いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

高齢出産のメリット・デメリット!不妊治療の内容とかかる費用とは 


ママたちのなかで意外と多いのが2人目不妊。どのくらいのタイミングで病院に行ったらいいの? パパは一緒にいったほうがいい? 検査はいくらくらいかかるの? ママたちの気になる点について、杉山産婦人科の杉山力一院長先生に伺いました。

prof_sugiyama

40歳で染色体異常を発症する確率は35歳のときの2倍以上

――ママスタセレクトの読者の方々は、30代から40代のママが多く、2人目不妊で悩む人もいます。

2人目不妊の原因は、セックスレスです。回数の問題というよりも、排卵日がちゃんとわかっていなくてタイミングがズレているという人が多いです。半年間、排卵日を見て、そのあたりにして妊娠しないのであれば、一度病院にいって診てもらったほうがいいと思います。チャンスが6回あって6回とも妊娠しないのは問題があるかもしれません。

――30歳での妊娠と、35歳で妊娠したとき、受ける検査は違いますか?

同じです。ダウン症を含めた赤ちゃんの染色体異常の発症率が、30歳と35歳だったら35歳のほうが気持ち増える程度です。ただ35歳と40歳だと、40歳のほうが染色体異常を発症する確率が2倍以上高くなります。流産も含めてですが。年齢が上がるほど、妊娠がしにくくなり、流産や異常が出やすくなるという特徴があります。

――高齢出産はデメリットばかりが注目されがちですが、メリットはありますか?

医学的に見たらメリットは何もありません。生活面としては、学費をかけられるというのはあるとは思いますが、それは医学的なメリットではありません。よく「高齢出産で生まれた子どものほうがIQが高い」という論文がありますが、それは親が子どもの教育にお金と時間をかける余裕があるからです。高齢になって苦労してできた子どもだから手をかけたいという気持ちもあるでしょう。ただ、医学的に見た場合は、出産を望むのであれば早く妊娠したほうがいいですね。

不妊治療はどのようなステップで行われるの?

――病院を受診した場合、どのような流れで不妊治療を進めるのでしょうか。

卵子、卵管、精子などの検査から始まります。

――パパも一緒に検査するんでしょうか?

もちろんです。女性はもちろんのこと、パートナーとなる男性も一緒に検査しますよ。そもそも精子が元気じゃなかったら検査してもムダになります。女性はいろんな検査をしなければいけませんが、男性は精子が元気かどうかの検査だけです。

――パパの場合、嫌がる人もいるのでは?

いますよ。でも、そうすると「そもそも本気で子どもを欲しいと思っているんですか?」ということになりますよね。それは夫婦の問題です。嫌がる人は多いけど、本当に検査をしないのは1割未満。男性の場合は、容器を持って行って家で精子を取ってもらえばいいんですよ。それか排卵日にセックスして、女性のおりものからちょっと取ってみる。おりものから取るからざっくりとしかわかりませんが、精子がいる、いないくらいはわかります。

治療の流れと、かかる検査費用について

――この検査は自費ですか?

自費です。精液検査なら2000円~5000円くらいでできますよ。女性の場合は、いろいろな検査をするから3~7万円くらいかかります。

――男性のほうに問題がないとして、女性はどのような検査をするのでしょうか?

卵管の検査、ホルモンの検査などです。これは人によってどんな検査が必要なのか変わってきます。

おもな検査としては、精液検査、各種ホルモン検査、クラミジア抗体検査、感染症各種検査、AMH血液検査などがあります。
また、不妊ドック(検診)では、超音波検査、子宮卵管造影検査、子宮鏡検査、精液検査、感染症検査、クラミジア抗体検査、ホルモン検査などを行います。

――治療の流れはどのような感じですか?

まずは超音波検査で排卵日を見ます。そのあと人工授精、体外受精という流れになります。体外受精の場合は排卵誘発剤、ホルモン検査などを行うことになります。

不妊治療に関しては居住区の自治体に補助がないかを確認

――東京都から補助金が出るそうですね。

そうです。東京都在住の患者さんであれば、初診時に女性34歳以下の場合は、不妊検査に5万円までの補助が出ます。体外受精を行う場合は、ご夫婦の所得額が手取りで730万円未満の場合は自治体により30万円(初回)の助成金がでます。さらに、追加で5万~10万円支給される区もあります。こちらはお住いの自治体に問い合わせてみてください。

取材・編集部 文・間野由利子 編集・山内ウェンディ イラスト・天城ヨリ子

関連記事

もしかして2人目不妊!?「first call」に悩むママの声が多数 
「そろそろ2人目がほしいな」と、なんとなく考えているけど、体のことで気になることが……。 2人目の妊娠を望んでいるにも関わらず、1年半たっても生理が始まらない、 妊娠を希望しているけれど頭痛薬...
つらい不妊治療の末に授かった我が子なのに……イライラしてしまう現実に悩むママ
「子どもを授かる」ということが、決して簡単ではないことを知っているママたちは、たくさんいるでしょう。今回、ママスタBBSに寄せられた投稿も、長い間不妊治療を頑張ってきたママからでした。 現在1歳...
友達が「不妊」 周りの友人から聞かされた場合の振る舞い方は?
結婚したら「次は、子どもだね」。1人目が産まれたら「2人目はいつ?」などと、何気ない会話の中で、そんな風に言われたことはありませんか? 実際のところ、こうした質問は夫婦間のセックスレスや子どもを...