いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

楽しく踊って便秘解消!?お腹をググっと刺激できる『かんちゃんうんち体操』は2018年8月24日(金)より公開

01

ママが便秘になってしまったとき、お腹が張ったり食欲が落ちたりして辛い思いをしますよね。それは大人に限った話ではなく、子どもにも起こりうることです。子どもの便秘も放っておくと苦痛を伴ったり、だんだん状態が悪くなったりして治療が必要になるケースも。でも便秘を解消しようにも“どうアプローチしたらいいかわからない“というママもいるかもしれませんね。

わが子は大丈夫?意外と知られていない子どもの「便秘」

どんな状態になると“便秘”といわれるのでしょうか。医学的には「週に3回より少ない回数や5日以上出ない状態が続く」、「便が毎日出ていても出すときに痛みを訴えて肛門から出血してしまう状態」を便秘というそうです。子どもがお腹を痛がるとママは心配ですよね。食事の工夫や便秘に良いという体操やマッサージで辛い症状を軽減できれば良いのですが、便秘が続いて心配な場合は病院の受診も検討してみましょう。

愛らしいゆるキャラと楽しく踊ろう!遊びながら便秘解消も夢じゃない?

04

子どもの心をわしづかみにして、便秘解消が期待できる『かんちゃんうんち体操』が2018年8月24日(金)に公開となりました! イチジク浣腸でおなじみのイチジク製薬会社の親善大使である「かんちゃん」をはじめ、元保育士で遊びダンスの作家としても活躍中の「福田りゅうぞう」さんらが登場して盛り上げてくれている体操なのです。

便秘解消を期待できる体操は医師が監修!

『かんちゃんうんち体操』はさいたま市立病院非常勤医師で、書籍『赤ちゃんからはじまる便秘問題』の著者である中野先生が振付を監修。中野先生からアドバイスを受けながら動きやポーズを考案したのは、動画に歌のおにいさんで出演している福田りゅうぞうさんと、トイレマークマンとして出演している小沢かづとさんです。子どもが好きなジャンプやお尻を左右に振る動作など「7つのうんち出るかも!? ポーズ」で構成された体操で、子どもが飽きずに楽しめるようになっています。『かんちゃんうんち体操』は練習用の動画も同時に公開されているので、最初のうちは子どものペースに合わせて進めることもできますよ。

トイレに行くのが楽しみになる?クセになる歌詞とメリハリのあるメロディにも注目

リズミカルな歌詞とメロディで、便秘解消が目的の体操ということを忘れてしまいそうな『かんちゃんうんち体操』。歌詞は「じゃんじゃん」や「プリプリ」、「プープープー」など子どもでもすぐに歌えるフレーズが満載! メロディはアップテンポとスローテンポが絶妙なバランスで、メリハリが利いています。約2分弱という短さも子どもが楽しんで取り組めるポイントになってくれるかもしれません。一度聞いたらクセになって忘れられない歌詞とメロディにも注目しつつ、ぜひ親子で楽しみながら踊ってみてくださいね。

『かんちゃんうんち体操』
作詞・作曲・振付:福田りゅうぞう(歌のおにいさん)、小沢かづと(トイレマークマン)
編曲:出川和平
歌:福田りゅうぞう・小沢かづと・山田リイコ
振付監修:中野美和子先生(さいたま市立病院非常勤医師)

文・藤まゆ花 編集・木村亜希

関連記事

便秘に苦しむ7か月の娘が医師に言われた衝撃のひとこと
ある日、いつものようにウンチをいきみだした娘が、今までに見たことのないくらいの真っ赤な顔をしてものすごい勢いで泣きはじめたのです。 「赤ちゃんの血」を見ることが滅多になか...
ウンチの回数が多い?新生児のお世話が「育児書の通り」じゃなくて不安 #産後カルタ
誰しも初めて経験することには戸惑うものです。中でも育児は戸惑うことが多い経験のひとつかもしれません。というのも、赤ちゃんひとりひとりの個性によってお世話の仕方が異なるからです。 「赤ちゃ...
妊娠中に悩まされる手強い便秘。先輩ママが実践した本当に効果のあった方法とは?
妊娠中はさまざまな体の不調に悩まされますが、中でも便秘に悩むママは多いのではないでしょうか? ママスタにも、妊娠中の便秘に悩むママが投稿。実際に効果のあった便秘解消法を尋ねていました。先輩ママた...