いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

引っ越ししたいけど費用が高額。UR賃貸住宅が引っ越し貧乏にならない「4つの理由」

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・01
夫婦2人で生活していたころは快適だった空間も、妊娠や出産、子どもの入園や入学などを機に「もっと広い家に引っ越したい」「幼稚園や小学校に通いやすいところがいい」など、住環境を見直す機会が増えてきます。
しかしながら引っ越しとなると気になるのが“お金の問題”。礼金や、仲介手数料などで初期費用が嵩むだけでなく、保証人を探す手間もあり、おもわず「引っ越しはまだいいかな……」と諦めてしまうママもいるかもしれません。

引っ越しはお金がかかる……。ママたちの嘆きの声

蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・02

『賃貸の初期費用ってすごく高いね。ビックリしたわ』

ママスタBBSにも、高額な引っ越しの初期費用に対し、嘆く声が寄せられています。ママの投稿に、同じく引っ越しを考えているママたちから同調するコメントが続きます。

『高いよね。家賃の5~6ヶ月分見ておいた方がいいからね』

『田舎だけど敷金礼金合わせても50万したかな』

『60万円弱なのですが、こんなにかかるんだ。と驚きました。それプラス引っ越し代もかかります』

『お金ない人は賃貸住めないよね』

妊娠・出産・入学・転勤など、ライフスタイルの変化に合わせて柔軟に住み替えられるのが賃貸住宅のいいところ。しかし想像以上に高額な初期費用を前に、おもわず「今のところで我慢するしかないのかな」と考えてしまうママもいるかもしれません。
しかし諦めるのはまだ早いですよ! 実はそんなママたちに知ってほしいのが「UR賃貸住宅」。引っ越し貧乏にならないポイントをご紹介します。

UR賃貸住宅が引っ越し貧乏にならない「4つの理由」

03
UR賃貸住宅といえば、礼金ナシ・仲介手数料ナシ・更新料ナシ・保証人ナシと4つのナシで金銭的に嬉しい、子育て世代にも注目の賃貸住宅。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1:礼金ナシ!

『礼金かかるのが痛いです……お金あげちゃうわけだし』

賃貸を借りる際に必要なお金として、敷金と礼金というものがあります。敷金は部屋を出る時に一部が戻ってくることもありますが、礼金は上記のママがいうように部屋を所有する大家さんへお礼の意味として支払うものです。通常必要となることが多い礼金がUR賃貸住宅は一切かかりません。通常であれば敷金、礼金は家賃の1か月分からといわれるところが多い中、礼金がかからないのは、家計を預かるママからしたらとっても助かりますよね。

2:仲介手数料ナシ!

仲介手数料とは取引が成立した時点で不動産会社へ支払う報酬のこと。UR賃貸住宅の場合、UR営業センター、UR賃貸ショップ、現地案内所等URの店舗などでしっかりと相談ができるうえ、仲介手数料も不要です。

3.更新料ナシ!

『引っ越し大変だった。2人の子守しながらだったから』

子どもがいる中で、引っ越しをするのは大変なこと。1度引っ越したらできるだけ長く住み続けたいですよね。とはいえ、賃貸であれば2年ごとに更新料がかかることも多く、その月は家賃のほかに約1か月分の賃料を支払わなければいけないため、ママとしては頭が痛いところ。UR賃貸住宅は、この更新料も不要なので、長くお得に住み続けられます。

4.保証人ナシ!

賃貸契約をする際に、お金のほかに問題となるのが保証人を誰に依頼するかということ。両親は高齢、親戚には頼みづらい。職場の上司に頼むのも気を遣うという場合も多いでしょう。
UR賃貸住宅は保証人が不要なので、保証人問題がクリアになるので気持ち的にもラクですね。

3年間家賃がおトクになる「そのママ割」

さらに注目したいのが、UR賃貸住宅では、子育て世帯に嬉しい割引制度も充実していること。たとえば、対象物件であれば妊娠中を含め18歳未満の子どもを扶養している世帯は、家賃が3年間おトクになる制度「そのママ割」があります。

例えば、本来10万円の家賃で、1ヵ月2万円割引(割引率20%の場合)とすると、3年間で70万円以上の節約となるのです。本来ならもうワンランク下の賃貸物件に引っ越さなければいけないところを、広くて快適な暮らしができるうえに、子どもの学費のために貯金もできるので、とてもお得ですよね。

※UR賃貸住宅の指定する対象物件のみ
※18歳未満の子どもと同居していることが条件
※3年間の定期借家契約

リノベーションで綺麗なお部屋へ!緑の多い周辺環境も子育てに最適

既存のお部屋に大規模な工事を行い住まいの性能を高めてくれるリノベーション。UR賃貸住宅は快適性にこだわり、現代のライフスタイルに合わせて設備や間取りの改修を実施。そのため子育て世帯にとって、とても住みやすい環境が整っています。また、立地も大きなポイント。UR賃貸住宅の多くは、周囲の環境も子育て世代にぴったりの立地なのです。敷地内に公園があったり、近くに幼稚園や小学校、商業施設があるなど、住環境が整っているため、子育て世代も多く、ご近所同士で子育てに関する情報交換ができるといったメリットがあります。
蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・04
UR賃貸住宅では敷地内の自然が豊かなところが多く、日常に花や緑が溶け込みます。心安らぐ環境の中で気持ち良く過ごせますよ。

初期費用を抑え、新しい家具の購入や子どものための費用へ

引っ越しによる初期費用を安く抑えることで、新しい家具を購入したり、子どもの教育費のために貯金することもできます。
蜷咲ァー譛ェ險ュ螳壹ヵ繧ゥ繝ォ繧ソ繧・05-2
「引っ越したいけど、まとまったお金がかかるから……」とあきらめていたママたち。UR賃貸住宅なら、引っ越しへのハードルが下がり、子どもの成長や子育てのしやすい環境を整えてあげることを前向きに考えることができますね。
みなさんも引っ越しは「UR賃貸住宅」を考えてみてはいかがでしょうか?

アンケートに答えて1万円のギフト券をゲットしよう!
引っ越し貧乏にならない賃貸住宅って?

提供:UR賃貸住宅

参考トピ (by ママスタジアム
賃貸の方、敷金礼金いくらでしたか?
小さい子供がいて引越しした方