いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

子どもの朝食やおやつにも!ママが注目したい、2019年にブームになるフードトレンドは?

Ratatouille in an iron pan
毎日の献立や子どものお弁当など、作るメニューがマンネリ化してしまっているママも少なくないでしょう。見慣れた料理は作る側としては楽チンですが、夫や子どもに「また、これ?」と言われてしまうことも。
そんなママたちに、全世界の月間視聴者数2.5億人、再生回数25億回超を誇る動画プラットフォーム「Tastemade」が予想と分析を行った「2019年のフードトレンド」をご紹介します。

今夜の夕ご飯に早速作ってみたくなるものから、お弁当のおかずに入れたいもの、手土産に買いたいものまで、いずれも忙しいママにピッタリですよ。

作り置きにも重宝しそうな「ラタトゥイユ」

子どもに野菜をたくさん食べさせたいママに注目して欲しいのが、「ラタトゥイユ」。フランスの家庭料理であるラタトゥイユは、2019年にブームになると予想されています。世界的なヘルシー志向ブームの中、サラダよりも見た目がカラフルでフォトジェニックというのも注目ポイント。

sub1

ラタトゥイユはトマトやズッキーニ、玉ねぎ、ナス、ピーマン、パプリカなどを入れて煮込むので、一度にたくさんの野菜を食べることができます。煮込まれることで野菜の形も変わるので、野菜の見た目で拒否反応を示してしまう子どもも、きっと安心して食べることができますよ。

また、一度にたくさん作って保存できる作り置きメニューとしても重宝するので、時短にもピッタリ! 朝ごはんにはクロワッサンやサンドイッチに挟んだり、夕ご飯にはオムレツや肉料理にかけたりと、さまざまなアレンジで楽しむことができます。

子どもも片手で食べやすい!「タコス」

2018年に入り、続々と都内の人気スポットに専門店がオープンしている「タコス」は、2019年にさらなるブームを見せると予想されています。

sub4

タコスの本場であるメキシコでは、定番の「メキシカンタコス」だけでなく、小さめのトルティーヤで具材をまいた後にカラリと揚げた「タキートス」も人気。スナック感覚で食べられます。また、アメリカでは数年前から、スクランブルエッグやベーコン、ビーンズなどを巻いた朝食用の「ブレックファスト・タコス」や、フルーツ、生クリーム、アイスなどを組み合わせた「デザート・タコス」も注目なのだとか。

朝食にもおやつにもなるタコスはワンハンドで手軽に食べられるので、子どもも楽しんで食べることができるでしょう。さらに、自分で好きな具材を入れてカスタマイズする楽しみ方もできるので、子どもに食事の楽しさや食材のバランスを教える食育(※)としてもピッタリです。

(※)食育は、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てること
参考:農林水産省「食育の推進」

着色料の入っていないピンク色のチョコ「ルビーチョコレート」

バレンタインシーズンや、子どもの誕生日ケーキなどでぜひ取り入れたいのが、「ルビーチョコレート」。2018年からじわじわと話題を集めていたルビーチョコレートは、2019年に一気にブームに火が付くと予想されています。

sub2

ルビーチョコレートは、ダーク・ミルク・ホワイトに続く「第4のチョコレート」。原料に着色料を一切使っていないにもかかわらず、天然のルビーカカオにより鮮やかなピンク色をしている見た目にも可愛らしいチョコレートです。また人工甘味料が入っていないのに、ベリーのようなフルーティーな酸味が味わえます。

着色料や人工甘味料が入っていないかどうかは、ママにとっては大事なポイントですよね。見た目にも鮮やかで目を惹く商品が続々登場しているので、ママ友への手土産に持っていけば、一目置かれそう。

これ1つで味が決まる!「ハリッサ」

「ハリッサ」は、生の唐辛子をベースに、オリーブオイルやニンニク、コリアンダーなどを組み合わせたペースト状の調味料。地中海料理に欠かせない存在であり、フランス、イギリスといったヨーロッパ圏では日常的に家庭料理に使われています。

main

辛さだけでなく、豊かな香りも楽しめるハリッサ。他の調味料と合わせることなく、ハリッサ1つだけで味が決まるので、料理時間の短縮にも重宝します。

また、炒め物や煮込み料理だけでなく、お肉や魚に添えたりトーストしたパンに塗ったりと、さまざまな料理に活用できる万能さがあるので、ママ必見の調味料ですよ。

子どもと一緒に手作りしたい「WAGASHI」

海外で注目を集める日本の「WAGASHI(和菓子)」は、東京オリンピックを目前に控えた2019年に、ますますブームになると言われています。味だけでなく、日本人の細やかさがあらわれた美しい見た目も、フォトジェニックですよね。

sub3

抹茶やあずきといった和の素材ならではのやさしい味わいを持つ和菓子。おやつには、洋菓子よりも和菓子を子どもに食べさせたいというママもいらっしゃるかもしれません。

2019年は、店舗で販売されている和菓子だけでなく、家庭の手作り和菓子も注目されています。子どもと一緒に手作りしたオリジナルの和菓子をSNSで投稿する人が増えてきているんだとか。子どもと一緒に作るお菓子の定番といえば、ケーキを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、2019年は和菓子にチャレンジして、子どもの創作意欲を掻き立ててみてはいかがでしょうか。

気になるフードトレンドはありましたか? トレンドに敏感なママは、ぜひ今回ご紹介したフードトレンドをチェックしてみてくださいね。

文・秋山悠紀 編集・木村亜希

関連記事

子どもが朝ごはんを食べない、用意が面倒。そんな悩みが吹き飛ぶ「海外の朝食」とは
栄養バランスばっちりの朝ごはん。理想的なのはわかっているのですが、ちょっと無理、というのが筆者の本音です。 子どもたちも朝は早く起きてこないので、朝ごはんの品数を増やしても食べる時間がなさそ...
忙しい毎日でママに癒しを与えてくれる“夫と子どものほのぼのエピソード”
一日の終わり、「今日もまたイライラしてばっかりだったなぁ……」と反省しながら寝室に入ると、全く同じ姿で寝ている夫と娘の姿に癒された。なんてことが、ときどきあります。 子育ては、毎日が反省と学びの連続...