いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

recipe

炊飯器で作れる!ひなまつりにオススメ☆桜餅

5
ひな祭りの和スイーツと言えば、桜餅!
子どものおやつにも最適な桜餅が炊飯器でもち米を炊けば作れます!!
中のあんこは市販のものを包めば簡単にできちゃいますよ。
とっても優しい味わいで、手作りならではの美味しさを味わえます!
春のお花見にもぴったり。もち米なので、日頃のおやつにもオススメですよ。

材料 約7個

もち米:1合グラニュー糖:20gあんこ(市販のもの可):90g食紅:少量桜の葉の塩漬け:7枚

作り方

1.もち米を洗い、ざるにあけて水気をきる。水170ccに食紅少量を溶かして、もち米を30分浸水させ、炊飯器で普通に炊く。
2.もち米が炊けて15分程度蒸らし、グラニュー糖を加えて混ぜる。
0
3.あんこを7つに分けて手でまるめる。
1
4.桜の葉の塩漬けは水にくぐらせて、ざるにあけておく。
5.2の粗熱がとれたら、7等分しラップではさんで、手で押し広げる。
2
6.5にあんこをのせて包み、桜の葉の塩漬けを巻く。
6

材料

あんこ

大納言小豆:100g上白糖:90g塩:少々

作り方

1.豆は洗って、たっぷりの水に半日つけ、ザルで水気をきった小豆を鍋に入れ、
豆が3~4cmつかる位の水を入れて沸騰させ、湯を捨てる。
2. 鍋に約3倍の水(400g)を入れ、沸騰したら中火にして、豆がやわらかくなるまで煮る(途中、お湯から豆が出てくるようなら、水を足して常に豆がお湯から出ない状態で煮る。火加減や量にもよるが、約45分〜1時間)
3. 豆が完全にやわらかくなったら、砂糖と塩を加える。
4.3を混ぜながら、水っぽさがなくなり、どろりとした状態で落とした餡が消えない程度まで煮る(粒あんは冷めるとしまるので、少しゆるめで仕上げる)(火加減や量にもよるが、約15~20分)
5.バットなどに広げて冷ます。

レシピ監修:洋菓子研究家 木村幸子
青山と大阪市内で洋菓子教室トロワ・スール主宰。
TVや雑誌、WEBへの出演・レシピ提案、企業へのレシピ提供、商品開発等を行う。
最新著書は『3・5・7ステップでできる!憧れのゴージャスチョコレシピ』HPはコチラ

関連記事

余ったお餅をおやつにアレンジ!秋田名物バター餅のひつじさん♡
お正月の余ったお餅で、簡単に作れる、秋田名物・バター餅を作ってみませんか? バターとお砂糖を加えているので、ほんのり甘くて、もっちもちの弾力が美味しい!
牛乳パックで型も作れる!ひなまつりには苺のひし形ケーキ!
牛乳パックや厚紙でひし形の型が作れます! バタークリームも、美味しい配合の材料を混ぜるだけで 簡単に作れちゃうレシピなのでぜひ作ってみてくださいね♪
簡単!ひなまつりには桃の花のねりきりを安く沢山作っちゃお!
高価なねりきりも、手作りすれば安価で沢山作れます。 もちろん、白あんは市販のものを使ってもOK!