いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

すべてのママに贈るドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか!?』2020年春公開決定

 d48944-1-319415-2親子

みなさんは子育てをしていて「もうママをやめたい! 」と思ったことがありますか? 何かと大変な子育て、ママであることをやめられないとわかってはいても、「もうやめてしまいたい……」と思ったことが誰しもあるのではないでしょうか。

約8割のママが「ママをやめてもいいですか? 」と思ったことがある!

ママを辞めてもいいですか グラフ

株式会社インディゴ・フィルムズ(東京都世田谷区/代表:豪田トモ)は、累計90万人を動員したドキュメンタリー映画『うまれる』シリーズの第4弾となる『ママをやめてもいいですか!?』を2020年初春に公開予定。

公開に先駆け、約400名のママを対象に「ママをやめてもいいですか!? 」と思ったことがあるかどうかアンケートを実施したところ、約8割のママが「毎日のようにある」「たまにある」「前に思ったことがある」と回答しました。

楽しくて幸せな毎日を期待した子育て。しかし実際に育児をしていくなかで「大切で愛おしい、だからこそたまに辛くなる」「一人になりたくなることもある」という辛い気持ちを抱くのがママたちの本音のようです。

アンケートからもわかるように「ママをやめてもいいですか!? 」と思うことは、決して限られた人だけに起こる話ではないのです。

子育てに悩んでいるのは、あなただけじゃない

『割とおとなしくよく寝てくれる9ヶ月の子を育てています。たまに泣きじゃくると、もう泣かないでよ! と怒ってしまい、昨日は床に叩きつけたくなりそうでしたが、理性で止めることができました。抱っこしながら強めに揺さぶって、もう! 泣かないで! 寝てよ! と言ってしまいました』

『最近イライラして仕方ない。上の子とも喧嘩ばかりだし、癇癪と後追いもすごいし、上の子の態度にもイライラする。もう育児やめたい。つらい』

『いつも怒ってばかりだし、施設に入れた方が幸せ何じゃないかと思う。料理も下手だし部屋も汚いし、毎日毎日イライラする』

『子育てってもっと楽しくて可愛くて、だと思ってたけど、今考えると、常に自分のせいで子がどうにかなる恐怖ばかり。うっかり、おっちょこちょい、忘れてたごめん、次気をつけるね、が通用しない。子育てってこんなにビクビクしながらするものとは思わなかった』

『反抗期なのかやることもやらず親を馬鹿にする毎日。だんだん許せない、関わりたくないと思うようになってしまいました。私の様な母親いないですよね』

子どもの年齢に関係なく、たくさんのママたちが子育てに悩んでいる様子がうかがえますね。大変なのは自分だけだと思ってしまいがちな子育て期。しかし悩んでいるのは、案外、自分だけではないのかもしれません。

ママだけじゃなく、パパの想いにも寄り添う映画

『ママをやめてもいいですか!?』には、人知れず子育てに悩み、つまずきながらも育児に奮闘し、子どもを愛しぬくママたちの物語が収録されています。ママが主役のママのための映画です。

main

そんななかで、ときにはパパにもカメラを向け、すれ違う夫婦のコミュニケーションも追いかけてきたそうです。ママがママをやめたいと思うように、パパはパパをやめたいと思うこともある。ママが家事や育児に必死だと、なかなかパパに目を向けてあげる余裕もなく過ごしてしまいがちですが、パパも同じような思いを抱えて子育てをしているということに気付かされます。

 【登場人物:エピソード】

ナナ:5 歳・6 歳・7 歳の 3 人の年子たちとの笑いの 絶えないハチャメチャな子育てをする爆裂ママ。実は“子育てうつ”で苦しみ続けていた。

ノリコ:産後うつを経験したママが新たな命を身ごもり、不安と苦悩を抱えながらも、すれ違いばかりだったパートナーと理解しあいながら出産を迎える。

トシエ:高校生の時に母親が蒸発。愛された記憶がなく子どもたちに愛情をどう伝えればよいか悩むママが10 年ぶりに子どもたちを抱きしめようと決意するが……。

シンスケ:妹が5ヶ月の息子を遺して自ら命をたってしまった兄が“産後うつ”の怖さについて警鐘 を鳴らす。

ヒロミ:とびきり明るく娘を愛するママ。実はヒロミが3歳の時に子育ての辛さから母親が自殺。子どもを育てることで自身の心を癒そうとする。

言葉として知っているだけの「産後うつ」の存在

言葉として知ってはいても、人によっては、その実情をあまり知らないのが産後うつではないでしょうか。孤独な育児やストレスまみれの子育てにより疲れてしまうママたちの存在や、十分な愛情を受けられずに育った子どもたちが増えていくという事実は、ママに限らず、社会に生きる人すべてが知っておきたい内容だと思います。

子育てはママだけの問題ではない

子育てはママだけの問題ではありません。家族や友人、ママと子どもを取り巻くすべての人にとって「子育て」は重要なテーマ。ママだって、子どもと共に只今絶賛成長中。たくさん失敗して、たくさんの壁を乗り越えてママとして成長していけばいいのだと思います。

日頃、子育てに奮闘中のママたちも、たまには映画を見てほっと一息つけるといいですね。最後には心がジーンと温かくなって子どもをギュッと抱きしめたくなるかもしれませんよ。

文・緒花 ゆうか  編集・一ノ瀬奈津

関連記事

里帰り出産で産後うつに……「あなたの親が悪い」と親を悪く言う義母を許せますか?
みなさん、もしも他人に自分の親の悪口を言われたらどう思いますか? 自分を大切に育ててくれた親の悪口を言ってきたのがもしも義母だったらどんな対応をするのでしょうか。ある投稿者は、義母に言われた親...
もしかして“産後うつ”?産後うつを経験したママはどう乗り切った?
ママスタBBSにあるママから「産後うつ」について問いかけがありました。 『精神科で診断はもらっていないけど、いま思えば産後うつだったと思っている人いますか? 新生児のお世話大変すぎ......。...
ママなら誰でもなりうる「産後うつ病」。予防するために医師としてできること
赤ちゃんが生まれることはとても喜ばしいことです。しかし実際に育児が始まると、言葉の話せない赤ちゃんのお世話は想像以上にハードで、日々の疲労と命を育てている責任感に押しつぶされそうになった経験のある...
参考トピ (by ママスタジアム
すべてのママが元気になるドキュメンタリー映画『ママをやめてもいいですか!?』来春公開決定!