いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

2019年6月1日よりTOHOシネマズの映画鑑賞料金が改訂し、一人当たり一律100円アップに

pixta_43162810_M

幼稚園や保育園、小学校など長期の連休が近づくと、お子さんと一緒にどこへ行こうかなと考えることはありませんか? そのような時期に合わせて子ど向け映画や、親子で楽しめる映画も公開されるので、映画館へ足を運ばれる方も多いことでしょう。ただ、映画のチケットってそこそこの金額がするのが悩みの種。家計の財布を預かるママたちには頭が痛い問題です。そこに来て、2019年6月から映画鑑賞料金の値上げをおこなうと「TOHOシネマズ」より発表されたのです。

映画のチケットって高い!

TOHOシネマズの発表によると2019年6月1日より、全国のTOHOシネマズにて従来の映画鑑賞料金から100円アップした金額でチケットを販売することになることが決定しました。ママスタコミュニティに集まったママたちは、現状でも高いと感じる映画の鑑賞チケットの更なる値上げに不満の声をあげています。

『高い。映画なんて100人でも1人でも上映するんだから 安くして沢山入れた方がいいのにと思う』

現在の料金と価格改訂後の料金

一般
1,800円 → 1,900円
シニア・ファーストデイ・レディースデイ・TOHOシネマズデイ
1,100円 → 1,200円
夫婦 50 割引(お二人で)
2,200円 → 2,400円

価格の改訂は上記のとおりで、1人あたり100円増となります。子ども連れで映画に行くママにとって唯一の救いは、幼児・小中高生・大学生など、上記の一覧に含まれない鑑賞チケットは据え置き料金のままという点です。子どもの料金まで改訂されてアップしたら、ますます映画館へ足を運びにくくなりそうですよね。ただしこの価格改定後の鑑賞チケット料金は基本の考え方とされているだけで、TOHOシネマズの劇場によっては料金設定が異なることもあるようです。TOHOシネマズに行かれる前に、公式サイトなどで価格を確認しておいた方がいいかもしれません。

割引される日も価格改訂されることに

12月1日の「映画の日」に関しては現行料金の1,000円そのままとなります。しかし主婦の強い味方「レディースデイ」まで値上げとは厳しいところです。たかが100円、されど100円。主婦にとっては大きな違いです。

『今の1,800円でも高いと思うから安くなる日にしか行かないのに値上げだなんて』

『昼間は暇な主婦がプラッと入れるように800円とかにしてほしい』

『高すぎる! なんでこんなに高いんだろ? 映画好きだけど、なかなか行かなくなりそう。今だってレディースデーでしか行かないのに』

ママたちの悲痛な叫びはよく分かります。筆者もTOHOシネマズにはよく足を運ぶのですが、中学生の息子と二人となるため、割引なしの場合、鑑賞チケット料金は2,800円となります。これにジュースだのポップコーンだのつけた日には、なかなかの出費となってしまいます。有難いことにTOHOシネマズにはさまざまな割引があるので、それらを上手に使うようにしていますが、子ども連れの場合、割引されるタイミングに足を運ぶことが難しい場合もありますよね。そこに来て料金値上げとなると、ますます足が遠のいてしまいそうです。

日本の映画鑑賞料金は高すぎる?

『日本は映画館の料金が世界の中でも高額な国みたいだね』

BBSのママからのこの声が気になったので調べてみると、SNSなどで同じような声が多くあがっていました。実際、外国の映画鑑賞料金で調べてみると、6ドル前後が多いようです。日本円に換算すると700円程度と入ったところですね。筆者の友人でアメリカ在住の方にも聞いてみると、平日の昼間は一般料金から半額になるなどのサービスもおこなっているそうです。こうなってくると、日本の映画鑑賞料金が高すぎるというのはあながち間違っていないのかもしれません。国や都市によっては日本と同じぐらいの料金の所もあります。しかしその背景には最低賃金や物価などとのバランスが考えられていて、高いとは思わない料金設定となっているようです。もちろん例外もありますので、日本だけが料金が高いわけではないようですが、できれば日本も安くなってほしいですよね。

付き添い割引があるといいのにという声も

『子どもの付き添いで一緒に見る映画にそんな金額払いたくない』

『気軽に行こうっていう金額ではないかな。子どもの付き添いで同じ料金なのは高いと思う』

お子さんが小さいと子どもだけで映画を見てもらうわけにはいかず、大人が付き添いで一緒に入ることもありますよね。ときどき、席までママが子どもを連れてきて、お子さんだけで見ている光景も見かけますが、なかなか踏み切れないママも多いはず。そうなると見たくもない映画に付き合うことになるので、ぜひ「付き添い料金」を導入して欲しいという声が。それに加えて海外にあるような平日の昼間割引など、企業努力をしてくれればもっと映画館に足を運べるのではないかと感じました。

今後の映画鑑賞料金の動向が気になる

今回の鑑賞料金の改訂をおこなうのはTOHOシネマズのみです。TOHOシネマズ以外の映画館については、現状では変更は発表されていませんのでその点は安心です。しかし、1つが値上げを行うと他も追従して価格改訂をすることもありますので、油断は大敵かもしれません。おうちでレンタルした映画をみるのもいいですが、映画館に足を運んでみるのもいいものです。子どもたちにも大きなスクリーンでみる迫力をぜひ体験させてあげたいですよね。もう少し映画館に足を運びやすくなる価格になってくれたらいいのにと思わずにはいられません。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

旦那さんのお金の使い道、把握している?「夫婦別財布」の家計が節約する方法とは?
家計の管理や日々のやりくりは、夫婦どちらが任されていますか? 家賃や食費、光熱費などは把握できていても、旦那さん自身が自由に使えるお金の使い道までは把握していない方も多いのではないでしょうか。でも...
スマホのデータ定額、そんなに必要?使い方次第で通信費を節約する方法とは
スマホの通信費に毎月いくらぐらいかけていますか? 今は格安スマホという選択肢もあり、以前より通信費を抑えられるようになりましたが、「使い方次第では、より安く通信費を節約することができます」とい...
小学校以降は教育費がかかる!何にいくらかかるの?ママたちの節約ポイントは?
「子どもの教育費を貯めるなら、乳幼児期が一番貯まりやすい」とはよく聞く話。とはいえ、まだ未就学児のお子さんを持つママたちからしたら、小学校はもとより、中学や高校生になったとき、いったいどれくらいのお金...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
映画鑑賞料1900円って高い?