
台湾:感染者8名、死亡者0名。
米国:感染者5名、死亡者0名。
ベトナム:感染者2名、死亡者0名。
シンガポール:感染者7名、死亡者0名。
フランス:感染者4名、死亡者0名。
オーストラリア:感染者5名、死亡者0名。
マレーシア:感染者7名、死亡者0名。
ネパール:感染者1名、死亡者0名。
カナダ:感染者3名、死亡者0名。
カンボジア:感染者1名、死亡者0名。
スリランカ:感染者1名、死亡者0名。
ドイツ:感染者4名、死亡者0名。

ちなみに筆者の夫は2月中旬からシンガポールに出張予定です。シンガポールへ出張予定の夫にそれとなく「中止にならないの?」とたずねてみましたが「いつ来るかわからない地震に怯えるのと同じ。かかるかどうかもわからないのに、いちいち中止にしていたら仕事にならないよ」と言い返されてしまいました。でもこれをいつものように「彼は私より楽観主義だから」と片づけられるものではありません。たしかに彼の言うことはもっともなのですが。何につけOK、NGの判断基準がない現状。会社が決断すればやめるのでしょうが、いつ何をもって決断するつもりなのでしょうか?

『旦那が海外出張の予定あったけど感染者が少ない国だったから延期になった。「日本は中国人が多いし、日本人感染者もでたから来て欲しくない」って言われたんだって。これからこういう企業も増えてきそうだよね』

すでに日本在住の日本人が他国へ渡ることを拒否され始めているのでしょうか……。

オリンピックイヤーの今年2020年は、海外からの渡航者数が増えることが予想できます。だからといって必ず感染が拡大する確証もありませんが安心もありません。長男を思うと「電車通学はこういうときに困るな」とも感じます。とはいえ冒頭のように子どもたちが外国人は皆、新型コロナウイルスの感染者であるかのような誤解をしてしまうことはいいことだとは思えません。いや、でも……。

1年のうち何度も千葉の勝浦に出かける、房総の海が好きな我が家。先日「武漢市からチャーター機で帰国した日本人のうち希望者を勝浦のホテルで一時受け入れ」というニュースを聞いた長男が、「もう行きたくない」と言い出してしまいました。私たち家族にとってお気に入りの勝浦、もう数年来出かけていますがいっこうに飽きません。長男にはあらためてきちんと説明をしなければいけないと考えています。

残念だけれど春休みの旅行は諦めたとして。パパやママ、日々の通勤はどうするのでしょう? コロナウイルス感染拡大をきっかけに都内の一部上場企業が在宅勤務体制に切り替えたと聞きました。しかし仮に親が自宅にこもったとしても子どもたちは学校へ行かなければならないのではないのでしょうか?

国から正確な情報と予防策を大きく掲げてほしい

『政府は感染拡大することを前提として動くべき。各医療機関に検査マニュアルを周知徹底させるのと、各自治体でコロナの診断できる医療機関を公表してほしい。あとは感染が疑われる人はどういう行動をするべきかとか』

『せめて地域の病院に呼び掛けて受診時間を長くするとか夜間病院に小児科もいつも開けておくとか何か対策して欲しい。こちらの地域だと大きい病院は小児科は午前中だけ、夜間は小児科なし、内科に子どもも行くから凄く混む。もう感染防ぐよりパンデミックが起きた前提で対策して欲しい』

『自己責任で防ぐしかない。冷静に情報判断するしかないね』

『東京都福祉保健局の「新型コロナウイルス関連肺炎に関する相談窓口」に電話してみた。「国が当てにならん、東京都が手本を見せて羽田だけでも欠航か入国停留をして、武漢周辺の観光客のビザ延長はやめて。東京都が頑張って国に意見を申して欲しい。武漢周辺からの中国人観光客の動向も把握して欲しい。日本人帰国者より数が多いはず。東京は世界有数の地下鉄の路線数。地下鉄は換気が悪い。蔓延するにはうってつけ」って言ってみた。意見要望として記録して取りまとめるみたい』

厚生労働省はホームページで次のように発表しています。

『コロナウイルス感染症の現状からは、中国国内ではヒトからヒトへの感染は認められるものの、ヒトからヒトへの感染の程度は明らかではありません。過剰に心配することなく、風邪やインフルエンザと同様に、まずは咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要です』

『潜伏期間は現在のところ不明ですが、他のコロナウイルスの状況などから、最大14日程度と考えられています』

『一般的な衛生対策として、咳エチケットや手洗いなどを行っていただくようお願いします』

『実際に検査を検討する場合は、「疑似症定点」の医療機関から疑似症として保健所に届出後、地方衛生研究所または国立感染症研究所で検査することになります。まずはお近くの保健所にお問い合わせください』

新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ緊急の国策が取られることを待つしかありませんが、その間も私たちママ、パパたちはできる限りの予防策を取りたいものです。不要不急の外出を控えることは、毎日となると難しいかもしれませんが、できる限りは実践したいもの。1日も早い、国からの声明を待っています!

文・blackcat 編集・一ノ瀬奈津

※この記事は2020年1月29日の情報を元に執筆しています。最新情報ではないことにご留意ください。

関連記事

備えあれば憂いなし!冬の感染症「後処理セット」
忘れもしない去年の12月末、クリスマス間近に家庭内感染が起きました。ただ子どもがむせただけだと、水拭きで済ましてしまった後処理。私の危機管理が全くできておらず、感染症の怖さを知ることになったのです...
「溶連菌感染症」と風邪を見分けるポイントと家族への感染対策とは
「さっきまで元気だったのに、いきなり熱!?」。子どもが急な熱を出すことは、それほど珍しいことではありません。しかし気をつけなければいけないのが、単なる風邪ではなく感染症の1つである「溶連菌感染症」...
風邪をひきやすい子とそうでない子は何が違う?性別や生活習慣など、ママたちの考えとは
感染症が流行っていても病気にかからない子どももいれば、ことあるごとに熱を出す子どももいるでしょう。その差はどこにあるのでしょうか。あるママからこんな投稿がありました。 『よく男の子はすぐ病気なる...
参考トピ (by ママスタジアム
新型肺炎、日本で初確認 中国・武漢への渡航歴
【速報】新型コロナウイルス日本人発症者きたーーーっ!