いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「横浜アンパンマンミュージアム」が全天候型にパワーアップ!7月7日に移転&オープン

コンセプトビジュアル©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV 7

コンセプトビジュアル©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV 7

現在、全国5ヶ所(仙台・横浜・名古屋・神戸・福岡)で展開している「アンパンマンこどもミュージアム」。小さな子ども連れの家族でにぎわう、大人気スポットです。家からちょっと距離がある家庭にとっては、いつかは訪れてみたいあこがれの施設かもしれませんね。
その第1号施設が「横浜アンパンマンこどもミュージアム」です。2007年4月20日に誕生してから干支を一周した2019年、移転&オープンすることが決まりました。

子どもも家族もいっしょに楽しめる施設にパワーアップ

2019年7月7日(日)にオープンする新施設「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。「いっしょにわらうと、いっぱいたのしい。」をコンセプトに、子どもたちはもちろんママパパやアンパンマン、スタッフも含めていっしょに体験して笑い合い、楽しさがどんどんふくらんでいく施設を目指しているそうです。

それでは現在準備中の、ミュージアムの概要をお伝えしましょう。
施設は地下1階・地上3階で、全天候型の完全屋内施設となります。地下1階は駐車場、1階はショップ&フード・レストランで入場は無料、2階がミュージアム入口となり、3階は”げんき100ばい!”に、楽しく遊べるミュージアム(有料)となります。
移転先となる”みなとみらい61街区”は、これからさまざまな施設の開発が見込まれるエリアの入口にあたる場所。横浜駅からのアクセスが、さらによくなります!

外観イメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

外観イメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

アンパンマンの世界を細部まで再現した、ミュージアム内

子どもたちが一番気になるのが、「ミュージアムでは、どんな遊びができるの?」ということではないでしょうか。
アンパンマンの生まれた「パンこうじょう」を中心に、人工芝が広がる「ひろば」では自由に駆け回って遊ぶことができます。アンパンマンたちが登場するメインステージのほか、毎日いろいろなイベントを実施するそう。
くじらのクータンがいる海や砂浜をイメージした「わんぱくアイランド」では、エアー遊具やネット遊具で思いっきり身体を動かすこともできます。
アニメに登場するアンパンマンの街を再現した「みんなのまち」では、家の中をのぞいてみたり、中に入ってごっこ遊びをすることも可能。現施設でも大人気の「アンパンマンごう」は、サイズも遊び方もパワーアップして登場するそうですよ。

「わんぱくアイランド」イメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

「わんぱくアイランド」イメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

また今回新設されるのが「わいわいパーク」です。家族そろって楽しめる参加・体験型のイベントやワークショップを予定しています。さらに屋外スペースには各ミュージアムで人気の「ボールパーク」が、現施設よりも広いスペースで設置されるほか、ミニイベントも計画されているとか。

エンターテインメントも充実しています。3階ミュージアムでは「パンこうじょう」前の「ひろば」が、メインステージ会場となります。ほかにもイベントスペース「わいわいパーク」を中心に、アンパンマンや仲間たちといっしょに歌やダンスを楽しむショーやミニステージを、毎日開催予定です。

さらに子どもだけでなく家族みんなが参加できる、ワークショップを新たに実施。現施設でも人気の、紙芝居やパネルシアターももちろんあります。

メインステージイメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

メインステージイメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

無料エリアも楽しい!バルーンによるダイナミックなショーも

ミュージアム内はもちろん「入場無料のスペースも楽しい!」と評判なのが、現施設。新施設ではさらにスケールが大きくなる予定とか。

1階のショップ&フード・レストランは約6メートルもの吹き抜けがある、開放的な「ひろば」になっています。アンパンマンのオリジナルグッズやサービス・フードを提供する14店舗が立ち並ぶ予定だそう。新たなアイテムやオープン限定商品・メニューも登場するそうなので、要チェックですね。
施設の中央にはトイレやオムツ替え、離乳食スペースなどの機能を集約した「ファミリーステージョン」が設けられています。

また「ひろば」の吹き抜け天井をいかした、ダイナミックなショーも! アンパンマンごうとばいきんまんの巨大メカ・だだんだんがバルーンとなって登場するそうなので、子どもたちのテンションが一気に上がりそうですね。無料で楽しめるというのも、ママパパにとっては大きなポイントかも?

バルーンによダイナミックなショーイメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

バルーンによダイナミックなショーイメージ ©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV

正面エントランスには約4メートルの大きなアンパンマン立像が設置されるそうなので、大好きなアンパンマンに導かれての、お楽しみいっぱいの一日が過ごせるのは確実といっていいのでは!? オープンが待ち遠しいですね。
なお現施設は2019年5月26日(日)に閉館となるので、最後にそちらも楽しみたい家族は早めの来訪がおすすめです。

「横浜アンパンマンこどもミュージアム」営業概要
開業日:2019年7月7日(日)
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい6丁目2番(みなとみらい61街区)
営業時間:ミュージアム10:00~17:00(最終入館16:00/ショップ&フード・レストラン10:00~18:00
入場料:2,200円(税込)※1歳以上一律(1Fは入場無料)

文・鈴木麻子 編集・しらたまよ

関連記事

4月12日(金)からのハッピーセットは「トミカ」&「リラックマ」。新しい「ほんのハッピーセット」もスタート!
©TOMY©2019 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved. 4月12日(金)からのハッピーセットは、男の子の憧れと大好きが詰まったミニカーの代表「トミカ」と...
ドラえもんはアニメ放送40周年!あの懐かしの『ドラえもんのうた』はもう聞いた?
令和の時代を目前に控えた2019年4月。アニメ『ドラえもん』はなんと放送40周年を迎えました! この区切りを記念して大人世代が子どもだったころに聞いた懐かしい歌が、ドラえもんで育ったアーティス...
『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』新キャラのトミカやプラレールも!タカラトミーから映画オリジナル商品が新登場
2019年4月5日から劇場公開される『映画 きかんしゃトーマス Go!Go!地球まるごとアドベンチャー』。ゲスト声優を務めるDA PUMPのISSAさん演じる新キャラクター、エースが登場するなどすでに...