いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

電池が急になくなって子どもはギャン泣き!長持ちする乾電池は子育てママの強い味方となるのか?

d24101-298-873024-5

子どもが気に入っているおもちゃほどすぐに電池が無くなってしまう! という経験をしたことがあるママも多いのではないでしょうか。音がだんだん小さくなったり、光が弱まったりという予兆があれば電池を用意する時間がありますが、何の前触れもなく突然なくなってしまうこともある電池。移動中やお出掛け先で遊ばせようと思い、家からおもちゃを持っていったのに早々に電池が切れてしまったら……なんて、考えるだけで気が重くなりますよね。

10歳未満の子どもがいる9割近くの家庭で「電池クライシス」発生!

パナソニック株式会社では、おもちゃの電池が切れてしまうことを「電池クライシス」と名付け、10歳未満の子どもがいる20~40代の女性500名を対象に電池の消耗についての調査を行いました。電池が切れることを「クライシス=危機」とは、まさに言い得て妙ですね。電池が切れておもちゃが使えなくなったことで、お子さんが泣いてしまったり不機嫌になってしまうことは、子育てママたちには“危機”と感じることでしょう。調査の結果、10歳未満の子どもを持つママ89%が電池クライシスを経験したことがあると回答。「電池クライシス」は、9割近くのママが経験あることだったのですね。

子どもが生まれてから電池の必要性が増えたと感じるママ多数

お子さんが生まれて、おもちゃを使うようになると「電池が必要な機会が増えたな」と感じる方も多いのではないでしょうか。実際の調査結果でも90%のママが電池が必要だと感じることが「増えた」と回答しています。おもちゃで長時間遊ぶことは、乾電池の消耗に繋がります。電池の必要性が「増えた」と感じるのは、おもちゃの数や、お子さんがおもちゃで遊ぶ時間に比例して実感するのかもしれません。
d24101-298-483533-3

ママたちは電池の寿命をどれくらいに感じている?

「この前交換したのにもう電池が切れた!?」そんな経験をされた方も少なくないはず。子育てママたちにおおよそ感じる電池の寿命を聞くと、体感としては「~3か月くらい」という回答が46%となりました。では、電池クライシスはどのようなことが原因で起こるのでしょうか。こちらも子育てママにとって納得の理由があげられました。

1番多かったのは「子どもが気に入ったおもちゃで長時間遊ぶ」が83%でした。使用頻度が高いものほど早く消耗してしまうのは仕方なのないことかもしれませんね。次いでは「子どもがおもちゃのスイッチを切り忘れる」が77%となりました。おもちゃ箱の中で音が鳴り続いてる……これも子どものおもちゃあるあるではないでしょうか。筆者もある日の夜中、おもちゃが突如鳴り出して驚いた経験があります。単なる電池の寿命というだけではなく、お子さんのおもちゃの使い方にも理由があるのかもしれませんね。

d24101-298-900951-2

電池替えは面倒くさいと感じる理由……それは

おもちゃの電池替えについて、ママスタBBSに興味深いご意見がありました。

『めんどいし、単4のおもちゃは異常に減り早すぎてもう買うのやめたよ。毎日遊ぶから3日経たずしてもう交換ってことあるし。馬鹿らしい』

『ネジネジネジってやるのが面倒くさいわ』

『ドライバー出すのもおっくうで』

おもちゃの電池交換を面倒と感じているママたちは多いようです。その理由は電池交換の頻度にあるようです。さらに電池を交換するうえでドライバーが必要になるケースがあることも、ママたちの面倒くさいという気持ちを膨らませるのでしょう。子どものおもちゃは電池を誤飲することを防ぐため、電池を入れるところの蓋がネジで止めてあるものが多くあります。おもちゃに合ったサイズの電池をストックしておかなければいけないこと、そして交換のためにドライバーを出さなければならないこと、この2つをママたちは面倒と感じているのですね。

「電池クライシス」の救世主となるか?

d24101-298-699752-6

パナソニックの乾電池エボルタNEOは、“世界一長もちする単3形アルカリ乾電池”としてギネス世界記録®にも認定されています。さらに安全性の視点から、プラス極側ラベルの全周に「+」マークを表示したり、プラスとマイナスを識別しやすいように色を分けているそう。

「電池クライシス」の頻発を少しでも押さえたいと思う子育てママたちに、“世界一長もちする乾電池”とうたわれる電池はどのようにうつるのでしょうか。電池が長持ちしてくれれば、電池切れでお子さんが悲しむことも減り、ママたちもその都度ドライバーを出して交換するという手間が少なくなるかもしれません。子育てママにとっての強い味方となってくれることを願うばかりです。

<調査概要>
・調査対象:事前調査 10歳未満の子どもがいる20~40代女性 4,186名
本調査 10歳未満の子どもがおり「電池クライシス」を経験したことがある20~40代女性 500名
※年代別均等割付
・調査期間:2019年10月11日(金)~10月16日(水)
・調査方法:インターネット調査

商品名 :乾電池エボルタNEO(単1形|単2形|単3形|単4形)
価格 :オープン価格

文・荻野実紀子  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

「単3電池」で単1・単2も対応!災害時も便利な100円グッズ「電池チェンジャー」とは
子どものおもちゃは電池を使うものがたくさんありますよね。最近ではお店でも購入時に「この商品は電池が別売りですが、電池のご購入はいかがですか?」と教えてくれたりします。 我が家で、特に電池を消耗し...
乾電池で子どもがやけど。災害時の懐中電灯やラジオに乾電池を入れっぱなしは危険!?【朝ごふんコラム】
消費者庁によると、乾電池が原因による子どものやけどや、誤った使い方による液漏れなど、家庭で起こりやすい事故情報が報告されています。国立研究開発法人 産業技術総合研究所の大野美喜子さんに乾電池の正し...
小学生の防犯ブザーの電池が破裂!?1万9000個のブザーが未だ回収できておらず
「小学生が使っている安全防犯ブザーの電池が破裂する危険がある」と、国民生活センターから発表されました。対象となる型番や配布時期についてお知らせします。 新1年生・2年生は要注意 販売元によると...
参考トピ (by ママスタジアム
おもちゃの電池替え