いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

「棒の高さ」「握り方」「蹴り方」が重要!逆上がりができるようになる練習方法とは? 「ベルト」を使った方法も

pixta_31536833_M

お子さんは逆上がりができますか? 園や学校で逆上がりの練習をするところもあれば、そもそも逆上がりをする機会がないというお子さんもいるかもしれません。逆上がりができないことで、人生にはそれほど影響はありませんが、「自分は逆上がりができない」と子どもが自信をなくしてしまうよりは、「できる!」と思うことで前向きになり、その他のことにも意欲的に取り組むことができたら素敵ですよね。

逆上がりができるようになるために、ママが教えるコツについて調べてみました。

「年少・年中・年長」が、逆上がりができるようになる時期

ママスタには、お子さんが逆上がりができないと悩むママが一体いつからできるようになるものなのか、問いかけていました。

『年少のときにできた。今5年生だけどクラスに前回りができない子がいるみたい。怖いんだって』

『全員年中。うちの子達が通ってた園では、年中の発表会で逆上がりを披露するのがお決まりだったから』

『年長に逆上がりを運動会でするから、ほとんどの子は年中~年長でできてたよ』

『上の子は自力で、一年生の時には空中逆上がりもできてたかな?』

『一年生からできるようになった。というか、それまでやる機会がなかった。やり始めたらあっさりできた』

『3年生、まだできない』

『小4、小1だけど出来ないよー
小1はもう少しなんだけど小4は前回りも怖くて無理』

『小4娘はできません。教えたこともないです』

『長男は4歳の時に体操教室で習ってできるようになった。
次男三男はそんな長男の家用鉄棒でずっと見て遊んであこともあり、2歳ちょっとの時にぶら下がった状態から両足いっきに上げてクルン。逆上がりができた』

運動の得意な子や、鉄棒に触る機会の多い子は、早い子で年少ぐらいからできる子がいるようです。そもそも鉄棒をする機会がなかったり、苦手だったりすると、小学校中学年でもできない子もいるようです。体操教室などに通ってできるようになった子もいました。

逆上がりの練習をするには、身近な親がサポートすることが多いようです。しかし、教える際に、逆上がりについて知識がないとなかなか効率的に子どもに伝えることは難しいもの。今回は逆上がりを練習する児童へ指導するための方法をご紹介します。

逆上がりを行う鉄棒の高さは「おへそから胸のあたりのまでの高さ」

逆上がりをするには、鉄棒の高さが重要です。足の付け根である下腹部が回転の中心となるため、逆上がりができない子どもには、おへそから胸のあたりのまでの高さがいいでしょう。おへそから胸のちょうど中間あたりがいいようです。低すぎると逆さまになった際に頭を打ちつけたり、回転するための勢いがつけられません。

鉄棒の握り方は「順手」「逆手」の2つ

鉄棒を握る持ち方も重要です。鉄棒を上から握る順手(じゅんて)、もしくは鉄棒を下から握る逆手(さかて)の2パターンがあります。腕の引き付けの力の入り方は、体の小さい幼児から小学校低学年までは、逆手の方が力が入りやすいと言われています。中学年から高学年になって腕の力が付いてくると、順手の方が引き付ける力が強くなるそうです。子どもたちの経験や筋力には個人差があるため、一概にはどちらがいいと言えませんが、本人の持ちやすさや力の入れやすさを優先させるといいでしょう。

「逆上がり用補助板」を使っての練習方法

pixta_22786210_M

園や学校、公園などにもし逆上がり用の補助板がある場合は、ぜひそちらを活用しましょう。

慣れないうちは、補助板を「トントントン」と 3回蹴ってから逆上がりをさせるといいようです。このときに最後に蹴る足が、軸足になることが大切です。上げる足が鉄棒の上を先に通過します。その後、軸足が補助板を蹴って続いて通過し、足のつけ根を鉄棒にかけて体を起き上がらせます。補助板の最後の一蹴りを強く蹴ることで、勢いがついて逆上がりができます。

「帯やベルト」を使った練習方法

クリックでamazon.co.jp商品ページへ

足の蹴り上げから、逆上がり完成までの流れを体感するのにとても良い方法が帯やベルトを使った方法です。上記の「鉄棒くるりんベルト」を使用した場合は以下の通り。

1.からだに合った鉄棒を使います。(おへそより少し上の高さの鉄棒が目安です)

2.「鉄棒くるりんベルト」を使って、逆上がりが3回できたら、目盛りを1段階ずらしてベルトを長くします。

3.少し長くなったベルトで逆上がりが3回できたら、同様にもう1段階ベルトを伸ばします。
うまく出来なかったら、ベルトを1段階みじかくします。

4.ベルトがもっとも長い状態(赤い目盛り)になったら、ベルトに体重をかけないようにして逆上がりします。

5.最後にベルトなしで練習します。
そのときには腕をしっかり曲げたまま行います。
引用:鉄棒くるりんベルトの練習方法

※上で紹介した「鉄棒くるりんベルト」の場合、標準耐用年数は1年です。使用の頻度が高い場合は耐用年数が6ヶ月。また鉄棒とベルトがこすれあう部分に強い素材を使い、補強を加えているので、タオルを使った指導に比べて安全です。

「ひじが伸びきらない」「足を頭の上で蹴り上げる」ことがポイント

逆上がりは、鉄棒と足のつけ根が密着し回転することでできます。ひじが伸びきってしまい、鉄棒に体が密着できないと逆上がりはできません。また、蹴り上げる部分もポイントです。頭上へ蹴り上げた足を後ろに回転させますが、斜め前方へ蹴り出してもできません。ひじが伸びきらないようにすること、足を斜め前ではなく、頭の上で蹴り上げることを意識して子どもに伝えましょう。

お子さんが逆上がりが今はできなくても、練習すれば必ずできるようになるかもしれません。「できた!」と親子で喜べるように、ぜひ練習してみてくださいね。

文・山内ウェンディ

関連記事

子どもの運動センスがない……注目したい「プレゴールデンエイジ」の時期とは?
お友達と遊ぶ中で、園や学校の運動会などで、子どもの運動センスのある・なしはなんとなく見えてくるもの。運動が得意、不得意はその子の個性で、運動ができるからいいということでは決してありません。でも...
運動が苦手な子は将来○○になりやすい? 【花まる学習会 高濱先生】
飛んだり走ったりと体を動かす遊びが好きな子どもたち。でも、なかには運動に苦手意識を持つ子もいます。ある女の子は、走ることが大の苦手。運動コンプレックスから、まわりの子に意地悪をしていたそうです...
感動だけじゃない!? 運動会で気をつけたい事故予防【朝ごふんコラム】
運動会シーズン到来ですね。子どものがんばる姿に心打たれたり、興奮したりと親も夢中になって応援してしまう運動会ですが、毎年事故も起きています。代表的なのが組体操ですが、ほかにもムカデ競争、または...
参考トピ (by ママスタジアム
鉄棒の逆上がり