いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

錠剤やカプセル剤は何歳から飲めるようになった?子どもに飲む練習をさせた?

Medicines lying on the surface of table

飲み薬は「粉薬」、「錠剤・カプセル剤」「液剤・水薬」に分けられます。小さな子どもは粉薬やシロップ剤、あるいはドライシロップ剤(甘みがあってそのまま飲めたり水に溶かして飲みやすくできたりする粉薬)が処方されることがほとんどではないでしょうか。しかしある日、あるいはある病気をきっかけに錠剤やカプセル剤が処方されることがあります。今回コメントをご紹介するママさんの子ども(小5)はまだ固形のお薬を飲みこめないようで、このママさん「ほかの子どもたちは何歳くらいから錠剤などを飲めるようになったかな」と気になっている様子です。

参考:慶応義塾大学病院「のみ薬

『うちの子はいまだ粉薬しか飲めません。飲めないままだとダメでしょうか? 皆さん、あるいは皆さんのお子さんは錠剤はいつから飲めるようになりましたか?』

ママスタコミュニティに集まるママたちやお子さんは、何歳くらいから錠剤を飲むことができるようになったのでしょうか?

いつ錠剤を飲めるようになるかは個人差あり。高学年や中学生、成人でも飲めない場合も

『うちの小6の息子はまだ飲めない。私もいまだに苦手だもん。喉に引っかかりそうでいや』

『上の子は中1の今でもゼリーとかで流し込まないと飲めないよ(笑)』

『私は自分が20歳過ぎても飲めなかった。仕事が過酷でサプリメントを飲まなきゃ倒れるという状況が続くようになってようやく飲めるように……』

錠剤を飲めるようになるタイミングと年齢は関係ないようです。見渡してみるといきなり錠剤を飲めるようになったお子さんもいるようですが、小学生や中学生になっても錠剤が飲めないお子さんもたくさんいるようですね。中には自分自身、大人になっても苦手だとコメントしてくれたママもいました。

ママたちいわく「繰り返し練習させて、飲み込むことに慣れさせるしかない」

ではママさんたちがどのような工夫をして、子どもに錠剤の飲み方を教えたかと言うと……、「練習あるのみ!」ということでした。

『あれは繰り返して慣れていくしかない。大量の水で流し込んで、飲み込めるまで頑張らせる』

『私自身が小5ぐらいまで飲めなくて、飲む練習をしていました。市販の錠剤のビタミン剤を1錠、毎日飲んで練習しました。1度できてしまえば大丈夫だと思うので、練習させてあげたらいいと思います。できればやっぱり錠剤は飲めたほうが便利だと思うので』

『小6になってようやく飲めるようになった記憶があるよ。粉薬だと量が多くて辛かったから、1錠~数錠で済む錠剤を飲めるように、頑張って練習した』

『うちの子は小5の頃にラムネで飲む練習をさせたなぁ』

子どもたちのみならず、ママさんたち自身にも飲み込む練習をした経験があるようです。ビタミン剤で毎日飲み込む練習をしたり、炭酸水で喉を刺激しながら一気に流し込む練習をしたり……。ママたち自身の経験を生かして、お子さんたちにも同様の練習をさせたというママもいました。
特に幼い子どもなら、いや大人であっても、“固形で存在感のあるモノ”を自分の意思で飲み込むという経験は薬以外でそうありません。いきなりは無理でも、練習をすることで錠剤が飲めるようになるのではないでしょうか。

「このひと工夫で錠剤を飲みやすくなった」実例

『私も飲めないから炭酸水で喉をごまかし、ごまかし飲んでいるよ』

『うちの子は何か食べ物と一緒に飲み込んでいる。特に大きめで口に入れた瞬間、すぐ溶け出すような錠剤が苦手のようで』

『小6の子どもには服薬ゼリーを使わせている。水だけでも飲みこめるのだけれど、それだと喉の途中に薬がつっかえているような感覚が残るみたいで嫌がるの。その点、服薬ゼリーと一緒だとその感覚がなくて楽なんだって。 実際に私も使ってみたら、確かに水で錠剤をゴックンするよりつるんと飲み込めて楽だった』

どうしても薬が飲めない場合は、食べ物や飲み物と一緒に飲み込んだり、服薬ゼリーを使ったりするケースが多いようです。
口の中に入れたままにすると次第に苦味が出てくる粉薬を飲む際などは、粉薬を口に入れたらすぐにアイスクリームなどを食べさせるのも効果的とか。ちなみに柑橘系のジュース類は苦味を増してしまうことがあるので一緒に飲ませないほうがいいそうです。飲みやすくするために錠剤を細かく砕くなんてアイデアも浮かびそうですが、それは避けておきましょう。表面に甘い加工がされているものや、腸で吸収されやすい工夫がされたものがあるためです。
また、例えば9歳の子どもでも錠剤が飲めなければ、必要量を服用すればシロップ剤で代用しても効果は変わらないそうなので、飲めないことを焦らず、医師や薬剤師に相談し、かつ子どもの様子を見ながらあせらずゆっくり練習させていきましょう。初めは子どもひとりで錠剤を飲むように促すのではなく、必ずママが薬を口の中に入れてあげ、飲みこめたかどうかを確認をするなど、子どもが徐々に慣れていけるようサポートしてあげるといいのではないでしょうか。

参考:公益社団法人東京と薬剤師会「医薬品の幼・小児の服用について」

文・物江窓香 編集・blackcat

関連記事

小学生になる子どもが病院で出される”粉薬”が飲めなくて困っています。悩めるママに寄せられたアドバイスとは
お子さんは病院で処方された粉薬を上手に飲めますか? 筆者の子どもは小さいころから喘息を患っていたり、花粉症などのアレルギーを持っているので、常に薬を服用する生活をしてきました。そのような中、初...
錠剤を飲み込めない小学生の息子にイライラするママに「自分の基準で考えない!」のコメント相次ぐ
自分にとっては難なくこなせることでも、他人にとってはそれが難しいということもありますよね。みなさんはそんなとき、「なぜこんなことができないの?」とイライラしてしまいますか? ある投稿者は、子ど...
クチコミで評判の良い小児科の対応に疑問……別の病院を受診して安堵した話
子どもが産まれると頻繁に病院のお世話になりますよね。もし先生との相性が合わない病院だったら、診断に悩んでしまったりしませんか? 娘が1才4ヶ月の時、突然ご飯を食べなくなりました。 元々よく...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
錠剤が飲めない小5