いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

風邪や花粉症で鼻周りがガサガサに!保湿のためのいい方法知らない?

pixta_50106171_M 風邪を引いたり花粉症にかかったりして、鼻の周りがガサガサになる季節がやってきました……!? ティッシュで何度も鼻をかむと、いつのまにか肌の水分や皮脂まで吸収されるのか、鼻の下や穴の周りが荒れてしまいますよね。鼻周りがヒリヒリしたり、化粧ノリが悪くなったりと、肌にとってあまりいいことはありません……。

特に寒い季節だと風邪をひいていなくても鼻水が出ることもあり、自然と鼻をかむ機会が増えることでしょう。鼻周りがガサガサになる前に、何か対処をしたいところ。いい方法を知りませんか?

保湿クリームやリップクリーム、ワセリンで対処

鼻の下のかさつきの原因はずばり、

『保湿が足りないんだよ』

とママスタコミュニティのママさんたちは教えてくれました。ママたちは普段どんな対処をしているのでしょうか。

『保湿クリームを塗ってる。匂いのあるクリームだと頭痛の時、吐き気して大変』

こちらのママは無香料の保湿クリームを施しているとのこと。鼻周りのことですから、匂いのあるクリームだと常に匂いがする状態になってしまいますもんね。無香料だと匂いが気になることも少ないでしょう。

『鼻炎持ちだから、鼻かんだ後にリップを塗っていたら乾燥しなくなったよー』

『私も顔が部分的に粉ふいちゃうことあるけど、リップ塗ったらサラサラになるよ~。だから顔用に1本持ってる』

こちらはリップクリームを乾燥している部分のケアに使っているママたち。本来の用途とは異なるので自己責任ではありますが、これもママの知恵かも!?

『いつも使ってる化粧水やクリームでも刺激になるから、顔洗ったら濡れた状態でワセリン!』

こちらはワセリンを使っているママ。こちらのママは化粧水にも敏感なようなので水で保湿しているとのことです。普段、化粧水や乳液を使っていて問題ないなら、それらで保湿をしてからワセリンを塗るのがコツのようです。

鼻の周り専用の保湿オイルもある

最近では鼻周りの乾燥のための保湿オイルもあります。
iOS の画像
たとえばレイワメディカルラボから販売されている「ビアン」は、鼻をかむ前に使用することで摩擦による肌ダメージや乾燥を軽減してくれるそう。また鼻をかんだ後に使用すると鼻周りの保湿になるとのことです。無香料で、小鼻のワキや鼻の穴の周りなどはもちろん、鼻以外の顔のかさつきにも使えます。
たとえば、あるママからはこんなコメントが寄せられています。


この投稿をInstagramで見る

10月だというのにまだまだ暑いね 早く涼しくならないかぁ〜 . . でもこの季節また花粉が、、、 そろそろ来てるかも 鼻炎持ちだし花粉症だし頭痛がしんどい でも授乳中だし何でもかんでも服薬 出来ないんだよ、、(;_;) . でも最近良いの見つけて お子さんがいる方、妊婦さんの方も たくさん見てくれているので 紹介しますね❣️ . 今までの薬と違ってオーガニックのオイルなので アレルギーを持っている方や、妊婦、お子様も使えるの これを鼻の穴の中に塗れば びっくりするほど楽になった 無香料だし是非使ってみてください(^^) . . . #instagood #instalike #instagramer #influencer #japanesegirl #mama #model #インスタグラマー #ママ #2児ママ #この季節辛い #鼻炎 #花粉症 #妊婦 にも 使えます! #慢性鼻炎 #アレルギー #ビアン

井上麻衣さん(@mai_inoue)がシェアした投稿 –

■ビアン15
■容量:15mL /希望小売価格(税抜):2,800円

乾燥が起こる前から塗る、常に塗る、が乾燥を防ぐコツ

鼻の下のカサカサを防ぐためには、ティッシュで鼻をかむ時期の前……すなわち肌の乾燥を感じる前から、保湿のための対策を行っておく方が予防になりそうですね。加えて、ママスタコミュニティのママたちは、こんな極意も。

『常に塗ることが大事だね』

保湿クリームやオイルは「塗り続けること」が大事なのだそうです。鼻をかんだ後に、こまめに塗るのは多少面倒ではありますが、一度荒れた後のケアよりはずっと簡単なはず。

自分の肌に合うクリームやオイルを見つけるのはなかなか難しいかもしれませんが、乾燥や花粉症の季節を快適に乗り越えるため、いろいろ試してみてくださいね。

文・しらたまよ

関連記事

お疲れ顔はチークで払拭!パーソナルカラーで選ぶ、肌がキレイに見えるチークの選び方
育児や家事、仕事に追われてふと鏡を見ると今日もお疲れ顔……そんなときはメイクの力を借りて顔にエネルギーチャージをしませんか? 「お疲れ顔はチークの入れ方で元気に明るく見せることができます」とおっしゃる...
言葉がわかる子どもの乾燥肌にご用心!ハッとさせられた皮膚科の先生の言葉と掻きむしり対策
娘は赤ちゃんの頃から肌が弱く、乾燥に敏感です。 そして2歳になる今年は特に搔きむしることが増えてしまい、身体のあちこちにかさぶたができてしまいました……。 その姿が痛々しくて、朝・昼・...
アトピー肌の娘に周りの人からかけられた「かわいそう」という言葉
娘は赤ちゃんの頃からひどい乾燥肌でした。毎日何度も保湿をしてもあまりよくならず、2歳を過ぎた頃やっと「アトピー性皮膚炎」と診断されました。 現在娘は5歳になり、アトピー肌は数年前に比...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
顔の一部がカサカサして粉ふくんだけど何かいいものないですか?
鼻の穴の周りの皮がむけます。