いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

entertainment

『いないいないばあっ!』より、詩人まど・みちおさんの作品にメロディをつけて歌う新曲『うさぎさんがきてね』登場

いないいないばあっ!

Eテレ『いないいないばあっ!』では、7月より新しく『うさぎさんがきてね』の歌が登場しました。詩人のまど・みちおさんによる詩に番組オリジナルのメロディをつけるという特別企画で、3月に登場した『くまさん』に続く第2弾となります。
まど・みちおさんの素朴でシンプルな詩に、かわいらしいアニメーションがついたほのぼのとした映像で、小さなお子さんにも親しみやすいですね。

作詞は『ぞうさん』や『やぎさんゆうびん』の詩人まど・みちおさん

『うさぎさんがきてね』の詩を書いたのは明治生まれの詩人まど・みちおさん。2014年に104歳で亡くなるまで、子どもたちのために数多くの詩や童謡を創作してきました。『ぞうさん』や『やぎさんゆうびん』、『ふしぎなポケット』、『ドロップスのうた』……。これらはみんな、まど・みちおさんによる作詞なんです。ママたちも子どもの頃に口ずさんだような、長く歌いつがれている有名な詩をたくさん作ってくれた方なんですね。

『いないいないばあっ!』では、まど・みちおさんの詩にオリジナルのメロディをつける特別企画をスタート。2018年3月には第1弾として『くまさん』を放送しました。山下真木子さんが作曲をし、西内としおさんがかわいらしいアニメーションを制作しています。その第2弾として登場したのが7月より放送されている『うさぎさんがきてね』です。まど・みちおさんが子どもたちに向けていたであろう、あたたかなまなざしが、メロディと映像をつけることであらためてよみがえってきたかのようです。

ひとりひとりが持つ大切な「名前」をテーマにした詩

『うさぎさんがきてね』の歌詞ではうさぎさんが「ピョンタちゃん」、すずめさんが「チュンコちゃん」という名前をつけてもらいます。番組のアニメーションでは名づけてもらって嬉しそうな、うさぎさんやすずめさんのかわいらしい笑顔も見られます。そこには、ひとりひとりが持つ「名前」はとても大切なものなんだよというメッセージが込められています。

この曲が初登場した7月2日(月)の放送では、歌にちなんでワンワン・うーたん・ゆきちゃんが自分の名前の由来を紹介するという一幕もありました。ワンワンは「犬だから『ワンワン!』って言うから、ワンワンです」と説明。うーたんは「うーたん、おうた、すきすきー!」と話し、歌が由来であることを伝えてくれました。ゆきちゃんは「生まれる時に、晴れてるのに突然『ゆき』が降ってきて、とってもきれいだったんだって!」とのこと。それぞれに名づけた人の思いが込められていることがとてもよく伝わりますね。

『うさぎさんがきてね』のかわいらしい曲映像は、子どもの名前について話す良いきっかけにもなりそう。ママたちも生まれたときのエピソードを振り返ったり、つけた名前に込めた思いをあらためて伝えたりしてみてはいかがでしょうか? まだ見ていないという人は、7月23日(月)~27日(金)、8月20日(月)~24日(金)に再放送予定がありますのでぜひチェックしてみてくださいね。

文・井伊テレ子 編集・山内ウェンディ イラスト・天城ヨリ子

関連記事

ワンワンとかわいい仲間たちが大活躍するDVD『いないいないばあっ! 〜アニメいっぱい!〜』7月11日(水)発売
©NHK・NHKエデュケーショナル ©2018 NHK・NED ちびっ子に人気のワンワンやうーたんが登場する『いないいないばあっ!』は平日の朝と夕方、NHK Eテレにて放送中です。番組内のアニ...
Eテレ『いないいないばあっ!』のワンワンといっしょに歌おう!リズム絵本『ワンワンのたのしいどうよう』
Eテレ『いないいないばあっ!』のワンワン・うーたん・ゆきちゃんが歌うリズム絵本『いないいないばあっ!ワンワンのたのしいどうよう』が発売中です。童謡14曲と、6つの効果音が内蔵されていて、小さなお子さん...
Eテレ「おしりたんてい」夏の新作7週連続放送 気になる内容は?
第4話「ププッ ふめつのせっとうだん 前編」©トロル・ポプラ社/おしりたんてい製作委員会 2018年のゴールデンウイーク(5/3・4・5)にNHK Eテレで初の放送となったテレビアニメ『おしり...