いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

3月31日に登場!プラレール史上最速「レバーでダッシュ!! 超スピード ドクターイエローセット」

7_original

1959年の登場以来、半世紀以上子どもたちに愛されている「プラレール」。子どもに安心して与えられるおもちゃとして信頼し、親子三代で楽しんでいるご家庭も多いのはないでしょうか?

電池で走る車両もさまざまなものが登場してきましたが、3月31日(土)に、半世紀以上にわたるプラレールの歴史のなかで最速となる、ドクターイエローの車両が登場します。

それが「レバーでダッシュ!! 超スピード ドクターイエローセット」です。

いったいどのくらい速いのでしょうか?

そもそもドクターイエローってどんな車両?

ドクターイエローとは、新幹線の線路において、走りながら線路や架線、電気系統など状態を検査する新幹線車両です。「新幹線のお医者さん」の名にふさわしい働きをするので、愛称が「ドクターイエロー」なのです。

点検用の車両なので普通は一般の人が乗ることができません。誤って一般の人が乗車することのないよう他の新幹線車両と区別するため、黄色い塗装が施されています。運行ダイヤは公表されていないため姿を見るのは希少で、鉄道ファンに人気を博しています。見かけると「ちょっとラッキー!」な気分になるかもしれません。

「超スピード」となるプラレールの新車両には、このドクターイエローが選ばれました。

速さが楽しい「レバーでダッシュ!! 超スピード ドクターイエローセット」

「レバーでダッシュ!! 超スピード ドクターイエローセット」は、ドクターイエローの車両やレール、車両基地や看板などが揃い、すぐに遊べるセット。特徴はプラレール史上最速となるドクターイエロー車両です。

6_original

商品パッケージのように組み立てると、外側の線路「新幹線レーン」では、ドクターイエローが超スピードで走りながら線路を点検し、内側の線路「車両基地レーン」では通常の速度で走り、ドクターイエローを車両基地にとめてメンテナンスをする、というストーリーのあるレイアウトになります。

1_original

レバーを使って線路を切り替えると、新幹線レーンに入る瞬間、ドクターイエローが急加速! 走行スピードは従来の車両の最大約2倍にもなるのだとか。超スピードもさることながら、スピードが切り替わることも、遊びの幅を広げるポイントです。

2種類の速さを持つこの「超スピードドクターイエロー」、どのように切り替わっているのでしょうか?

何故スピードが変わる?仕掛けはシャーシとレールにあり!

3_original

「スピードかえレール」には「超スピードドクターイエロー」を加速させる赤いレールと、減速させる緑のレールの2種類があり、各レールの表面には異なる形状の突起がついています。

また車両の下の部分「シャーシ」には、スピード切り替えスイッチがあります。

4_original

赤と緑のレールの突起により、「超スピードドクターイエロー」のシャーシの裏のスイッチが当たって切り替わることで、スピードが変化する、という仕組みなのですね!

従来のプラレール車両のシャーシをこの「超スピードドクターイエロー」のシャーシに交換すれば、「超スピードはやぶさ」や「超スピードさくら」も実現します。

しかも初回生産分のみ 「スピードかえレール(はやい)」、「スピードかえレール(ゆっくり)」が1つずつ増量! 駅の前で減速して発車後加速したり、カーブの前で減速させるようにしたりと、さらにレールの組み立て方が広がりますね。

▼実際の映像はこちら

「従来型のプラレールよりも速く走る新幹線のプラレールがほしい」とう子どもたちの声が多かったことを受け、この「レバーでダッシュ!! 超スピード ドクターイエローセット」が実現したのだとか。新幹線の速さに好奇心をくすぐられるお子さんなら、このドクターイエローにもきっと喜んでくれるでしょう。

発売は2018年3月31日(土)です。大人も一緒に、このスピードを楽しんでみてはいかがでしょうか?

プラレール レバーでダッシュ!! 超(スーパー)スピード ドクターイエローセット
◆希望小売価格
5,000円(税抜)
◆発売日
2018年3月31日(土)
◆対象年齢
3歳以上
◆商品内容
923形ドクターイエロー(3両編成)×1編成、複線コントロールポイント×1、コントロールパネル×1、車両基地スタンド×2、車両基地看板×1、スピードかえレール(はやい)×1、スピードかえレール(ゆっくり)×1、直線レール×1、1/4直線レール凸凸×1、1/4直線レール凹凹×1、表示パネル(はやい)×2(左右各1枚)、表示パネル(ゆっくり)×2(左右各1枚)、1/2直線レール×2、曲線レール×8、複線外側曲線レール×8、ガーター橋×1、ストップレール×1、架線×4セット(8個)、シール×1 ※初回生産分のみ スピードかえレール(はやい)×1、スピードかえレール(ゆっくり)×1を増量
◆取扱い場所
全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、プラレール専門店「プラレールショップ」、インターネットショップ等

文・しらたまよ

関連記事

1歳半から遊べるプラレール車両がついに登場!安全性も配慮された「はじめてのプラレール」は 2月15日(木)発売
自由にレールを組み替え、電車を走らせることの楽しさを学べる「プラレール」は登場して半世紀以上。実際の電車をモデルにした車両の精巧なつくりに、パパ・ママだけでなく、祖父母世代も楽しんできたというご家族...
テレビアニメ化に合わせパワーアップ!プラレール「新幹線変形ロボ シンカリオン」デラックス シンカリオンシリーズ発売
©プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS 実在する新幹線がロボットに変形するという、斬新なアイデアで人気の「新幹線変形ロボ シンカリオン」。2018年1月からはテレ...
プラレールデザインのキッズ用カメラが登場『いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき』
JR東日本商品化許諾済(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。 親がスマホのカメラを使っていると、子どもも「ぼくも!」「わたしも!」と言って、写真を撮りたがりますよ...