いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』は2019年3月1日公開。直木賞作家・辻村深月さんが手がける脚本と完全書き下ろし小説にも注目!

Print

ちびっこから大人まで、幅広い世代に長く愛されている「ドラえもん」の映画が、来年の春に公開が決定しています。2019年3月1日公開となる『映画ドラえもん のび太の月面探査記』では、直木賞作家として有名な小説家、辻村深月さんが脚本を手がけたことでも話題になっています。その辻村深月さんが映画公開に先駆け、同名の小説を書きおろすことが決定しました。発売は2019年2月7日ごろを予定しているそうです。

脚本と小説を手がける「辻村深月」さんとは

2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で第31回メフィスト賞を受賞しデビューした辻村深月さんは、2011年に『ツナグ』で第32回吉川英治文学新人賞も受賞し、2012年には松坂桃李さん主演で映画化、公開後は11万人を動員する大ヒット作となりました。同じ年には『鍵のない夢を見る』で第147回直木三十五賞を受賞。最近では2018年に『かがみの孤城』で第15回本屋大賞第一位を受賞しさらなる関心を集めています。

辻村深月さんの作風

辻村深月さんの作風は、中高生の微妙な心の動きを緻密に描き、思春期特有の危うげで繊細な揺れ動く気持ちに透明感を加えた文章が特徴的です。辻村さんが創り上げる作品は、登場人物が別の作品に登場することも有名で、これは「藤子・F・不二雄」の世界観から影響を受けているそうです。「藤子・F・不二雄」の影響を受けていることがよくわかるのは「凍りのくじら」という作品で、章タイトルのすべてが「ドラえもん」のひみつ道具となっています。

実は「熱烈なドラえもんファン」

辻村深月さんが『映画ドラえもん のび太の月面探査記』の脚本を担当するに当たり話題になったのは、ご自身が「熱烈なドラえもんファン」であることを公言されていることでした。著書の章タイトル「すべて」にドラえもんのひみつ道具を充ててしまうほどですので、辻村深月さんのドラえもんへの愛が、ひしひしと伝わってくるようです。ファンだからこそ描ける新たな「ドラえもん」の世界がどのようなものになるかでファンのみならず注目を集めています。そして今回、映画脚本だけではなく、完全書下ろしの「新作」となる小説も販売されることになったのです。

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』とは

物語は「月面探査機」が捉えた「白い影」が大ニュースになったことから始まります。捉えられた「白い影」をのび太は「月のウサギだ!」と主張しますが、みんなから笑われてしまい誰も取り合ってくれません。そこでのび太は、ドラえもんが出したひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って、月の裏側に「ウサギ王国」作ろうと動き出します。そのような矢先、のび太のクラスに「謎の転校生」が現れて……。今回の映画のロゴはドラえもんが可愛いピンクのウサギの耳をつけ、三日月に腰かけている姿がモチーフとなっています。このウサギとは、のび太の思い描く月のウサギとかけられているのかもしれません。昔から聞かされてきた月にウサギがいるかもしれないという物語に、辻村深月さんが新たな息吹を吹き込む新作となっています。

辻村深月さんの「映画ドラえもん」にかける思い

小さいころから、ドラえもんが大好きだったという辻村深月さんですが、映画の脚本と小説を描くことについては「恐れ多い」と感じていたそうです。プレッシャーなどからの緊張でがちがちになっていたとき、ふと思いついた冒険の舞台、それが「月の世界」でした。大好きなドラえもんたちと月の世界に行けたらと思い最初の一行を書いたところ、あとからあとからイメージがあふれ出し物語が動き出したのだそうです。月の世界とドラえもん、どのような物語になるのか、「一緒に楽しんで貰えると嬉しいです」と辻村深月さんは語っています。

「映画ドラえもん×辻村深月」が織りなす物語に注目!

直木賞作家が手掛けるドラえもんの世界とはどのようなものなのか、想像するだけでワクワクしてきませんか? 大人から子どもまで幅広く愛され続けるキャラクター「ドラえもん」と、子どもの心の機微を繊細に描き、若者から大人まで幅広く共感を集めている直木賞作家・辻村深月さん。二つがコラボして、どのようなハーモニーを生み出すのか今から楽しみですね! 2019年の春は小説と映画、二つの「ドラえもん」を楽しんでみてはいかがでしょう?

2019年2月7日(木)ごろ発売予定
小説『 映画ドラえもん のび太の月面探査記』
原作:藤子・F・不二雄 著:辻村深月
予価 四六版 1,800円+税
ジュニア文庫版 700円+税 小学館刊

文・櫻宮ヨウ 編集・山内ウェンディ

関連記事

あの「ひみつ道具」があったらいいな……!ママたちの子育てを助けてくれる「ドラえもんの道具」とは #産後カルタ
子育てはいつもママやパパの思い通り、理想通りにはいきませんね。時に親は睡眠時間や食事の時間を削って子どものお世話をすることもあります。誰かに助けを求めたくても身近に誰もいないことも……。 ...
イヤイヤ期対策のアイディア「ドラえもんのポケット作戦」ママを助けるひみつ道具がたくさん #SNSウォッチ
お子さんのイヤイヤ期に手を焼いている……というママさんたちに、一人のママのとってもステキなアイディアをご紹介します。 その名も、「ドラえもんのポケット作戦」。 くらしと育児のブログ「つづる...
箱の中からドラえもんが顔を出す!「ドラえもんバンク」クリスマスプレゼントにいかが?
子どもがおもちゃやお菓子などモノをたくさん欲しがるようになれば、それに伴ってお金の大切さや貯金の習慣を身につけていってほしいもの。貯金の習慣を身につけるための道具といえば、貯金箱です。お小遣いをコツコ...