いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「あり得ない!」子どもが38℃の発熱でも出勤させる店長に、ママたち怒り心頭!

あり得ない!子どもが38℃の発熱でも出勤させる店長に、ママたち怒り心頭!
子どもの急な発熱、ママたちは胸を痛めますよね。働くママであれば(実家などで看病してもらえない限り)欠勤という選択になると思います。しかし、ママとして非常に嘆かわしいことに、「わが子の発熱→欠勤」という構図に理解のない職場もあるようで……。
ママスタコミュニティでは先日、以下のような投稿が寄せられました。

『この前、パートの先輩がぐったりした3歳の息子を連れて出勤してきた。「38℃の熱で、欠勤したいって電話したんだけど、店長に忙しいから子どもを連れてきて、休憩室のパイプ椅子で休ませればいいって言われた」と……。
子ども1人きりで休憩室。こういうときくらい休ませても良くない? 知らない場所に1人きりも心細いよね?
私ともう1人のスタッフで、店長に「休ませてあげたらどうですか? いる人で頑張ればいいんですから」って言ったけど、「1人欠けると仕事が狂う」と。ちなみに職場はスーパー、店長は独身です』

思わずア然としてしまう店長の対応、かなり衝撃的ですよね? BBSでも、ママたちの怒りの声が続出です。

「何それ、あり得ない!」店長の対応にママたち激怒

『えっ! 想像するとめっちゃ切ないわ。3歳でよくおとなしく寝てたね。ほんと腹立つ店長だ』

『38℃ある3歳児にパイプ椅子で寝ろとか鬼かよ』

『そんな店長のいる店では働きたくない。人間性の問題だよね』

『3歳か! めっちゃ可哀想じゃん!! 私なら「じゃ、辞めます」って言うね。そりゃあ、休むのは申し訳ないけど、そんな職場ではやってられない』

『可哀想すぎる。その場で辞めて帰るわ』

『その子のママも、子どものために強く出て欠勤する選択をした方がいい。子持ちの人に融通がきく所への転職も視野に入れないと、親子ともども潰れかねないよ』

「子どもが気の毒すぎる」、「その日限りで辞めてやる!」というコメントが続々と届き、店長の対応が熱を出した子どもとママにとって、いかに無慈悲だったのかがうかがい知れますね……。

店長の職務怠慢?組織として不十分?店長や組織の責任を追及

そして、責任者としての、また組織としての問題を暴こうとする建設的な意見もチェックしておきたいですね。

店長の責任を果たすべき!

『パートが1人欠けて仕事の流れが狂うのを、フォローするのが店長の仕事だろうが。店長が無能なだけじゃない?』

『従業員の子どもを1人で休憩室に置いておくのも、可哀想というだけじゃなく、色んな意味で有り得ない判断だと思うけど。何かあったらどうするんだろうね』

『子どもの菌がスタッフにうつって総倒れになったり、子どもに何かあったりしたら、店長責任とれるのかな。目先のことだけにとらわれる、無責任な店長』

『飲食物を扱ってるんだから、しっかり気を配ってほしい』

組織の体制にメスを入れるべき!

『会社の上の人が、人員確保しないのが悪いよね。「何とかやって~」みたいな感じが悪い』

『うわぁ、最低。私なら辞める覚悟で、社内の相談室に電話する。3歳で休憩室に1人なんて、考えただけで可哀想』

『なんなら労働基準監督署にでも行ってきたら? こんな職場、阻止していかないと』

『主婦はとくに、育児だけじゃなくて、親の介護とかで急用ができることあるよね。会社側に理解があって、それを従業員にも教育しないとダメだと思う。でないと主婦は長く勤務できない』

『子持ちのパートを雇うのは、ある程度子どもの体調不良で休むリスクがあることを踏まえて雇ってほしい』

ママたちの投稿から、今時点での現実をのぞいてみる

ただ、少なくとも今時点での働くママを取り巻く環境は、残念ながらママへの理解が不十分で人員確保も難しい職場があるようで……ママが不満を覚える働き方を余儀なくされる、という投稿もありました。雇用主側の事情も分からないワケではないけれど、近い未来ママへの負担が軽減されることを願わずにはいられません。
一方で、ママの立場に理解を示してくれる企業もたしかに存在するようです! ママが働くことに対し、ネガティブなイメージをもちすぎないようにしたいですね。

人員不足?責任者の配慮が足りない?ママたちが経験した「採用時と話が違う!」職場

『面接時に、子どもの体調不良で急な欠勤があることをしっかり伝えておいても、「必要なときには出て!」なんていう職場はいくらでもあるのが現実』

『求人に「家事・育児優先でOK」とあって、その約束で(しかも土日休み・子どもの行事優先で)採用された。でも実際は、仕事で子どもに留守番させたり、実家に預けて土日に出勤したり。「求人の内容と違う!」ってあるあるだよね……』

『前職のとき月1くらいで休む人がいた。子どもの体調不良で数日休むとか、本人も具合悪くて何日か欠勤とか。「仕方ないよね」と思ったけど、すごく忙しくてさ、正直イライラしてしまった』

ありがたいこと、この上なし!働くママへの理解が深い職場

『パートさんばかりだからか、みんな心配してくれるし、「お大事にね。お子さんとゆっくりしてね」って言ってもらえるよ。誰かが休んだら、みんなでその分頑張ろう、となる』

『スーパーでスタッフ総人数は9人、普段は4人でまわしているけど、誰かが休んでも、何も言わないよ。もし自分自身も具合悪いなら、休んで早く治すよう言われる』

今回の投稿により、筆者が痛感したのは「まだまだ働くママに厳しい現実がある」ということ。ママにとって、親としての仕事はもちろん、外で働くことも大切なことですよね。働くママに、より良い未来が待っていますように。そして、必要に応じて、今回のような雇用主側の不当な要求には声をあげていけたら、とも筆者は思いました。

文・福本 福子 編集・山内ウェンディ

関連記事

「働くママの急な休み」フォローする側の本音とは? #ママの働き方を考える
働くママにとって、子どもが体調を崩しやすい風邪の流行シーズンはヒヤヒヤします。もし子どもが体調を崩せば、じっくり子どもに寄り添いたいのに仕事が溜まっていったり、同僚に迷惑がかったりと、子どもと仕事...
「子どものための急な休み」あなたの職場は理解がある? #ママの働き方を考える
働くママが増えているとよく耳にしますが、厚生労働省の平成28年国民生活基礎調査によると、18歳未満の子どものいる世帯のうち、仕事をしているママは67.2%*という数字が出ています。正社員やパートなど働...
働くママが多い「海外の学童」はどうなっているの?ママの働き方とのバランスは?
女性の社会進出が進む海外。学童の現状は? 女性の社会進出が進み、学童を利用する家庭も多くなりました。それでも、学童に入れない待機児童の問題があったり、閉所時間に合わせてママが働き方を変えざるをえ...
参考トピ (by ママスタコミュニティ
こういう時くらい休ませてあげたらいいのに
仕事の欠勤を連絡した時の対応はどんな感じですか?