いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」服薬後に重大な副作用!厚生労働省の指示で「出血」を追記

Close up of woman holding a glass of water and pills

2018年3月に塩野義製薬より発売された抗インフルエンザ薬、「ゾフルーザ(一般名:バロキサビル マルボキシル)」。2019年3月1日に厚生労働省医薬・生活衛生局が、製造元である塩野義製薬に対し「使用上の注意」の改訂を指示、重大な副作用の項目に「出血」が追記されることになりました。
今回の通知では、患者さん本人や家族に対して「血便、鼻出血、血尿などがあらわれた場合には医師に連絡する」こと、「投与数日後にもあらわれることがある」ことを説明するよう求めています。

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」とは?

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」は2018年3月14日より発売が開始されました。ゾフルーザはウイルスの増殖を阻害することができる特徴をもち、ウイルスが細胞の外に出るのを阻害する従来の治療薬とは仕組みが異なります。そのため厚生労働省が新設した「先駆け審査指定制度」の対象に選ばれ、2017年10月の承認申請からわずか5カ月程度で販売に至ったという経緯があります。この冬にインフルエンザと診断された人の中にも、実際に処方されたという方がいるかもしれませんね。

「1回飲むだけでいい」手軽さが話題に

ゾフルーザが発売されると「服用が1回でいい」使い勝手の良さが注目されました。例えば従来の抗インフルエンザ薬「タミフル」では、1日2回を継続して5日間の服用が必要とされています。また喉や気管支に直接届いて作用する「イナビル」や「リレンザ」ですと薬の吸入が必要です。連続して薬を服用することが難しい方、吸入が苦手な方などにとって、錠剤を1度服用すればいいだけの「ゾフルーザ」は便利に感じられることでしょう。

「使用上の注意」に重大な副作用「出血」を追記

厚生労働省によると「ゾフルーザを飲んだ後、血便や血尿など出血がみられた」症例が計25例あったとのこと。このうち13例はゾフルーザ服用との因果関係を否定できなかったといいます。今回の通知は国内でのこういった症例が集積したことから行われたものです。

薬の併用に関する注意喚起も

今回「使用上の注意」に追記されるのは「出血」のみではありません。抗凝固剤の一種「ワルファリン」との併用に関する注意喚起も同時に行われています。これはゾフルーザだけではなくタミフルにも同じく適用されます。「ワルファリン」と、ゾフルーザもしくはタミフルを一緒に服用してしまうと、血液が固まるまでの時間が長くなったという報告があるためです。

ゾフルーザ以外のインフルエンザ薬にも、出血の副作用が

抗インフルエンザ薬「ゾフルーザ」において「重大な副作用」と追記されることになった症状「出血」。実は既存の薬「タミフル」にも副作用としてすでに「使用上の注意」に記載が追記されています。ゾフルーザに限らず、抗インフルエンザ薬を服用しているときなどに「出血」に関する症状が見受けられたら、速やかに医療機関へ連絡をするようにしてください。

自己判断をせず、気になったら医療機関へ相談を

今回の厚生労働省の通知により、ゾフルーザの重大な副作用として「出血」に関する追記が行われることとなりましたが、全ての方に症状が現れるわけではありません。あくまでも服用に際して注意が必要と判断されたというだけです。医師の判断のもと処方された抗インフルエンザ薬を、怖いからといって自己判断で飲まなかったりするのではなく、きちんと指示どおり服用し、その上で異変を感じたら速やかに医療機関へ相談するようにしてください。正しい情報を知った上で適切に対処していくことが大切です。

文・櫻宮ヨウ 編集・井伊テレ子

関連記事

厚生労働省が「インフルエンザ流行シーズン入り」を発表!知っておきたい「3つの予防・対策方法」とは
全国的にインフルエンザの症状で医療機関を受診される方が増加傾向にあることから、厚生労働省は2018年12月14日にインフルエンザが全国的な流行期に入ったことを発表しました。今シーズンのインフル...
インフルエンザの登校停止期間終了で明日から学校!と思ったらクラスが学級閉鎖でショック
毎年冬になると流れる、インフルエンザが流行したというニュース。わが子が通う保育園や幼稚園、小学校などで学級閉鎖になるとママたちは他の家族に移らないように感染予防に大忙しですよね。そしてインフル...
インフルエンザにかかった子ども。熱が下がったら外出はあり?再確認しておきたいインフルエンザの基礎知識
『インフルエンザ中に熱が下がったら外出しますか?』 インフルエンザが猛威を振るうシーズンになると、よく耳にするこの疑問。一定の期間は保育所や幼稚園、学校や仕事をお休みするように、医療機関から説明...