いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

妊活中〜出産後、積極的に摂取したい葉酸。でもママたちの知識は意外に薄め?

pixta_38284197_M

それまでは気にしたこともなかったのに、「赤ちゃん、ほしいな」と考えはじめたとたんに意識しだすビタミンといえば? そう、「葉酸」です。「妊活が成功しやすい」「胎児の成長に不可欠」などという話を、耳にしたことのある人もいるでしょう。その必要性をきっちり理解できているかはともかく、「とりあえず摂っておこう」と考えたママもいるのでは?
先日発表された調査結果からもプレママを含む多くのママたちの、”なんとなく、葉酸”という認識が明らかになりました。

「あれを食べよう」「これはダメ」。栄養情報は多すぎて混乱しがち

アンケート調査の有効回答数730名となった中で「子どもはいない(妊活をしていない)」と答えた107名を除く85.3%は、妊活・妊娠・授乳経験のある人です。葉酸サプリを「飲用している(していた)」割合は、7割強。どうやら「葉酸は摂取したほうがいい」と、多くの方が認識していますね。

さらに「妊活中、妊娠中、出産後の食事やサプリメントの情報は、どこから得ることが多いですか?」と、質問しています。
sub2
一番多かったのはやはり手軽な「WEB(72.6%)」で、以下「雑誌(35.6%)」、「ブログや口コミ(27.8%)」、「友人などの親近者(27.7%)」と続きます。「医者などの専門家(16.3%)」が少なめなのは、わざわざ尋ねなくてもWEBで調べれば情報がすぐ手に入ると思っているせいかもしれません。
「その他」の中には「テレビ」「ドラッグストアなどの店頭」「参考書」「母」などがあったそうで、やはり身近なところから情報を得ているのがわかります。

とはいえ妊活中・妊娠中・出産後の食事や栄養などについて、「情報が多すぎる!」と感じたことはありませんか? 「あれを食べるべき」「これはダメ」など、知れば知るほど細かい情報が出てくるように感じることもあります。
調査ではそんな時期の情報が多すぎて、「どれが正しいのかわからないと感じたことがありますか?」とも尋ねています。結果は「感じたことがある」が全体の87.1%と、かなりの割合に。いかにも情報過多といわれる現代らしい結果といえますね。

知ってた?妊活中〜出産まで、ステージ別で必要な葉酸の量が違うこと

ところで厚生労働省は「妊活〜妊娠3ヶ月」「妊娠4ヶ月〜出産」「授乳期」という3つのステージごとに、摂取するべき栄養素と摂取推奨量は異なることを発表しているのですが……。この情報、ご存知でしたか?
調査で尋ねてみた結果は、「知っていた(28.2%)」は少数派で、「知らなかった(71.8%)」が大きく上回りました。意外とこうした重要な情報のほうが、細かな情報よりも見落としがちなのかもしれません。

