いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

事前予約不要、15分で駆けつけるベビーシッター「ここはぐnow」とは?無料トライアルキャンペーン実施中!

pixta_20042826_M

育児に奮闘するママとパパのもとに駆けつけ、子どもたちに寄り添うことを理念としている「株式会社ここはぐ」が現在、即日予約・短時間専門となる、日本初UBER型ベビーシッターサービス「ここはぐnow」を開発しています。今回「ここはぐnow」の試用提供開始に伴い、無料トライアルキャンペーンの実施が発表されました。

「ここはぐnow」とはどんなサービス?

sub1
「ここはぐnow」は、SNSアプリ「LINE」を利用してベビーシッターを依頼できるサービスです。操作はなんと2タップで完了という簡単さ。さらに驚きなのが、依頼完了後、最短15分で駆けつけてくれるスピーディーさです。

事前予約不要で必要なときに気軽に利用できる

「新感覚のベビーシッターサービス」をうたう「ここはぐnow」では、従来のベビーシッターサービスでの“困った”を解決してくれます。既存のベビーシッターの多くが「事前予約」が基本となるものが多く、気軽にベビーシッターを依頼できるとはいい難かったのではないでしょうか。「ここはぐnow」では事前予約不要、急な依頼もできるのでママたちも大助かりです。このように、ママたちのお困りポイントをクリアすることで、もっと気軽にサービスを利用して貰えるようになっています。

ベビーシッター料金以外にかかるお金や支払い方法

「ここはぐnow」では入会金やベビーシッターさんの派遣費用などは一切発生しません。必要なのは利用時間に応じた利用料金のみです。利用料金については1時間3,000円から始まり、2時間6,000円、3時間9,000円と設定されています。急な延長をお願いしたい場合は、15分から1時間であれば対応可能となりますので、何かあればすぐに相談してみましょう。決済方法はサービス利用後にクレジットカードで支払いをおこないます。

依頼後最短15分で駆けつけてくれるシステム

「今すぐお願いしたい」そのようなママやパパたちのニーズに迅速にこたえてくれる「ここはぐnow」では、ベビーシッターを依頼したご家庭の位置情報をマッチングするシステムを構築しています。そうすることで、依頼後に最も早く到着できるベビーシッターを派遣することが可能となったのです。迅速に駆けつけられるようになったことで、ママの急な体調不良や突発的な用事などをはじめ、体や気持ちのリフレッシュなどにも気軽に利用できるようになりました。育児の中で起こる、あらゆる“困った”に寄り添いたいと考え続けた「株式会社ここはぐ」だからこそのサービスといえるでしょう。

※なお、現在は試用版の運用ですので、サービス提供エリアが限られています。恵比寿ガーデンプレイスタワーから1.5km圏内であれば、サービスの利用が可能です。

どんなベビーシッターさんがいるの?

依頼後、迅速に駆けつけてくれるのは「保育学生」です。学生といっても保育の道のスペシャリストを目指す方ばかりで、子どもたちに寄り添った保育を心がけているそうです。保育歴5年を軽く超える経験者や「保育の東大」と名高い大学に籍を置く学生さんなどが多数在籍していますので、安心して利用できそうです。

ベビーシッターが3時間無料のトライアルキャンペーン実施中

「ここはぐnow」は2018年7月1日から試用提供開始となりました。それに伴い2018年9月10日より3時間のベビーシッター料金が無料となるトライアルキャンペーンを実施しています。このキャンペーンでは、通常3時間で9,000円ほどかかるベビーシッターの料金が無料になるクーポンがプレゼントされます。トライアルクーポンを貰うには、「ここはぐnow」のサイトより本登録を行い、「ここはぐnow」を依頼した方全員に、トライアルクーポンが自動でプレゼントされる仕組みとなっています。子育てに奮闘中のママにはぜひ利用して欲しいサービスです。

※なお、トライアルクーポンにつきましては、おひとり様1回までのご利用となります。

アンバサダーキャンペーンも同時開催中

トライアルキャンペーンと同時に実施されている「アンバサダーキャンペーン」も見逃せません。「ここはぐnow」をお友達に紹介し、そのお友達が「ここはぐnow」の「LINE@」への登録を済ませてくれると、紹介したママに1,500円offとなるクーポンが発行されます。さらには登録してくれたお友達が、初回無料で「ここはぐnow」のサービスを利用すると、紹介したママにもサービスを1回無料で受けることができるクーポンも付与されます。ママ友などと一緒にお得に利用するのもよさそうですね! アンバサダークーポンについては、紹介人数に制限はなく、何度でも利用することが可能です。

「ここはぐnow」立ち上げの背景


育児の楽しさや大変さは人それぞれではないでしょうか。笑顔で乗り切れることもあれば、ついついうつむき加減になってしまうことも。子育てをしていると常に「育児ストレス」が隣り合わせということもあるかもしれません。近くに頼れる人もいなくて困っているママも少なくないでしょう。自分が病気や怪我をしてしまったら……、不安は増える一方です。そのような悩みや不安が続くとママ自身、心身ともに疲れが溜まってしまいます。
「ここはぐnow」は、このような孤立しがちであったり、助けが必要な子育て世代のママたちに少しでも休息時間を提供したいと考えてサービスを開始しました。ママやパパが笑顔で子育てができるようになれば、それは子どもたちにとっても素晴らしい世界ではないでしょうか?

便利なサービスを利用して、心身ともにリフレッシュしよう!

「ここはぐnow」は13時~23時の間で最短1時間から、最長4時間まで、ご自宅で子どもの面倒を見てくれる大変便利なサービスです。例えば美容室や歯医者に行きたい、些細な所用でも大丈夫。カフェで一息してリフレッシュするのもいいですね。寝かしつけが大変な子どもの寝かしつけを変わって欲しいと1時間だけ依頼したり、買い出しへ行く間、不機嫌になってしまった子どもをみていて欲しいなど、利用するための理由はさまざまです。便利なサービスを上手に利用して、育児の息抜きをしてみてはいかがでしょう?

文・櫻宮ヨウ 編集・木村亜希

関連記事

月額上限28万円まで!?東京都が「ベビーシッター補助制度」を新設予定
「子どもを預けて働きたいけど、保育園に入れない。どうしても働きたかったら高いベビーシッター代を出して仕事を見つけるしかない」。こんなママも多いのではないでしょうか。「働きたいけど、子どもがいる...
育児休業中にやっておけば……!仕事の復帰前に必要な「ワーママの準備」とは
育児休暇中で赤ちゃんとの時間を満喫しているママの中にも、仕事復帰に備えてさまざまな準備を進めている方もいらっしゃると思います。しかしいろいろな情報はあるけれど、なかなか現実味がわかないもの。職...
2019年10月からの幼児教育・保育無償化「共働き家庭・シングルで働いている家庭」に該当する子どもと上限は?「幼稚園・保育所・認定こども園・認可外保育園別」別にご説明
※画像は「幼稚園、保育所、認定こども園以外の無償化措置の対象範囲等に関する検討会 報告書」(内閣官房ホームページ)(PDF)より引用 赤枠は筆者による 2019年10月からの「幼児教育・保育無...