いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

受けられる期間が限られる「ロタウイルス」の予防接種!詳しく知っておこう

pixta_40526764_M

産まれて間もない赤ちゃんはまだ言葉を話すことができません。ママやパパをはじめとした家族は赤ちゃんの顔色や機嫌、うんちやおしっこの状態を見ながら赤ちゃんの体調を管理していくことになります。中でもうんちは赤ちゃんの体調を推し量る貴重なバロメーターのひとつかもしれません。下痢をしていないか、回数は、便の柔らかさは……、などと家族が気にすることは少なくありません。今回はうんちが関わる「ロタウイルス」について詳しく解説していきます。

「ロタウイルスによる胃腸炎」とは

厚生労働省のHPによると、「ロタウイルスが引き起こす胃腸炎」とは、

『ロタウイルスによって引き起こされる急性の胃腸炎で、乳幼児期(0~6歳ころ)にかかりやすい病気です。ロタウイルスは感染力が強く、ごくわずかなウイルスが体内に入るだけで感染してしまいます。ふつう、5歳までにほぼすべての子どもがロタウイルスに感染するといわれています』

とされています。

ロタウイルスが原因となる胃腸炎の症状については、

『主な症状は、水のような下痢、吐き気、嘔吐(おうと)、発熱、腹痛です。脱水症状がひどくなると点滴が必要となったり、入院が必要になることがあります。5歳までの急性胃腸炎の入院患者のうち、40~50%前後はロタウイルスが原因です』

とのこと。5歳までにほぼすべての子どものがロタウイルスに感染する、ということは感染は避けられないものなのかもしれません。重症化させないために「ロタウイルスワクチン」の接種が重要なのですね。

ロタウイルスによる胃腸炎の日本での発生状況とは

ロタウイルスによる胃腸炎の日本での発生状況は、

『就学前の子どもの約半数がロタウイルス感染症で小児科外来を受診するとされています。この推計に基づいて人口統計から患者数を計算すると、日本の患者数は年間80万人ぐらいで、そのうち15~43人に1人(26,500~78,000人ほど)が入院していると推計されています』

とのこと。入院にまでいたる人も少なからずいるようです。さらには、

『ロタウイルス性腸炎による死亡例は、日本国内で毎年2~18名が報告されています(平成12年~24年厚生労働省人口動態統計)』

亡くなってしまう人もいるとのこと。決して軽視してはいけないのですね。

ロタウイルスワクチンは「任意接種」

ロタウイルスワクチンは、「任意接種」の予防接種のひとつです。任意接種とは、国が予防接種法によって接種を定めておらず、予防接種を受けることそのものが保護者の判断にゆだねられている、という意味です。筆者が身近なママ友さんたちにリサーチしたところ、ロタウイルスワクチンの予防接種を受けていない、という人が少数ですが、いました。

ロタウイルスワクチンの予防接種には健康保険は適用されず、全額自己負担になります。自治体によってはロタウイルスワクチンの予防接種にあたり、補助が出るケースもありますので、詳しくはお住まいの自治体の担当部署に問い合わせてください。

「ロタウイルスワクチン」の種類

「ロタウイルスワクチン」には、ロタリックス(RV1)とロタテック(RV5)の2種類があります。 どちらのワクチンを接種するかによって接種回数が異なります。どちらのワクチンも病原体を弱めて作られた生ワクチンです。

ロタウイルスワクチンの特徴と接種スケジュール

国立感染症研究所「ロタウイルス感染性胃腸炎とは」より表を抜粋

ロタウイルスワクチンの推奨される接種開始時期

推奨される接種開始時期は、

『生後6週以降生後14週6日までに行う』

ですが、2016年10月1日版「日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュール 標準的接種期間、日本小児科学会の考え方、注意事項」によると、

『初回接種は 8 週-15 週未 満を推奨する』

とのことです。生後6週からロタウイルスの予防接種が可能であるのに、生後2ヶ月にあたる生後8週からが推奨されている理由のひとつは、ロタウイルス以外の、定期接種を含めた予防接種と同時接種することができるからです。何度も予防接種に通うことは予防接種を受ける赤ちゃんだけでなく、保護者にも医療関係者にも負担がかかります。予防接種に関係する人々の負担を減らすためにも同時接種が推奨されているわけですね。

