いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

entertainment

開園15分前から対象エリアに入場できる!女の子の夢を叶える「東京ディズニーセレブレーションホテル®:ウィッシュ」の魅力とは

子どもが生まれて成長していくと、「家族でディズニー旅行へ行きたいな」とおもうこと、ありませんか? 小さい頃、ママ自身が親にしてもらった体験を、親になって今度は自分が我が子にしてあげる。「ディズニー」はそんな親から子へと代々受け継がれる伝統のようなものかもしれませんね。ディズニーで過ごす時間はまるで魔法にかかったように楽しく、思い出に残る1日が過ごせます。

特に子どもが小さかったり、遠方から訪れる場合、誕生日や記念日をお祝いしたいときなど、お泊りでディズニーを楽しむご家族もいるのではないでしょうか。

パークの余韻に包まれ夢のような滞在のできる、全部で4つのディズニーホテル宿泊者は通常の開園時間の15分前から対象エリアに入場できる「ハッピー15エントリー」や混雑日もパークの入園を保証する「入園保証」特典の対象になるのも嬉しいポイントです。

今回ママスタセレクト編集部は、その中から2016年6月にオープンした「東京ディズニーセレブレーションホテル」。今回は女の子の夢とファンタジーが詰まった「ウィッシュ」の棟へ潜入取材をしてまいりました!

南国のようなリゾートムードでお出迎え

4M6A9370
東京ディズニーランド®・東京ディズニーシー®の各パークからシャトルバスで約20分、ホテルは海とやしの木に囲まれた南国のようなリゾートムードでお出迎えしてくれました。パークからは少し離れてはいますが、ホテルとパーク間の移動は無料シャトルバスが送迎してくれます。ピーク時で1時間に8本、それ以外の時間帯でも1時間に2~3本の運行本数があるので安心です。バスには約78名の方が乗車することができます。

4M6A9364

シャトルバス(※場合によりデザインは異なる)

バスはディズニー仕様のラッピングバスになっており、移動中もディズニーのワクワク感に包まれます。

東京ディズニーセレブレーションホテル「ウィッシュ」は“夢”と“ファンタジー”がテーマの女の子にオススメのホテル

“夢”や“ファンタジー”をテーマに、女の子の乙女心を満たす滞在を叶えてくれる「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」。建物は5階建て、海側や中庭側の客室もあり、全部で352室あります。そんなホテルの館内は女の子の乙女心を引き立てる要素がたくさん詰まっていました!

パークの雰囲気がそのまま続くロビー

4M6A9434
正面玄関を入ると、女の子の乙女心をくすぐるティーカップが登場! 東京ディズニーランドのアトラクション「アリスのティーパーティー」を思い出させます。カラフルなカップには、実際に乗り込んで座ったり、撮影したりもできるのです。そしてティーカップの中心には女の子の憧れの存在、愛らしいミ二ーマウスが微笑んでいます。パークでミ二ーとの写真を撮りそびれてしまっても、ホテルに戻ってゆっくり記念写真がとれますね。

4M6A9437
今にも走り出しそうな白馬は、実際にパークでゲストの方たちを乗せていたのだそう。館内にはパーク内の音楽と同じ曲が流れていて、ホテルでもまるでパークにいるような錯覚に陥ります。

4M6A9378

東京ディズニーランド「プーさんのハニーハント」

気まぐれに進むはちみつの壷にのって、プーさんといっしょにはちみつ探しの冒険に出発! プーさんや100エーカーの森の仲間たちのほのぼのとした世界を楽しめる東京ディズニーランド「プーさんのハニーハント」の模型も飾ってあります。

4M6A9380

東京ディズニーシー「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」

ふわりふわり、海中をただよう不思議な体験。貝がらに乗り込み、カラフルなジェリーフィッシュ(クラゲ)たちと一緒にアップ&ダウンする東京ディズニーシー「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」の模型も飾ってあります。

