いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

絵本作家デビュー半世紀を迎える、せなけいこさんの最新刊発売。記念の大規模個展もスタート!

main

子どもたちが大好きな絵本『ねないこだれだ』などで知られる、せなけいこさん。2019年で絵本作家デビュー50周年を迎えるそうです! つい先日には描きおろし最新作『おばけのばあ』が発売されるなど、その人気ぶりはいまだ健在。さらに『ねないこだれだ』誕生50周年を記念した、はじめての大規模な個展の全国巡回もスタートしました。

赤ちゃんといっしょに楽しめる『おばけのばあ』が誕生

せなさんといえば独特の風合いある貼り絵が、ぱっと思い浮かぶ人は多いはず。おばけや妖怪、うさぎなど登場する愛嬌たっぷりのキャラクターたちを、自分の友達のように感じている子もいるのではないでしょうか?
そんなせなさんの描きおろし最新作は、赤ちゃん絵本の『おばけのばあ』。赤ちゃんが大好きな<いないいいないばああそび>をモチーフに、うさこちゃん、ねこちゃん、そして最後にはおばけも現れて……?

sub4
子どもたちに「おばけは、本当は友達になりたいのよ」「子どもたちを驚かせるために、おばけも勉強しているのよ」とお話する、せなさん。初回限定で、そうしたメイキングやインタビューなどが盛りだくさんの「おばけしんぶん」もついてきます。
角が丸くてめくりやすく、赤ちゃんもママも安心して楽しめるボードブック仕様。0歳から楽しめるので、出産祝いなどの贈り物にもおすすめです。

また『おばけのばあ』と同時発売となったのが、アンデルセン原作の『もみの木』(文・石井睦美)です。子育て中の37歳で絵本作家デビューするまで、フィルムに光を当てて投影する作品「幻燈」や紙芝居などの仕事をしていたせなさん。当時制作した「幻燈」作品を、絵本として復刻させたものとなります。原画の損傷部分は60年のときを経て、せなさん自身によって修復されたそう。

sub5
大きくなりたい、別の世界へ行きたいと夢ばかりみている1本のもみの木に人生をなぞらえた、不朽の名作です。

『おばけのばあ』(発売:KADOKAWA)
さく・え:せなけいこ
定価:本体880円+税
対象年齢:0歳から
発売:2019年6月28日『もみの木』(発売:KADOKAWA)
絵:せなけいこ/文:石井睦美/原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
定価: 本体1,300円+税
対象年齢:4歳から
発売:2019年6月28日

『ねないこだれだ』誕生50周年記念「せなけいこ展」がスタート!

『ねないこだれだ』を含めた「いやだいやだの絵本」4冊シリーズが、せなさんの絵本作家デビュー作。発売50周年を記念した初の大規模な個展が、いよいよ全国巡回をスタートさせました。

大きな見どころは、なんといっても「いやだいやだの絵本」シリーズ4作(1969年)と、「あーんあんの絵本」シリーズ4作(1972年)の原画を、物語の全ページぶん見られること!
ほかにもおばけや妖怪、うさぎなどを題材に生み出された、数々の名作の原画が約300点も! おすまししたイイコではない生き生きとしたキャラクターが登場するのが、せなさん作品の大きな魅力。動物や子どものこまかい表情や、貼り絵独特の温もりある質感が味わえるのは、原画ならではかもしれませんね。

ポストカードやマグカップなど、展覧会オリジナルグッズも約120種類揃うので、こちらもお楽しみに。
開催は神奈川(横須賀美術館)を皮切りに、愛知(刈谷美術館)、大阪(阪急うめだ本店 阪急うめだギャラリー)、広島(ひろしま美術館)……と、続いていく予定です。親子いっしょにはもちろんですが、ママだけで行っても十分満喫できそう。我が子が幼かったころを思い出して、忘れかけていた甘い気持ちがよみがえりそうです。

・2019年7月6日(土)~9月1日(日)/横須賀美術館
・2019年9月21日(土)~11月10日(日)/刈谷市美術館
・2019年12月18日(水)~2020年1月6日(月)/阪急うめだ本店 9階 阪急うめだギャラリー
・2020年8月8日(土)〜9月22日(火・祝)/ひろしま美術館
以降、順次全国巡回予定

文・鈴木麻子 編集・しのむ

関連記事

赤ちゃん絵本の新作が異例の大ヒット!赤ちゃんが泣き止む『もいもい』
赤ちゃん向けの絵本を選ぶとき、なにをポイントにしていますか? イラストのかわいさ? それとも文章のわかりやすさ? とはいえ大人が考える「これがいいな」とは違う、赤ちゃんの興味を引くものがなにか...
小学2年生のういさんが書いた小学校に行く後輩へのメッセージ。『しょうがっこうがだいすき』が待望の絵本化!
子どもの成長は本当に早いもの。ついこの前産まれたばかりだと思っていた娘が、気がつけば来年の春にはもう小学生になります。噂に聞いてドキドキしていた“ラン活”も、入学1年前の4月に無事終了しました...
自分だけの素敵な絵本を作り上げてみよう!『くれよんのくろくん』シリーズから『くろくんたちとおえかきえんそく』
絵本には、絵を見て想像したり、お話しから物語を膨らませたり、登場人物に思いを馳せたりと、子どもの想像力を育む力がありますよね。また、絵本は子どもに読み聞かせることで、親子の良いコミュニケーショ...