いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「じゃがりこ」ブランドに『えだまりこ うましお味』が仲間入り!2018年7月16日(月)より順次全国で販売開始

main

カルビー株式会社から発売されている「じゃがりこ」は、食べ応えのあるザクザクとした食感が楽しめるスナック菓子です。1994年にじゃがスティックという名前で販売開始となり、翌年には現在の「じゃがりこ」の原型が誕生。1995年に新潟で販売が開始され、その後約3年かけて全国展開されました。そして発売から20年が経過した今も、「じゃがりこ」は子どもから大人まで親しまれています。

そんな「じゃがりこ」ブランドから新たに『えだまりこ うましお味』が2018年7月16日(月)より販売が開始されました。

『えだまりこ うましお味』は2018年7月16日(月)より順次全国展開へ

2018年7月16日(月)に関東エリア(山梨県を含む)で販売開始となった『えだまりこ うましお味』は主原料に枝豆を丸ごと使っているので、噛むほどに塩ゆでした枝豆の自然な旨味が「じゃがりこ」と同じ食感で楽しめます。スティックの緑色は、枝豆本来の自然な色味ということでこだわりが感じられます。スティックは女性でもひと口で食べられるサイズで、食べているときの“ザクザク”という音も抑えられるように作られています。

パッケージはチャック付きの袋タイプで「ちょこっと食べ」ができるうえに、コンパクトなサイズ感で持ち運びにも便利なのがうれしいですね。

IMG_9697

そして『えだまりこ うましお味』に似た『とうもりこ 塩ゆでコーン味』という商品もあります。『とうもりこ 塩ゆでコーン味』は2018年4月16日(月)から関東エリア(山梨県を含む)で販売が開始され、6月中旬くらいまでに全国へ販売エリアが拡大されました。主原料はスイートコーンが丸ごと使われていて、とうもろこし本来の甘さも味わえますよ。

<商品概要>
■商品名:えだまりこ うましお味 ■内容量:35g
■発売日:
2018年7月16日(月)関東エリア(山梨県を含む)
2018年7月30日(月)中部エリア(静岡県を含む)・近畿エリア
2018年8月20日(月)北海道・東北・信越エリア
2018年8月27日(月)中国・四国・九州エリア
■販売エリア:全国

『えだまりこ うましお味』を実際に食べてみた!

IMG_9696

筆者も発売日に『えだまりこ うましお味』を購入してきました。店頭では袋タイプのパッケージながら、立てて陳列されていたのですぐに見つけることができました。小ぶりなパッケージで食べている途中でもチャックで閉じて一時保管することができます。子どもがいきなり何かを食べたいと言い出した場合でも、ママたちのバッグに潜ませておける良いサイズ感がポイントです。

IMG_9719

購入後、開封してみると枝豆の香りが漂い、鮮やかな緑色のスティックが袋の中にびっしりと並んでいました。スティックのサイズは「じゃがりこ」よりも短く、食感は「じゃがりこ」に似ているもののサクッと軽い感じがしましたよ。

『えだまりこ うましお味』を食べたわが子はおいしいと言って食べていましたが、少し渋味も感じたようです。私自身が食べる分には気にならず、お酒を飲む方のおつまみとしても合うかもしれないと思ったほどでした。わが子はどちらかというと一緒に購入した『とうもりこ 塩ゆでコーン味』の方が、ほんのり甘みがある味わいで好みだったようです。

「じゃがりこ」も親子で味わえるお菓子ですが、同ブランドから販売が開始となる『えだまりこ うましお味』も候補に加えることができそうです。みなさんもよかったら「じゃがりこ」と『えだまりこ うましお味』や『とうもりこ 塩ゆでコーン味』を親子で食べ比べてみてくださいね。

文・藤まゆ花 編集・木村亜希

関連記事

「キャラものは嫌」小学3年女子が新しいプールバッグをおねだり。周りが気になる年頃、あなたなら新調する?
いよいよ夏本番! 子どもたちは水あそびが楽しい季節ですね。プールといえば、水着やタオルのほか、それらを持ち運ぶプールバッグも必需品です。 ママたち大人にとってはたかだかプールバッグ、あまり重...
定価で買うより断然お得。新幹線の料金を安くする方法は?
家族みんなで新幹線を使って行楽に出かけたり、帰省したりするのは楽しいけれど、家族全員分の交通費を考えると、けっこうな出費になりますよね。少しでも節約するのにはどうしたらいいのでしょうか? 生活コスト削...
薬剤だけでなく「アシダカ軍曹」も効果的!?ママたちのG対策とは
暑さが増してくると気になるのが身近に発生する虫たち。コバエならまだしも、見るとゾッとするのが、黒くて動きが早くなかなか捕まえられないアレ……そう、ゴキブリです(以下Gと記載いたします)。どんな...