いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

年少育児中でも希望職種で働きたい!週3ならいけるかな?諦めたほうがいい?

pixta_37805565_M (4)

子どもが産まれてママが働くとなると、子どものことや生活リズムのことなどいろいろと考えてしまいますよね。やりたい職種があっても家庭のことを考えて諦めたママもいれば、やりたい職種を選んだけれど育児と仕事の両立が大変だと嘆くママもいることでしょう。あるママさんは幼稚園に入ったばかりの子どもをお世話したいけれど、仕事をはじめて家計を少しでも豊かにもしたいと悩んでいるようです。

『今度の春に年少に入る幼児と小学生2人のママです。ずっと働いてみたいと思っていた職種に「週3日×5時間。行事など考慮あり」という条件でパート募集が出ました。でも下の子が通う幼稚園では何かと親の出番もあるし、働くとなると15時過ぎまでの延長保育を週3で利用しなければなりません。夏休みは上の子たちは留守番で、幼稚園は預かり保育利用。病気で休むこともたびたびありそう。そもそも入園してしばらくは慣れるまでに時間がかかるだろうから、本当はなるべく様子を見てあげたい……などなど、不安要素も多々あって考えてしまいます。それでも少しは家計の足しにしたいので、別の「週2×4時間。夕方から」という旦那在宅時に出られるパートも検討しています。これなら昼間は家事と子どもたちに時間を使えるし、行事や病気でパートを休む心配もありません。昼間ならやりたい職種で5万円くらい、夜だと適当なところで3万円くらいの収入になります。みなさんならどちらを選びますか?』

相談してくれたママさんは、やりたかった職種の仕事をするのなら子どものお世話は延長保育などを利用することになる、子どものお世話を優先するのなら適当なところでパートをして収入もそこまで見込めないと「仕事をするか育児をするか」、「仕事をするのならどちらにするか」といろいろな面で悩んでいるようです。
この相談に寄せられたのは、子どもを思い、そして自分たち自身のことも諦めないママたちらしい声の数々でした。

せっかくなら妥協は禁物。魅かれていた職種に未来を感じられる?

ママスタBBSに集まった多くのママさんたちは意外にも「どちらの仕事も選ばない」選択をするという答えが多かったようです。

『不安要素を抱えてまで働かなくてよくない? 夜でも3万の収入ならどっちも選ばない』

『どちらも選ばないなぁ。延長保育も夏休み明けあたりから利用開始とか園によって違うから要注意! 延長保育代だけでも結構な額になるだろうし、何のために働いているんだろうと思うことになりそう。働くならフルタイムじゃないと採算が合わないんじゃないかな』

『数万円ぐらいで不安要素が増えるのなら、どちらも選ばない。私は下の子が小学生ぐらいになったら働こうかな』

『よほどお金に困っていないのなら不安要素を抱えてまで働かないほうがいい。幼稚園の3年なんてあっという間だよ』

相談してくれたママさんの場合、子どもが3人いるということで、もしもひとりでも風邪などにかかったらその他の子どもにも感染して看病が長引く可能性もあります。また子どもが幼稚園生のうちは、行事や急な体調不良などで仕事の予定が立てづらいこともあるでしょう。そのためもしも家計にマイナスがないのであれば、仕事先に迷惑がかかるといった不安要素を抱えてまで働かなくてもいいのではと考えるママが多いようです。
たしかにせっかく仕事と家事、育児を両立するという高い山に登ろうとするのであれば、できる限りストレス少なめで働きたいですよね。子どもの急な発熱などいざという時のために備えておくことができそうでしょうか? 延長保育や預かり保育代などの支出と収入のバランスはどうでしょう? 働きに出る前に確認、準備をしておいたほうが安心だという項目をリストアップしてみて、クリアできる数によって答えを出してはどうでしょう。
ただもし以前から魅かれていたというその職種に既に想定出来る不安要素を上回るだけの希望を託せそうなのだとしたら? そうであれば、まずは思い切って働きに出てしまい、後々にほかの要素を整理していく選択もありかもしれません。

