いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

チャンスは3月28日・29日の2日間!国内初の東京メトロ×西武鉄道「ファミリー専用車両」とは

キャプチャ2018年3月28日(水)・3月29日(木)、東京国際フォーラムにてファミリー向けイベント「かぞくみらいフェス2018」が開催されます。それに伴い、2日間限定で有料座席指定列車「S-TRAIN(Sトレイン)」の3号車、4号車を「ファミリー専用車両」として運行することになりました。「S-TRAIN(Sトレイン)」とは、平日は所沢から豊洲、土日祝日は埼玉秩父から元町・中華街区間を運行する全席指定席の列車のこと。ところで、ファミリー専用とは、通常時なにが違うのでしょうか?

在来線、通勤型車両で国内初導入!S-TRAIN「ファミリー専用車両」とは

キャプチャ2「S-TRAIN」に新しく導入されるファミリー専用シートには、通勤列車にはなかなかみられないトイレやおむつ交換シートが設置され、小さな子ども連れのママたちには便利仕様になっています。

また「パートナーゾーン」と呼ばれる、車いすやベビーカーでも快適に乗車できるスペースが常設されていたり、子どもが運行中も安全に窓から外を見やすいよう背丈に合わせた低めの手すりが設置してあったりと、子ども連れには嬉しい気遣いがされた車両なのです。さらに座席は全席指定なので、ゆったり座れるのも嬉しいポイントですね。在来線・通勤型車両で、子連れ限定の「ファミリー専用車両」を実施するのは、国内初めての試みということで、注目度大の車両なのです(東京メトロ及び西武鉄道調べ)。

2018年3月28日(水)・3月29日(木)の2日間限定で、有楽町駅18:07発、S-TRAIN 101号(所沢行き)の時間帯、3号車及び4号車の二両が貸し切りなるとのこと。このプレミアを感じるようなチケットはどのようにして手に入れるのでしょうか?

整理券は「かぞくみらいフェス2018」の東京メトロブースで配布

電車好きの小鉄ちゃんはもちろんのこと、この機会に「S-TRAIN(Sトレイン)」のファミリー専用車両を体験してみたいというママたちは、「かぞくみらいフェス2018」の東京メトロブースへ。乗車に必要な整理券を先着順で配布します(※1)。
乗車する際には、指定席は整理券に記載されていますが、乗車券(きっぷやICカード)は必要となるのでお忘れなく。なお座席が必要な子どもは料金が発生します(※2)。

春休みのお出かけに、家族で『S-TRAIN』を体験してみてはいかがでしょうか。

(※1)10:00~17:00の間、3~4回に分けて、それぞれ先着順に配付いたします。
(※2)6歳未満の子どもが1人で座席を使用する場合は、小児用の乗車券が必要となるのでご留意ください。

文・間野由利子

関連記事

プラレールデザインのキッズ用カメラが登場『いっぱい電車をとろう!ぼくのプラレールカメラ E7系新幹線かがやき』
JR東日本商品化許諾済(C)TOMY 「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。 親がスマホのカメラを使っていると、子どもも「ぼくも!」「わたしも!」と言って、写真を撮りたがりますよ...
オラの電車が走るぞ~! クレヨンしんちゃんのラッピングトレインが「出発おしんこ~」
いまや『第二次しんちゃんブーム』がきているとも言われている、人気アニメ「クレヨンしんちゃん」。かつては「子どもに見せたくないアニメ」としてマイナスなイメージが強かった同作ですが、今年、映画は興...
満員電車で泣く我が子 授乳ケープを使用しても良い?
ママスタBBSで「満員電車で授乳している人をみた!」というトピックスがありました。 満員電車・座った状態・子どもギャン泣きでのシチュエーション。子どもを泣き止ませるために、謝りながら授乳ケープを...