4M6A9452
館内には様々な場所にミッキーが隠れています。こちらは荷預けなどの手続きをする「ゲストサービスデスク」の壁の一部です。上の絵の中にいる「隠れミッキー」、あなたは見つけられましたか? ヒントは「木の部分に注目」だそうです。

デラックスタイプのディズニーホテルの半額以下!1人あたり4,400円~宿泊できる

4M6A9431

ロビーには、ステンドグラス風の絵も飾られています。 ※画像は「イッツ・ア・スモールワールド」をイメージしたもの

「東京ディズニーセレブレーションホテル」の大きな魅力の1つは、なんといってもお手ごろな宿泊価格。1部屋17,600円~で宿泊できます。1人あたりの金額は4,400円~(※1)なので、デラックスタイプのディズニーホテルの半額程度で宿泊できるのが嬉しいですね。ステンドグラス風のイラストが並んだロビーでチェックイン。時間は15時から、宿泊価格をなるべく抑えるべく、チェックイン時のお部屋までの荷物の移動はゲスト自身で行う仕組みとなっています。
(※1)1部屋4名で宿泊した場合の価格

受付には荷物の移動に便利なカートも装備されています。

4M6A9441

※上映される作品は時間帯によって異なります

ママがチェックインをしている間、子どもたちは飽きないようにディズニー映画を観て待ってられますよ。この時は『リロ・アンド・スティッチ』が上映されていました。
4M6A9442
ソファーの高さも子ども目線に合わせて作られています。女の子が夢中になる姿が目に浮かびますね。

中庭に出て「おとぎ話の主人公になった気分」を味わおう!

4M6A9393
チェックインを済ませたら中庭に出て、おとぎ話の主人公になった気分を味わいませんか? 森の中に迷い込んだ感覚にさせる風景に気分はプリンセス! さあおとぎ話の始まりです。

4M6A9395
映画『ふしぎの国のアリス』に登場する、いたずら好きのふしぎなネコ「チシャ猫」が現れました。東京ディズニーランドのナイトパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」から飛び出してきたようなピンクが目を引きますね。
4M6A9401
続いて、孤児の子どもをドラゴンが助けていく物語『ピートとドラゴン』のドラゴンが登場! 迫力のある大きさには、おもわず本物かと思ってしまうほどです。

20180404-1523245502-716141bfa3e887451cb612570de79f26-600x900

中庭の中心には井戸のオブジェがありました。こちらは映画『白雪姫』に出てくる「願いの井戸」、映画では井戸の中に向かって願いを唱え、その願いがこだましたら願いが叶うという内容で紹介されています。ぜひお子さんと願いを唱えてみてくださいね。

ディズニーのキャラクターがいっぱい!女の子の乙女心をくすぐる客室

4M6A9411
中庭でプリンセス気分を味わった後は、ミッキーマウスの声で案内してくれるエレベーターに乗って客室へ。廊下にはお花の柄の絨毯が引かれ、ドアには『ふしぎの国のアリス』に出てくる、食パンの蝶々が描かれています。

4M6A9421

※画像は「スタンダードルーム」

室内にはツインのベッドが2つとソファーベッドが2つ、絨毯のピンクにパステルブルーのアイテムが目を引きますね。
4M6A9414
ダンボやピーターパン、ミッキー・アリス・白雪姫・アラジン・ピノキオ・アリエル・シンデレラ・プーさんなどのディズニーキャラクターがお出迎えしてくれます。シンデレラ城やイッツ・ア・スモールワールドなどのアトラクションも描かれていますよ。
4M6A9420
絵だけでなく、実写も飾ってあります。東京ディズニーランドのアトラクション「アリスのティーパーティー」にますますテンションがあがります。
4M6A9427
室内のアメニティーも十分に備わっています。
シャンプー(ディスペンサー式)/コンディショナー(ディスペンサー式)/ボディソープ(ディスペンサー式)/ボディースポンジ/ハンドソープ/歯ブラシ/ブラシ/髭そり(フロントにご用意)/タオル類/アメニティーキット(綿棒・コットン・ヘアバンド)/化粧品セット(洗顔料、クレンジングオイル、化粧水、乳液)フロントにご用意/大人用パジャマ/ヘアードライヤー/室内用スリッパ/ベッドガード/シャワートイレ/加湿器/テレビ(一般放送、ディズニーチャンネル)/WiFi/セーフティーボックス/冷蔵庫/加湿器/電気湯沸しケトル/無料のお茶