ロタウイルスの予防接種は接種可能期間があり、期間を過ぎると受けられなくなります(期間はワクチンによります)。

ロタリックスとロタテック、どちらのワクチンを打つのか

ロタリックスとロタテック、どちらのワクチンを打つかは、かかりつけのお医者さんと相談、ということになります。

筆者の場合、どちらかのロタウイルスワクチンを筆者が選んだのではなく、かかりつけのお医者さんが決めてくれました。筆者のママ友さんたちにどちらを接種したか聞いたところ、ロタリックスを接種したお子さんとロタテックを接種したお子さんの割合はほぼ半数ずつくらいという結果でした。また、どちらのワクチンを接種するかはかかりつけのお医者さんが決めていた、というケースがほとんどでした。

やはり専門家である医師の判断に任せるほうが安心できるかもしれません。

予防接種スケジュール例

以下、生後2ヶ月(生後8週)に予防接種を開始する場合のスケジュールです。

ロタリックスの予防接種スケジュール例

ロタリックスの予防接種回数は合計2回です。

初回:生後2ヶ月(生後8週)
2回目:生後3ヶ月(生後16週)

初回の予防接種が終わったら、通常は27日以上の間隔をあけて2回目の予防接種を受けます。2回目のロタウイルスワクチンの予防接種は生後24週(生後6ヶ月)までに終わらせること、とされています。

ロタテックの予防接種スケジュール例

ロタテックの予防接種回数は合計3回です。

初回:生後2ヶ月(生後8週)
2回目:生後3ヶ月(生後12週)
3回目:生後4ヶ月(生後16週)

初回の予防接種が終わったら、通常は27日以上の間隔をあけて2回目の予防接種を受けます。さらに27日以上の間隔をあけて3回目の予防接種を受けます。3回目のロタウイルスワクチンの予防接種は生後32週(生後8ヶ月)までに終わらせること、とされています。

「ロタウイルスワクチン」を接種することで起こりうる副反応とは

ロタウイルスワクチンの特徴のひとつが、「経口ワクチン」すなわち注射するのではなく口から飲むタイプの予防接種ということです。とはいえワクチンには変わりないので、副反応が起こることも考えられます。

ロタリックスの副反応としては、下痢や咳、鼻水などの症状がみられるケースがあるとのこと。ロタテックの場合は、下痢や嘔吐、発熱、胃腸炎が見られるケースがあるとされています。いずれも一過性の症状であり、数日で回復するものがほとんどであるとのことです。もし、症状が続くようなら予防接種を受けたお医者さんに相談してくださいね。

ごくまれに「腸重積症」が発生するケースもあるので、予防接種の際にお医者さんに注意されたことはよく覚えておきましょう。

「ロタウイルスワクチン」と同時接種できる予防接種

ロタウイルスワクチンと同時接種できるワクチンがいくつかあります。

生後2ヶ月

・ヒブ(Hib)
・B型肝炎
・肺炎球菌

生後3ヶ月

・ヒブ(Hib)
・B型肝炎
・肺炎球菌
・四種混合(DPT-IPV)

生後4ヶ月(ロタテックの場合のみ)

・ヒブ(Hib)
・肺炎球菌
・四種混合(DPT-IPV)

ロタウイルスワクチンを接種するには自治体の補助を受けたとしても多少のコストがかかることになるでしょう。しかし任意接種とはいえ、ロタウイルスに感染した場合に重症化させないためには予防接種を受けるほうがいい、といえるのではないでしょうか。判断に迷ったらかかりつけのお医者さんに相談してくださいね。

文・しのむ 編集・しらたまよ

関連記事

生後2ヶ月から受けられる「肺炎球菌」の予防接種!詳しく知っておこう
赤ちゃんが産まれると生後2ヶ月ごろから「予防接種」がスタートします。厚生労働省が勧める標準的なスケジュールで生後2ヶ月ごろから受けられる予防接種のひとつが「肺炎球菌ワクチン」です。日常的なシー...
生後2ヶ月からで不安?「ヒブ(Hib)ワクチン」の予防接種について知っておこう 
初めてママになったとき、生後まもないうちから「予防接種を受ける」と聞いて驚いたママは多いのではないでしょうか? 厚生労働省が定めている子どもの予防接種には「定期接種」と「任意接種」の2種...
2018年は「インフルエンザB型」に要注意!医師が教える「インフルエンザ予防」と子どもの「異常行動」への対処法
「予防接種(ワクチン)を打つ」「人ごみには行かない」「手洗いをする」など、インフルエンザから家族を守るために、ママも神経をすり減らしていることでしょう。 厚生労働省「国内のインフルエンザウイ...