いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

任意接種だったロタウイルスワクチン。2020年10月以降は定期接種へ

pixta_40526897_M

赤ちゃんが産まれたら、一般的には生後2ヶ月くらいから予防接種が始まりますね。日本では予防接種法という法律を元に、”定期接種”に指定された予防接種については対象者が無料で受けられる仕組みがあります。

この無料で受けられる定期接種に、新たなワクチンが加わるとの報道がありました。2019年10月時点で任意接種となっている、ロタウイルスワクチンです。

これまでのロタウイルスワクチンをめぐる事情

ロタウイルスは体内に入ると、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛など、胃腸炎を引き起こします。厚生労働省によると

『5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています。(引用:厚生労働省「ロタウイルスに関するQ&A」)』

というほど、感染力の強いウイルスなのです。

2019年10月現在、ロタウイルスワクチンは定期接種ではなく、任意接種となっています。任意接種とは、赤ちゃんに予防接種を受けさせるかどうかの判断は保護者の任意で決められ、費用も保護者が負担する予防接種です。

ロタウイルスワクチンには、ロタリックスとロタテックの2種類があり、ロタリックスは2回、ロタテックは3回接種です。現在のところ全額が自己負担で、その費用は自治体や医療機関、ワクチンの種類によって幅がありますが、1回でおよそ8,000~14,000円ほどかかります。ただし自治体によってはロタウイルスの予防接種への補助が出ることもあります。

「ロタウイルスワクチンが無料になる!」ママたちの声

これまで任意接種であったロタウイルスワクチンが定期接種となり、無料で受けられることについてママたちからは喜びの声と少しばかり複雑なおもいが寄せられました。

歓迎します!ロタウイルスワクチンの定期接種化

『良かったよ。高すぎよね』

『これで何十年後にはロタが流行るなんてことはなくなるね』

『上の子は1年くらいあけて2回かかったけど、予防接種していたお陰で軽く済んでいたみたい。先生に予防接種していて良かったねって言われた。高いからだいぶ悩んで決めたけど、定期接種になるならいいね』

『第2子産むのは来年10月以降にしなくちゃ(笑)』

ロタウイルスワクチンの定期接種化を歓迎するママたちの声がありました。すでに自費でロタウイルスワクチンの予防接種を済ませたママたちからも歓迎の声が届いています。任意であってもロタウイルスワクチンの予防接種を受けていたことで、お子さんの症状が軽く済んだとのことです。よりよい公衆衛生の環境が整っていくことで子どもたちが病気になる可能性が少しでも低くなるのなら、歓迎したいですね。

間に合わなかった……!でも任意接種でも受けて良かった。複雑な胸中を明かしたママたち

『来年からかーい!』

『えー! 羨ましい! あれ高いもんね~! でも定期になったってことは、やっぱり任意でも受けておいたほうがいいものだったんだね。よかったわ高くても受けておいて』

『今月からにしてくれーい!』

『どんどん定期接種になっていいな~。ロタは子ども3人数万円かけて打ったのに~』

『2020年4月出産予定……。まぁロタ怖いから任意でも接種するけどさ』

とはいえギリギリで定期接種化に間に合わないママたちもいます。なんといっても、ロタウイルスワクチンは、費用が高い! もうすぐ定期接種化になるのに今、あるいはもうすぐ自費でロタウイルスワクチンの予防接種を受けなくてはいけない、となればちょっと悔しい気持ちも起こるのかも……。自費で受けるけれども無料が良かった……、あと半年早ければ無料で受けられたのに……という正直な気持ちがあふれています。

というのもロタウイルスワクチンの推奨接種期間は他の予防接種よりも短く、特に初回接種は生後14週6日までと定められています。定期接種化を待っていては推奨接種期間を逃してしまうので、ママたちは任意接種でも受ける判断をしているのですね。

ロタウイルスワクチンの定期接種は2020年(令和2年)10月1日から

厚生労働省から公開された資料によると、ロタウイルスワクチンの定期接種は2020年10月1日からということになりそうです。

生後2か月から始まる赤ちゃんの予防接種スケジュールは他にHibや肺炎球菌、B型肝炎などがあります。そこにロタウイルスワクチンの予防接種が定期接種として加わります。

2020年10月1日以降に生後2か月ごろを迎える赤ちゃんたちはロタウイルスワクチンを定期接種で受けられるのですね。その頃に出産予定のママさん、どうぞお忘れなく受けさせてあげてくださいね。

(参考:厚生労働省第34回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会 予防接種基本方針部会 資料1国立感染症研究所・日本の定期予防接種スケジュール

文・しのむ 編集・しらたまよ

関連記事

受けられる期間が限られる「ロタウイルス」の予防接種!詳しく知っておこう
産まれて間もない赤ちゃんはまだ言葉を話すことができません。ママやパパをはじめとした家族は赤ちゃんの顔色や機嫌、うんちやおしっこの状態を見ながら赤ちゃんの体調を管理していくことになります。中でもうんちは...
生後2ヶ月から受けられる「肺炎球菌」の予防接種!詳しく知っておこう
赤ちゃんが産まれると生後2ヶ月ごろから「予防接種」がスタートします。厚生労働省が勧める標準的なスケジュールで生後2ヶ月ごろから受けられる予防接種のひとつが「肺炎球菌ワクチン」です。日常的なシー...
生後2ヶ月から受けられる「B型肝炎ワクチン」の予防接種!詳しく知っておこう
産まれて間もない赤ちゃんが感染症にかからないようにと、生後2ヶ月から予防接種を受けるよう自治体から勧められます。生後2ヶ月から受けられる予防接種はいくつかありますが、そのうちのひとつが「B型肝...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
0歳児、ロタワクチン定期接種に 来年10月から、厚労省