いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

サンタさんはどうやって来るの?クリスマスが待ち遠しくなる絵本5選 #ママの悩みに寄り添う絵本

pixta_44620874_M

ついに今年のカレンダーも12月を残すのみになりました。ママにとっては大忙しの12月。でも子どもにとっては、サンタさんが来てくれる楽しみな月といったところでしょうか。そこでクリスマスを楽しみにしている子どもへの読み聞かせにぴったりな絵本5冊をご紹介しますね。

クリスマスのお祝いって何をするの?準備が楽しみになる絵本『くませんせいがねているうちに』

筆者撮影

筆者撮影

舞台は「もりのほいくえん」。くま先生が冬眠するので保育園は長い間、休みになってしまいます。休みになる前日、保育園に通う子どもたちから「先生と一緒にクリスマスのお祝いをしたい」と言われますが、くま先生は毎年冬眠中のためクリスマスのことを知りません。子どもたちからクリスマスのことを聞いてお祝いをしたくなった先生は、クリスマス当日にみんなと一緒にお祝いをする約束をして眠りにつきます。

クリスマス当日。子どもたちは先生がまだ眠っている間に、お祝いの準備を始めることに。でもケーキの準備がうまくいきません。すると暖炉に大きな音を立てて、何やら落ちてきました。それはなんとサンタさん! しかしどこか見覚えのある風貌で……。くま先生と子どもたちのクリスマス、いったいどうなってしまうのでしょうか?

『くませんせいがねているうちに』
文:すとう あさえ
絵:たかくわ こうじ
発行所:ハッピーオウル社
価格:1,300円+税

トナカイ、ツリー、サンタさん……それぞれのクリスマスがテーマの絵本

筆者撮影

筆者撮影

子どもが「クリスマスまで待ちきれない!」と言っているご家庭もあるのではないかと思います。トナカイにツリーにサンタに……子どもたちが大好きな登場人物がいっぱい! クリスマス当日まで飽きずに読める絵本です。

しりとりに挑戦!思いがけない来客が続々やってくる絵本『トトトのトナカイさん』

クリスマス以外の日は、暇を持て余しているトナカイさん。退屈しのぎにしりとりを始めてみたら、思いがけないお客さんが次から次へとやってきます。子どもにもおなじみの動物や、ママでも想像がつかない動物などたくさんの仲間が集結しますよ。いったい誰が遊びに来るのか、親子で想像しながら絵本を読み進めるのもおすすめです。

『トトトのトナカイさん』
作:長谷川義史
発行所:ブロンズ新社
価格:1,200円+税

ツリーがお屋敷に収まらない!?物語の展開に夢中になる絵本『おおきなツリー ちいさいツリー』

ウィロビーさんの大きなお屋敷に、それはそれは大きなツリーが届きました。しかしツリーが大きすぎて、天井にツリーの先が当たって折れ曲がってしまいます。ウィロビーさんは執事のバクスターを呼んで、ツリーの先を斧で切ってもらいました。その切り取られたツリーの先は、お屋敷の内外の人や動物たちに次々に拾われていきます。

拾われた先々でもウィロビーさんと同じように家に飾れる大きさに切られて、大きなツリーはどんどん小さくなって……。それぞれがクリスマスを迎える様子に思わずほっこりした気分になってしまいますよ。

『おおきいツリー ちいさいツリー』
作:ロバート・バリー
訳:光吉 夏弥
発行所:大日本図書株式会社
価格:1,300円+税

まる、さんかく、しかくだけ!赤ちゃんも楽しめる絵本『さんかくサンタ』

サンタさんは三角、サンタさんが背負ってくる白い大きな袋は丸、プレゼントは四角……。お話の中には丸、三角、四角の形でクリスマスにちなんだアイテムが表現されています。クリスマス・イブからクリスマスにかけて、3つの形を中心に描かれた世界をぜひ赤ちゃんもいっしょに楽しんでみてくださいね。

『さんかくサンタ』
作:tupera tupera
発行所:絵本館
価格:1,200円+税

まるでマンガみたい!サンタさんの1日が手に取るようにわかる絵本『さむがりやのサンタ』

みなさんはサンタさんがどんな生活をしているか、想像してみたことがありますか? 絵本『さむがりやのサンタ』には、サンタさんがクリスマスプレゼントを配りに行く前や配っている最中にどんな過ごし方をしているのかが描かれています。遠く離れた異国の地で暮らすサンタさんのことを知りたい! という方にはおすすめの1冊です。マンガ形式で描かれているので、読書が苦手な子どもでもスラスラ読めちゃいますよ。

『さむがりやのサンタ』
作・絵:レイモンド・ブリッグズ
訳:すがはら ひろくに
発行所:福音館書店
価格:1,200円+税

街並みはクリスマス一色になりましたね。サンタさんがやってくるのを心待ちにしながら、クリスマスやサンタさんがテーマの絵本の読み聞かせをして、子どもたちの気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか。

文・藤まゆ花 編集・一ノ瀬奈津

関連記事

「煙突がないのにサンタさんはどこから入ってくるの?」毎年演出に苦戦するママにオススメの絵本『まどから おくりもの』 #ママの悩みに寄り添う絵本
子どもたちがサンタクロースの来訪を待ちわびる時期になってきました。ママたちはそろそろ子どもたちのクリスマスプレゼントを準備する頃でしょうか? 毎年クリスマスプレゼントをどこに置くか、子どもたち...
絵本『サンタパスポート』世界中の親子に贈る新しいクリスマスの物語
これまでに170冊を超える絵本を出版し『ママがおばけになっちゃった! 』や『いのちのはな』・『ママのスマホになりたい』・『ぼく、仮面ライターになる!』シリーズなど子どもから大人まで楽しめる作品を数多く...
小さいころから好きだった本、教えて!大人になっても色褪せない絵本たち
まだ文字が読めない小さい子どものころから、ママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんに読んでもらった「絵本」。子どもたちひとりひとりの記憶にはそれぞれ大好きな絵本の記憶が色あせることなく残っている...