いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

entertainment

NHK『みんなのうた』2018年8-9月の新曲にSuperflyが中学生のために書き下ろした『Gifts』登場

pixta_24471122_M (1)

NHK『みんなのうた』2018年8-9月の曲として、Superfly『Gifts』がオンエア中です。中学生だった頃の自分に向けて、そして悩める中学生たちに向けて、想いを込めてメッセージを放つ曲。「第85回NHK全国学校音楽コンクール中学校の部」の課題曲として書き下ろされました。

2018年「Nコン」中学生向けの課題曲として誕生

「Superfly」は力強い歌声が印象的な越智志帆さんのソロプロジェクトです。これまでにもドラマ主題歌となった『愛をこめて花束を』や、NHKサッカーテーマソング『タマシイレボリューション』など、数々の名曲を世に送り出してきました。越智志帆さんは2016年7月より喉の不調で休養されたのち、昨年末の「NHK紅白歌合戦」でステージに復帰。NHKホールに響き渡ったパワフルな歌声が感動を呼びました。

今回の『Gifts』は、「第85回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部の課題曲として提供された楽曲です。このコンクールは通称「Nコン」と呼ばれ、これまでにもいきものがかり・水野良樹さんの『YELL』やアンジェラ・アキさんの『手紙』など、さまざまなアーティストによって課題曲が生み出されてきました。今回のSuperfly『Gifts』も、定番の合唱曲として長く歌い継がれることになりそうですね。

Superflyから中学生に贈る前向きなメッセージ

『Gifts』はSuperflyが初めて自分以外に向けて書き下ろした曲です。「Nコン」に寄せられたご本人のコメントによると、課題曲を提供するにあたっては、中学生が「こういう曲があったら絶対、歌いたい」と思えるような曲を作りたいと思ったそうです。

『この曲を歌うことで、「私にはこれがあるし、これもある。自分は生まれた瞬間から、いろんなものを持っているんだ!」と、ポジティブな気持ちになれるような歌』

特にキーワードとなっているのが歌詞のなかの「あるから」という言葉。繰り返し何度も使われているフレーズで、自分を肯定する気持ちが込められています。『みんなのうた』で流れるSuperflyのオリジナルバージョンでは、自らこの言葉に思いを込めて歌ったそう。全国の中学生にも、ぜひこの「あるから」という言葉を強調して歌ってほしいとのことでした。

NHK『みんなのうた』は総合テレビ・Eテレ・NHK-FM・ラジオ第二の各チャンネルで放送中。テレビでは優しい色づかいで躍動感のあるアニメーション映像とともに流されています。またラジオにも『Gifts』の放送枠があります。ぜひSuperflyの力強い歌声が伝えるメッセージを受け取ってくださいね。

文・井伊テレ子 編集・木村亜希

関連記事

Eテレ『みいつけた!』千葉公演が8月5日(日)放送! サボダイゴさんが3年ぶりにステージ登場
NHK Eテレ『みいつけた!』のキャラクターや出演者が、舞台上で歌って踊ってコントも見せる楽しい「みいつけた!ステージでショー」。コッシー・スイちゃん・サボさん・オフロスキーなどいつものメンバ...
Eテレ『ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン』2018年夏のキャンプスペシャル放送
NHK Eテレの子ども向け料理・食育番組『ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン』は毎週月曜から金曜までの17:45~17:55に放送中です。主人公は、食卓を壊そうとやってくる怪人と戦う小学生、ア...
Eテレアニメ『おしりたんてい』より、第1弾DVDが8月22日(水)にププっと発売!
(C)トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会 大ヒットシリーズの児童書『おしりたんてい』は、探偵が活躍する推理ストーリーでありながら、なぜか主人公の見た目が「おしり」!? 子どもたちが喜び...