各部屋、電気湯沸しケトルの完備もしているので赤ちゃん用のミルクを作ることもできますよ。テレビでは、一般放送のほかディズニーチャンネルも無料で視聴できます。空調などで乾燥しがちな室内には、加湿器も設置されているので安心です。子ども用のパジャマは100~120の1サイズのみ用意されています。

ミニーがデザインされたアメニティーは記念にお持ち帰りもできるのが嬉しいですね。

※現在、一部のルームアメニティはデザインが異なります

朝食は「ウィッシュ・カフェ」のビュッフェがオススメ

4M6A9386
宿泊料金を低価格に抑えるべく、ホテル内にレストランはありません。その代わりに朝食専用のビュッフェ式カフェが備わっています。

4M6A9389
カフェ内も広々としていて、ファミリーも安心して座れます。営業時間は朝6:00~09:30。料金は大人1,300円、小学生900円、未就学児は無料で提供されます。

「ディズニーショップ」「スーベニアメダル」「24時間営業ホテルショップ」なども完備

ほかにも館内には親子で楽しく過ごせる設備が盛りだくさん!
4M6A9381
ホテル1階のディズニーショップ「ディズニーファンタジー」には、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーで販売している商品がそろっています。万が一、パーク内でお土産を買いそびれても安心ですね。

4M6A9447

左上から、白雪姫・ダンボ・アリエル・ミニーマウス

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのほか、各ステーションでも販売しているスーベニアメダル。東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュでも販売しています。1回100円で、目の前で銅板に選んだ刻印を押してくれるので、作り立てのメダルを手にすることが出来るのです。

時期によって種類は異なりますが、東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュ限定のメダルもありました。ミニーのほか、白雪姫・アリエルなどのディズニープリンセスも販売されていました。パークで販売している専用のスーベニアメダルケースに保管したら、自宅に帰ってからも思い出に浸れます。

ほかにも、館内にはコンビニのような24時間営業のホテルショップも完備。ちょっと小腹がすいたときにも便利ですね。オムツも販売しているので万が一のときも安心です。

正面玄関前のポストにルームキーを入れるだけで「チェックアウト」完了!

翌日のチェックアウトは朝の11時まで。正面玄関前のポストにルームキーを入れるだけなので、チェックアウトも簡単です。

パークの余韻はそのままで、女の子の夢を叶えてくれる「東京ディズニーセレブレーションホテル:ウィッシュ」。お手ごろな宿泊価格で開園時間の15分前から対象エリアに入場できるのが、なによりの魅力ではないでしょうか。女の子がいるママのみなさん、ぜひ手軽に泊まれる東京ディズニーセレブレーションホテル ウィッシュで、「家族のディズニー旅行」を楽しく思い出に残るものにしてくださいね!

©Disney

取材、文・編集部

関連記事

米ディズニー本社で働く日本人に聞いた「どうしたらディズニーで働けるの?」
『白雪姫』に『ピノキオ』、『ダンボ』や『アラジン』、『リトルマーメイド』、そして『アナと雪の女王』。 これらはすべて「ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ」が送り出した名作の数々です。...
ディズニーの歴史が詰まった博物館「ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム」とは
モデル/minto. おかもとまりさん 「ウォルト・ディズニー・ファミリー・ミュージアム」はアメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコに位置し、2009年10月にオープンした博物館です。創設者...
ディズニー社員でもなかなか入れない!? 伝説の場所を特別公開
世界中の人々に夢と希望を提供し続けてきたディズニー映画の数々。さて、そんなディズニーの創始者と言えば、もちろん「ウォルト・ディズニー」です。 1901年ウォルト・ディズニーはシカゴにて父・イライ...