いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

ハロウィンの仮装は、今年はどうする?当日まで待ちきれないときにおすすめの絵本4選 #ママの悩みに寄り添う絵本

pixta_31038327_M

10月になると、街のあちこちがハロウィンの装いに変化していきますよね。仮装をして当日を楽しんだり、お友だちとハロウィンパーティーをしたりする方もいるのではないでしょうか。でもハロウィンってどんなことをするか知っていますか? 今回は「よく知らない」とか「わからない」という方のために、子どもと一緒に楽しめるハロウィンにまつわる絵本を4冊ご紹介しますね。

そもそもどんなことをするの?絵本『ハロウィーンってなぁに?』

筆者撮影

筆者撮影

ある秋のよく晴れた日。魔法使いの女の子「ビビ」は、周りの友だちや大人が大きなかぼちゃに夢中になっていることに気づきます。不思議に思って尋ねてみますが、取り入ってもらえません。少し悲しい気持ちになったビビはおばあちゃんのもとを訪ねます。するとおばあちゃんはハロウィンが昔は死者がこの世に戻ってくると信じられていたことや、今は仮装をした子どもたちが家々を巡ってお菓子やプレゼントをおねだりする楽しいイベントだと教えてもらいました。
みんなが大きなかぼちゃに夢中になっていたのには、理由がありました。その日はハロウィン当日だったのです! そうとなったらビビも楽しまないわけには行きません。ハロウィンのことがわかったビビは急いで友だちを呼び集めておばあちゃんに手伝ってもらいながら、ハロウィンを楽しむための支度を始めます。かぼちゃのランタンや料理を作ったり、おばけに変身したりして楽しそうです。そして仮装したビビと友だちは夜になると「おかし くれなきゃ いたずら するぞ!」と言って、よその家を1軒ずつ巡ってたくさんのお菓子をもらって満足そう。ビビはもう来年のハロウィンのことを思いながら、うれしそうに眠りにつくのでした。
筆者も恥ずかしながら、数年前に子どもに仮装をさせていた頃はハロウィンのことをよく知りませんでした。もう少しハロウィンについて知りたいと思ったときに読んでみた絵本が『ハロウィーンってなぁに?』でした。イベントを心から楽しむために、どんな歴史があったのかなどのエピソードを知るところから始めてみるのも良いものですよ。

『ハロウィーンってなぁに?』
作:クリステル・デモワノー
訳:中島さおり
発行所:株式会社主婦の友社
価格:1,300円+税

今年はどんな仮装にする?ハロウィンが待ち遠しくなる絵本

筆者撮影

筆者撮影

今やハロウィンは10月のイベントとして定着しつつあります。ここでは「今年はどんな風に過ごそうか」などと子どもとハロウィンについて相談しながら当日を楽しみにしたい! という方におすすめの絵本3冊をご紹介します。

仮装の参考になるかも!?絵本『ハロウィン!ハロウィン!』

お話の舞台はハロウィン当日。たろうくんがドラキュラの仮装をしていると、窓からねずみとネコとぶたも一緒に仮装したいと言います。たろうくんは動物たちのために仮装グッズを持ってきて、着替えを手伝ってあげました。みんなの仮装が仕上がったら、おばあちゃんの家にさあ出発! 「トリック オア トリート」「おかしを くれなきゃ いたずらするぞ!」と言いながら家に入るとガイコツが現れてびっくり。なんとおばあちゃんも仮装をしていたのです。

当日は絵本を参考にママも仮装をして、子どもと一緒に楽しい時間を過ごすのも良いかもしれませんよ。

『ハロウィン!ハロウィン!』
作:西村敏雄
発行所:株式会社 白泉社
価格:880円+税

Eテレでおなじみのジョージが仮装?絵本『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』

毎週土曜日の朝8:35からNHK Eテレで放送中の『おさるのジョージ』。黄色い帽子のおじさんと知りたがり屋のおさるのジョージが冒険したり、騒動を巻き起こしたりするアニメは子どもから大人まで夢中になってしまうアニメですよね。そんな『おさるのジョージ』にも絵本があります。
今回ご紹介する絵本『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』は、ジョージと黄色い帽子のおじさんが友だちのグレイさんの家で催される仮装パーティーでの出来事が描かれています。ところがジョージと黄色い帽子のおじさんは仮装をしてこなかったので、グレイさんに衣装を借りて仮装をすることになりました。ジョージはいろいろな衣装を着てみましたが、鏡がある位置が高すぎて自分の姿が見えません。ベッドによじ登ってジャンプをしているうちに、ベッドから落ちてしまって……。はてさてジョージと黄色い帽子のおじさんは、無事に仮装パーティーを楽しむことができるのでしょうか?

続きは絵本でお楽しみくださいね。

『おさるのジョージ ハロウィーン・パーティーにいく』
作:M.&H.A.レイ
訳:福本友美子
発行所:株式会社岩波書店
価格:900円+税

お菓子も家も住んでいる人もいろいろ!?絵本『トリック オア トリート!』

4人の子どもたちがハロウィンの仮装をして、お菓子をもらいに出かけて行きます。最初の家はネコの仮装をした人と魔女に扮したネコが出て、たい焼きを分けてくれました。次の家ではお姫様の仮装をした女の人が手作りのお菓子を分けてくれました。和風の家からなんだか変な声が聞こえたり、へんてこな家からは奇妙な音がしたりします。いろいろな家を回った子どもたちのポケットやかばんがお菓子でいっぱいになった頃、ある家にたどり着きました。そこはなんとおばけたちの家で、本物のおばけパーティーが開かれていたのです。でもおばけたちがお菓子をくれなかったので、子どもたちはおばけにあることをしてしまうのですが……。ここから先は絵本を読んでからのお楽しみにしておきましょう。
そうそう、おばけパーティーのページにはある”しかけ”が施されています。暗い部屋で楽しめるしかけなので、夜の読み聞かせがおすすめですよ。

『トリック オア トリート!』
作:岡村志満子
発行所:株式会社くもん出版
価格:1,000円+税

ハロウィンが描かれた絵本は、今回ご紹介した4冊以外にもまだたくさんあります。イベントを通しての絵本の読み聞かせは、学びや絵本導入のチャンスですよ。書店でもハロウィンが近くなるとハロウィンの絵本コーナーが設けられていることがあるので、親子でお気に入りの1冊を見つけてみてはいかがでしょうか?

文・藤まゆ花

関連記事

盛り上がるハロウィンの季節。みんなどこで何をして過ごしているの?
年々盛り上がりを見せるハロウィンの季節、皆さんは毎年どのように過ごしていますか? おうちで親戚やお友だちと集まりパーティーをする、ハロウィンパレードに参加するなど、その過ごし方はさまざまでしょ...
2019年ハロウィンのトレンドは”お家”パーティー。料理をがんばるママも多数!
まだまだ暑さを感じる日もありますが、バラエティショップなどの店頭には早くもハロウィングッズが並べられているようです。「もう?!」という驚きはありつつも、日本でも多くの人が楽しむ定番のイベントに...
ハロウィンパーティーは何を持っていけばいいの?ママ友とかぶらない「持ち寄りレシピ」
毎年盛り上がりを見せるハロウィン! 街中ではハロウィンの仮装グッズや、可愛い紙皿やガーランド、小物などがたくさん売り出されますよね。そんな中ハロウィンパーティーにお呼ばれされる機会もあるかもし...