ママスタBBSにも、「妊娠中に葉酸サプリは飲んでいた?」というトピックスが上がっていました。回答したママたちの意見を抜粋すると、

『妊娠6週くらいから、2ヶ月くらいまで飲んでいた。葉酸と鉄、カルシウムも入っている錠剤のやつ。でも、産まれるまで飲み続けたほうがいいのかな?』

『妊娠前から摂っておかないと、ほぼ意味がないよね。とはいえ自分も妊娠してから飲んでたけどさ』

『妊娠前に飲むのが重要だよ。妊娠中なら、鉄分を摂ったほうがいいんじゃない?』

と、みなさん葉酸の重要性をなんとなくわかってはいる様子。とはいえステージごとの推奨量など、くわしいところまではあやふやな感じですよね。

葉酸は「妊娠したかも?」と気づく前のごくごく初期の段階から、胎児の正常な発達などに必要なビタミン。妊娠中はママの貧血予防などにも有効です。

厚生労働省の資料によれば、葉酸には食事で摂取できるもの(ポリグルタミン酸型葉酸=食事性葉酸)と、人工的に製造された吸収力の高いもの(モノグルタミン酸型葉酸)の2種類があるそう。厚生労働省では成人女性に対し、葉酸を「食事で240㎍」摂取するよう呼びかけていますが、実際の平均摂取量はやや不足しているのだとか。
ちなみに葉酸はビタミンB群で、その名の通り緑の”葉っぱ”(ほうれん草など)に多く含まれているそう。水溶性ビタミンということもあり、よほど意識して青菜を積極的に食べていないとなかなか摂取しにくいものなのかもしれません。

この「食事で240㎍」というのにプラスして、妊活中・妊娠中・授乳中の時期別でさらに摂ってほしい付加量の設定もあります。

sub3
上図を見ると、とくに妊活中はサプリなどで多めに葉酸を摂ったほうがいいのがわかりますね。

ちなみに葉酸とともに、こうした時期に積極的に摂取したほうがよいといわれるのが「鉄分」です。厚生労働省が成人女性にすすめる鉄の量のは「6.25mgの摂取」。グラフを見るとわかりますが、これはみなさんクリアできているよう。とくに妊活などは意識していない一般的な女性も、「貧血にならないように」とちょっと意識していることがうかがえます。
ただ、やはり妊活中・妊娠中・授乳中となると、話はまた別。「4カ月頃~出産」はふだん摂取している量のさらに倍以上が推奨されています! 普段の食事からすべて摂取することが難しいようなら、やはりサプリなどに頼るのも一案ですね。

sub4
たくさん情報は入手しているはずなのに、意外と知らないこともある……。「これで大丈夫なのかな?」とちょっと心配になったときは、かかりつけのお医者さんや保健師さんなどの専門家に直接尋ねてみるのがよいかもしれません。きっと多すぎる情報の海を泳ぎ切るための、指針になってくれるはずです!

※葉酸と鉄の推奨量は、いずれも厚生労働省「日本人の食事摂取基準、栄養素等摂取状況調査の結果」より。
※葉酸の「4カ月頃~出産」「授乳期」の食事性葉酸推奨は、国民健康センター「葉酸の摂取目安」より。
※鉄の「妊活中~3カ月頃」付加量は、月経有の場合。【葉酸に関するアンケート調査】概要
調査対象:ミキハウス子育て総研株式会社が発行する子育て情報誌「Happy-Note」のWEB版「Happy-Note.com」(https://www.happy-note.com/)内「ゲンナイ製薬株式会社」ページを訪問した読者
調査期間:2018年8月10日~11月19日
調査方法:インターネット調査
調査地域:全国
有効回答:730サンプル
調査機関:ゲンナイ製薬株式会社、ミキハウス子育て総研株式会社

文・鈴木麻子 編集・しのむ

関連記事

妊活に協力的な夫は9割以上!?”妊活”アンケートにみる成功のカギ
きわめて個人的でデリケートなことだけに、ひと昔前なら”妊活”していることはあまり公にできなかったかもしれません。でも深田恭子さん主演の”妊活”をテーマにしたドラマ『隣の家族は青く見える』が話題...
気持ち悪くてもお腹は減る……つわりのタイプ別「食べられたもの・飲めたもの」
ドラマや映画の中で、女性が「ウッ」と口を押えて洗面所へ走るシーンは、妊娠に気づくという演出のひとつ。 筆者は妊娠するまで、“つわり”とは、あのシーンのように一瞬だけ吐き気を感じるものなんだと...
豆苗って安いけど使い方が分からない!簡単に美味しく食べられる「豆苗レシピ」
豆苗は100円程度で手に入り、1パックに入っている量も多いので、他の野菜と比べてお得感がありますよね。でも「使い方がいまいち分からない……」という方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこ...
参考トピ (by ママスタジアム
妊娠中。葉酸サプリ飲んでた?