働きだしのタイミングはこの時期がオススメ!子どもの性格や生活、ママの体力とのバランスをはかって

pixta_32472411_M

『下の子を見てあげたいって気持ちがあるのなら、幼稚園が落ち着いてからか、小学生になって帰宅時間が一定になってから仕事をしたほうがいいよ』

『夏休み過ぎくらいまで様子を見たら?』

『私は入園して二学期からパート始めた。案外病気も少なく、園や学校からの呼び出しもなかったよ。こればかりは分からないけどね。私は旦那の「やってみて無理だったら辞めたらいいよ」という言葉に背中を押された。もちろんやるからには責任を持ってやるけど、最初の一歩が勇気いるんだよね』

また仕事を始めるにしても、せめて子どもが幼稚園に慣れてくるあたりや小学生に上がるまで仕事を開始するのを待ってみるといいのではというアドバイスもありました。子どもの様子を見て、週何回くらい働けそうなのか、子どもはママが仕事に出ていても平気そうかなどは、実際に園や小学校が始まってからでないとわからないところもありますよね。実際の生活サイクルをふまえながら希望職種の募集を待ったり、ほかの仕事を探し直したりしてもいいのではないでしょうか。

『私も週3日、短時間パートでやりたかった業種を秋から始めたけれど、下の子が園であれこれ病気をもらってきて、兄姉にも移ったりで休ませてもらってばかり。月3万もいかない月もザラで、結局保育料の方が高くついて辞めた。また熱出した、また病気した、また欠勤の電話をしないと……って毎回胃をキリキリと痛めるより、たった数万の稼ぎなら、まだ今は働かないでおく』

『私は入園して2学期から仕事を始めた。案外病気も少なく、園や学校からの呼び出しもなかったよ。こればかりはわからないけどね。私は旦那の「やってみて無理だったら辞めたらいいよ」という言葉に背中を押された。もちろんやるからには責任を持ってやるけれど、最初の一歩に勇気がいるんだよね』

やはり生活にどのような変化が現れるかはケースバイケース。子どもが風邪などで仕事を休むことが多くなり、結局仕事を辞めてしまったというママさんもいれば、子どもの病気も少なく、職場に特に迷惑をかけることもなく、仕事を始めたことを後悔していないというママさんもいるようです。
仕事を始めれば、家事や育児を完璧にこなすのは困難な部分も出てくることでしょう。しかしやりがいや収入を得ることができます。反対に仕事をしなければ、家事などに力を入れることもできますし、今しかない貴重な時間を子どもと共有することができます。ただし、収入は得られません。

働くことと、働かないことにはそれぞれにメリットやデメリットがあり、どんな仕事を選ぶかにもよっても未来は大きく変わることでしょう。自分がいちばんしたいことは何なのか、得たいものは何なのか、そして子どもの個性や成長、ママさんご自身の体力や夢などとも照らし合わせ、もう一度ゆっくりと検討してみてくださいね。

文・物江窓香 編集・blackcat

関連記事

子育てママがフルタイムで働くには何が必要なの?周囲の協力や職場の理解など働くママからのアドバイスとは
育児をしながらフルタイムで働くことに関して、あるママからこんな投稿がありました。 『フルタイムで兼業主婦ができる家庭は、旦那の仕事がそれほど激務じゃなくて、家事育児に理解がある。それか祖父母が近...
働くママの子どもは幸せじゃない?ある専業主婦ママのつぶやき
ある日、ママスタBBSにポツンと上がった投稿があります。短い文章でしたが、なんともモヤモヤした気持ちになりました。 『働くお母さんがどんどん増えているけど、子どもはそれで幸せなのかな? 学校から帰っ...
フルタイムで働くママたちの家事こなし術。ポイントは“完璧は目指さない”こと
フルタイムで働くママたちの一日は、朝起きてから夜寝るまで、子どものこと、家のこと、仕事のこと……。とにかくやるべきことでいっぱいでしょう。目の前にあることをこなしているだけで、毎日が一瞬で過ぎていくよ...