いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

10月初旬からインフルエンザワクチンが不足……ワクチン不足に陥るのはなぜ?

ワクチン

毎年10月が近づいてくると、ママたちの間でもインフルエンザワクチン接種についての話題があがりはじめます。いつ受けるか、どこで受けるか、金額はいくらぐらいか……などの具体的な話と同時に話題にあがるのは「インフルエンザワクチンの不足」についてです。2018年は例年以上にインフルエンザワクチンの不足が懸念されているという声が、10月初旬の段階から医療現場よりあがってきています。

緊急アンケートによるインフルエンザワクチンに関する調査

インフルエンザワクチンの不足に関しては、毎年1度は耳にする話ですが、2018年10月初旬に行われた「大阪府保険医協会」のアンケート結果をみると、例年よりワクチンの数が不足するのではないかという危機感を覚えずにはいられません。

医療現場から聞こえてきたインフルエンザワクチンの現状

大阪保険医協会では、2018年度のインフルエンザワクチンの入荷状況を調べるために、10月1日~10月5日にかけて、会員医療機関に緊急アンケートをおこないました。10月4日までに寄せられたアンケート数は550件。大阪保険医協会では今回のアンケート結果をもとに、厚生労働省に対して実態把握と、ワクチンの流通改善などを求める要望書を提出する予定としています。

10月初旬の段階でワクチンが足りなくなる可能性を懸念する声が

『10月中旬まで入荷はできない』

『10月は50%くらいの入荷になる』

アンケート結果からはすでにインフルエンザのワクチン供給が間に合っておらず、10月初旬の段階でワクチン不足の危機を感じているという声が医療現場からあがっています。アンケート結果からは、インフルエンザのワクチン接種実施時期は、早い所では10月初旬(26.5%)からで、最も多いのは10月中旬(42.5%)からということが分かりました。10月中旬までワクチンを入荷できないとなると、医療機関が最も必要とする10月中旬ごろにワクチンが足りない状況を迎えることになってしまいます。

ワクチンはなぜ不足するの?

アンケート結果をみると3割を超える医療機関がワクチン入荷の「めどが立たない」「納入量が少ない」と答えています。例年より格段に早い時期に医療現場からワクチン不足を懸念する声が上がっている要因には、ワクチン供給の仕組みに問題があることもあげられています。各医療機関へ供給するワクチンの納入量は、昨年の入荷数を基に算出しているのですが、昨年度はインフルエンザワクチンが大変不足し、思うように供給が行われなかった年だったのです。

2017年の実績は2016年度の3割減

2017年度は10月の時点でのワクチン供給量が、2016年度と比較すると3割程度少なくなってしまいました。つまり、昨年の実績どおりに納入となると、通常よりも少ない納入数からのスタートとなってしまいます。最初から少ない数を日本全国の医療現場で奪い合う形になってしまいかねません。このままでは入荷数が少なかった昨年同様、ワクチン接種を希望する方に接種ができないという二の舞が起こりかねません。医療現場からも「毎年振り回される。患者さんに迷惑がかかる」などの声も多くあがっており、医療現場と患者との関係悪化も懸念されています。

2017年度のワクチン供給が遅れた要因

インフルエンザのワクチンは元となるウイルス株を使い、春ごろに製造を開始します。ワクチンの製造に使用するウイルスは計4種類あり、国立感染症研究所の専門チームが毎年、次のシーズンにどのウイルスの流行が予想されるのかを選定しています。しかし昨年度はワクチンの製造が開始した後、使用した1種類のウイルスが想定より増加しにくい性質だということが判明しました。急いで別のウイルスを選定しワクチンの作り直しを行いましたが、当然供給は大幅に遅れるという結果になりました。

厚生労働省のインフルエンザワクチン供給における発表

厚生労働省はインフルエンザワクチンの供給に対し、例年並みの供給量を確保していると発表しています。また、10月当初は例年並みとなる約1千万本のワクチン供給を見込んでいるとしています。厚生労働省の提示した「例年並み」という数字が、医療現場で必要とされているワクチン供給量とあっていれば、ワクチンは不足することなく行き渡ることになるはずなのですが……。厚生労働省は、今シーズンのインフルエンザワクチンの見込み供給量は約2,650万本としており、昨年の2,491万本や、昨年を除く過去5年間の平均使用量2,592万本を上回っているので、ワクチンを適切に使用すれば不足は生じない状況だと考えているようです。

予防接種を検討している方は早めに医療機関に確認を

インフルエンザの流行期は、毎年11月下旬から12月上旬ごろに始まるといわれていますが、今年は季節外れのインフルエンザの大流行をうけ、いつもより早めにワクチン接種を受けようと考えている方も増えているようです。もしインフルエンザワクチンの予防接種を受けようと検討されている場合は、早めに予防接種をうけたい医療機関へ確認をしてみるほうがいいかもしれません。ワクチン接種が必要な時期に、必要な方たちにきちんと接種できるようになることを願うばかりです。

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

9月に都内で「インフルエンザ」による学級閉鎖……流行期に向けて今すぐ始めたい対策のポイント
朝晩の気温も低くなり始めた9月に驚きのニュースが入ってきました。それはインフルエンザによる学級閉鎖が発生したというものです。インフルエンザの流行期はまだまだ先だったような……まだ秋が始まったば...
抗インフルエンザ薬「タミフル」10代に対する使用制限が2018年5月に解除へ。異常行動との因果関係や今後の安全対策について
インフルエンザの治療薬にはいくつかの種類が存在します。その中で、「タミフル」の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、2007年に服用後の異常行動が相次いだことにより、10代に対する使...
2018年は「インフルエンザB型」に要注意!医師が教える「インフルエンザ予防」と子どもの「異常行動」への対処法
「予防接種(ワクチン)を打つ」「人ごみには行かない」「手洗いをする」など、インフルエンザから家族を守るために、ママも神経をすり減らしていることでしょう。 厚生労働省「国内のインフルエンザウイ...