いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

アイスやジュースばかりで栄養が偏る。小学生ママが抱える夏休みの食生活の不安を調査!

pixta_23673850_M

ついにスタートした子どもたちの夏休み。ついダラダラとしてしまい、毎日の生活リズムが崩れがちになる家庭もあるかもしれません。睡眠などと同様にママが不安を抱くのが子どもの食生活ではないでしょうか?
先日行われたとある調査からも、夏休みの子どもの食生活を心配するママたちの不安が浮かび上がりました。

「冷たいものの飲食で、胃腸が心配」夏ならではの不安も

調査を行ったのは「大塚製薬株式会社」のブランド、バランス栄養食「カロリーメイト」です。小学生の子どもを持つ母親400名を対象に聞いています。さらに東京都在住の小学生の子どもを持つママ3名に、グループインタビュー形式で調査。どんなふうに考えているかをより具体的に尋ね、フリーアンサーの調査回答としています。

まず「夏休みの子どもの食生活に不安がある?」という質問に対しては、60.8%が「ある」と回答しました。
いったい何が不安なのかを聞いたところ(複数回答)、第1位は「アイスやジュースを飲食する機会や、量が増える(47.8%)」。暑い季節は大人も同様ですよね。ほかの長期休みとは違う、夏休みならではの特徴かもしれません。さらに「おやつの量が増える(35.5%)」、「栄養が偏る(30.5%)」などと続きます。
sub1

『学校だと”がんばって食べないといけない”と思って食べている、野菜。家では食べてくれない』(埼玉県・40代)

『夏バテなどで食欲が減ったり、インスタント食品や出前などが多くなる。栄養が偏らないか、心配』(大阪府・30代)

『冷たいものばかり食べたり飲んだりするので、内臓が冷えて逆に夏バテになったり、胃腸が弱ったりしないか心配』(神奈川県・30代)

『知らないところでアイスをたくさん食べてしまっていることがあり、お腹がいっぱいになって夕食をあまり食べないこともある』(東京都・30代・グループインタビュー参加者)

ママたちがあげてくれたこうしたエピソードに、大きくうなずくこともあるのではないでしょうか?

夏休みの食事3大不安は、手間が増える、栄養が偏る、コスト増

次に「子どもの夏休み期間中は、ふだんと比べて食事を用意する負担に変化はありますか?」と、聞いています。「負担が増える」と回答したママは、なんと83.0%!

その主な理由は、まず「手間がかかること」です。

『ふだんのお昼は自分だけなので適当に食べているけど、子どもはいつも同じものだと飽きる』(東京都・40代)

『夏休み中は仕事もしながら、3食作らないといけないから大変。子どもの夏休み中はクタクタになっているお母さんをたくさん見かける。私も含めて』(東京都・30代・グループインタビュー参加者)

そしてやはり「栄養面での負担」、「コスト面での負担」があるようです。子どもの給食と同じ金額で、夏休み中の昼食を作れれば言うことなしですが……現実的には難しそうですよね。

「手間」や「コスト」は多少あきらめがついても、「栄養面」などあきらめたくないこともあります。子どもの夏休みの食事の提供に関して、工夫していることを尋ねました(複数回答)。
sub4一番多かったのは「野菜を積極的に取り入れる(40.3%)」、そして「栄養バランスを考える(29.0%)」、「のどごしのよいもの・のどを通りやすい料理を出す(21.0%)」となりました。

アンケート結果を見た管理栄養士・こばたてるみ先生は、こんなアドバイスをしています。

『調査でも”栄養バランスを考える”と回答したママたちがいましたが、まさにそのとおりで夏にかぎらず5大栄養素をバランスよく摂取することが大切です。とくに小学生は身体が大きくなる時期なので筋肉を作るタンパク質、骨を作るカルシウムなどのミネラルは意識してとり入れたいですね。スポーツ活動や塾用におにぎりやパンを持たせる家庭もあるかと思いますが、糖質が主体。それだけを摂取してもエネルギーは生まれません。さまざまな栄養素をバランスよくとるよう、心がけてください』

とはいえただでさえ食事を用意する負担が大きい、夏休み。ママたちはいったいどうすればよいのでしょうか?

『おすすめは、たくさんの具材が入ったカレーなどの料理。1皿でごはんもお肉も野菜もとることができるので、手軽に栄養バランスが整います。うどんなども麺だけではなく、たっぷりの野菜やタンパク質源として温泉卵などを加えるとよいのでは? また、子どもにとっては間食も、大切な栄養補給のタイミングです。夏の暑い時期なら栄養補助食品のゼリータイプなどもおすすめです』

栄養バランスは意識しながらもほどほどにラクをして、長い夏休みの食事作りを乗り切りたいですね!

【調査概要】
方法:インターネット調査
期間:2019年6月28日(金)~7月1日(月)
対象:東京都、神奈川県、埼玉県、大阪府在住の、小学生の子どもを持つ母親400名

文・鈴木麻子 編集・しのむ

関連記事

子どもたちの夏休み ママは疲れる?それとも楽?先輩ママたちの「格言」とは #産後カルタ
暑い季節になると、あっという間に子どもたちが楽しみにしている「夏休み」がやってきます。長いところだと1ヶ月半ほどの長期休暇。子どもたちが朝から晩までママと過ごす生活が待っています。子どもたちの...
食事とお金と旦那にストレス?連休・長期休みのママの気持ちを五七五で詠んでみた
ゴールデンウィークや夏休み・冬休み・春休み、お盆や正月など、子どもも旦那も家にいる長期の休みの間、ママはどのような気持ちで過ごしていますか? 普段は家にいない旦那に家事のペースを乱され、子ども...
夏休みのママはストレスだらけ? 共感しかないお悩み調査結果を発表!
お子さんたちは夏休みを楽しんでいますか? 一方で「早く夏休みが終わりますように」と、毎日心の中で唱えている(?)ママたちもいるかもしれません。もしかして、ストレスがたまっていませんか? 先日...