いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

自己肯定感の低い娘が友達の言いなりに。このままいじめの対象になりそうで不安……

pixta_21832915_M

自己主張ができない人よりも、主張の強い人のほうが得をする。世の中にはそんな風潮があるような気がしませんか? 引っ込み思案な性格でも、大人であれば「ここぞ!」という場面では勇気を出して主張するなど、なにかしらの対応ができることはありそうです。ただ子どもでは、なかなかその勇気が出せずに損ばかりしてしまうことも。我が子がそんなタイプだとしたら、そばで見ているママはかなりもどかしいのではないでしょうか?

意地悪なお友達に振り回される娘。「やめて」のひと言が出てこない

ママが「本当に自己肯定感が低い」と分析する、小学1年生の娘さんについての相談がママスタコミュニティにありました。乱暴なお友達に意地悪をされても、「やめて」と言えないのだそうです。

『いっしょに下校してくるお友達がいるのですが入学したてのころ、叩かれたり小石や葉っぱをぶつけられたりしていました。でも「やめてと言うと”友達やめる”とか”置いていく”などと怒るので、怖いから」と、されるがままになっていたそうです。そのときは担任に相談して、すぐに収まりました。ただ、その後も似たようなことをたびたびされています。そのたび「イヤなことや悪いことは、断ってもいいんだから」と繰り返し伝えていますが、お友達が怖くて言えないそうです。
今回はそのお友達が自分のケンカ相手の子に宛てて、「”友達やめる”って、手紙を書け」と娘に言ったとか。言われるがままに手紙を書いていたのを見つけ、その子に渡す前になんとか回避できました。なんでも断れず、利用されてばかりの娘。このままではいじめの対象にされそうです』

問題があるのは娘さんのほうではなく、そのお友達。コメントをくれたママたちの意見は、この点において一致していました。

『そのお友達も女の子? 石を投げたり手紙書かせたりするなんて、ありえない。担任に言ったというけど、全然改善されていないじゃん。「かたときも、目を離さないでください」って大げさに報告していいよ』

『1年生でそんな脅迫みたいなことをするなんて、今後が怖いね。手紙がもし相手の手に渡って、その子のママが見たらびっくりするし、投稿者さんの娘さんが悪者になっちゃうよ。私なら、先生に相談する』

投稿者さんもその子が暴言を吐いている場面を目撃したとき、担任に報告したことはあるそうです。

『担任には「でも、実際その子の母親は見ていないんですよね?」と、軽くあしらわれました。担任はアテにできません。なんとか娘の自己肯定感を育てたいと、いつもちょっとしたことでも褒めるように心がけてはいるのですが……。なかなか改善しません』

なにかひとつでも自信を持たせるために、できることは?

問題を改善すべきなのはそのお友達だということを前提に、娘さんへのこうした指摘も多くありました。

『やさしいお子さんなんだと思うけれど、今の学校って善良で真面目でおとなしい子どもは居づらいかもね。強くてたくましく、やかましい子のほうが学校生活を謳歌するんだよ。そうだなぁ……塾にでも入れて、めちゃくちゃ勉強ができる子にするとか。なにかひとつ自信があれば、違ってくると思うよ』

『かわいそうだけど気の強い子や口の悪い子、ズル賢い子はこの先も、クラスが替わっても出てくる。ずっと「こういうことされた」「怖い」「先生に言おうか」「好きなことしてでもして、気分をまぎらわそうか」だけじゃ解決しないと思うよ』

おとなしくて控えめなところは娘さんの欠点ではなく、長所でしょう。よいところはそのままに、自己肯定感を育てていけると一番なのですが……。
ママたちからはそれに向けたアドバイスもありました。

『自己主張が苦手なら、家で意識的に自己主張する機会を作ってみたら? 「なに食べたい?」「なにして遊ぶ?」とか、なるべくかなえてあげられること。遠慮してゴニョゴニョ話すときは「はっきり言ってくれないと、わからないよ」って伝えたり。そんなこと?って思うかもしれないけど、うちの子は「自分の意志が通った!」って自信になっているみたい』

『お子さんを褒めるというよりは、やってくれたことに感謝する感じがいいと思う。「〇〇してくれてありがとう」「お母さん助かったよ」とか。クオリティについてはやる気を削がないように、絶対に言わないこと』

『お子さんは習いごとはしてないの? チームプレイのスポーツをやるといいんじゃない? 学校外に友達がいると、気分的にもラクになるよ、あとはお母さんが役員をやって、学校へ足を運ぶ機会を増やすとか』

ママが強くなることで、子どもも変わる。親子で動き出そう!

さらにやり取りの中で、投稿者さん自身の自己主張の弱さに気づいたママも。

『このBBSのやり取りを全部読んだけど、私も投稿者さんはウジウジしているなって思った。「親子揃ってやさしいのね」って思う人もいるかもしれないけど、やさしいことと自分の意志がなかったり弱いこととは別』

『投稿者さんも、なにか自信を持ってできることをはじめてみたら? できればお子さんとは関係のないことで。娘さんは、投稿者さんの鏡なんじゃないかな。お母さんがニコニコ笑って自信にあふれた人になれば、娘さんも少しずつ変わっていくと思うよ』

コミュニケーションが苦手な障害を持つ娘さんのママからは、こんな体験談も寄せられました。

『うちも幼稚園時代は地獄のようでした。そこで1年生からPTA役員をやり、毎日のように歩いて学校に迎えに行き、子どもたちや先生方、ほかのママとも積極的に話すようにしました。仕事復帰もしたかったので、1年間だけと覚悟を決めて。私も消極的な性格ですが、親ができないことを子どもができるはずもありません。子どもに手本を見せるつもりで行動しました。それまで利用されてばかりの娘でしたが、3年生になった今では学級委員をやるまでに。親が大きな顔をして学校に出入りすることが、自信になったのであればいいなと思います』

ほかにも「担任が真剣に受け止めてくれないのなら、学年主任や教頭先生に言う」「意地悪の抑止になるように、下校時は迎えに行く」「どうしても断れないときは”ママが助けに行くからね”と言う」など、たくさんのアドバイスがありました。どれも投稿者さんの強い意志があれば、実現できそうなことばかりです。今はまだなんでも話してくれている娘さんが、「ママが心配するから」と隠しごとをするようになる前に。親子いっしょに強い気持ちを持つための第一歩を、踏み出してほしいですね。

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

仲間外れにされている女子を助けた息子。行動を起こしたきっかけになったものとは?
いろいろあって後から聞いた、中学生の息子の話です。 特に女子の間では浮いていたそうで、グループ活動になると一人だけ浮いてしまい半ば押し付けあい(?)のような形になっていたようです。それで...
高校生のお誕生日。口もきかなくなった息子を、どう祝う?
子どもが小さいころは、ともすると年間で最大のイベントにもなりえるのがお誕生日です。ケーキやプレゼントはもちろん、部屋を飾りつけたりクラッカーを鳴らしたり。ママにとっても我が子の成長をかみしめる...
5歳の娘が仲間外れにされたとき 胸に沁みた園長先生の言葉
年中になったばかりの娘には、年少のときから仲良しのAちゃんがいました。何をするのも、どこへ行くのもずっと一緒。「ずっとこのまま仲良しでいようね~」というふたりの姿に、私はいつも微笑ましく見守っていまし...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
小1の娘のことで相談です。