いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

中山&内田:第1回 “ライブシネマ”の迫力・臨場感・スリリング感がすごい!

今年で22回目を迎える子どもたちの世界映画祭『キンダー・フィルム・フェスティバル』をご存知ですか?
世界各国より子どものために作られた映画を厳選し、今年は8月13日(水)~17日(日)まで調布市グリーンホールにて開催されます。
このたび、ママスタが『キンダー・フィルム・フェスティバル』のオフィシャルサポートメディアに就任しました!
今年のフェスティバルの国際特別審査委員に任命された中山秀征さん、広報宣伝大使に任命された内田恭子さんに、フェスティバルの魅力や今年の見どころをたくさんお聞きしました。またお子さんがいるお二人に、パパとして・ママとしてどのような生活を送っているかについてもお話を伺い、全8回に分けて掲載していきますのでぜひご覧ください。

uchinaka_1_pic03

■『キンダー・フィルム・フェスティバル』とはどのような映画祭なのですか?

中山:毎年8月に開催される子どもたちのための世界映画祭で、今年で22回目を迎えます。昨年は約1万2千人の方が来場した、日本で一番大きな子ども映画祭です。

子ども向けの映画というと、一般的に人気キャラクターのアニメなどを想像される方もいらっしゃると思いますが、『キンダー・フィルム・フェスティバル』では、私たち大人でも知らなかったような、生き方や教育などをテーマとした、大人も楽しめる秀作映画の数々が上映されます。

内田:世界映画祭と言うだけあって、ドイツ・オランダ・ロシア・トルコ・中国の映画など、たくさんの国の映画が上映されます。字幕の読めない小さな子どもたちから楽しめるように、声優がライブで映画を吹き替える、“ライブシネマ”が見どころですよ!

■中山さんと内山さんも“ライブシネマ”で吹き替えをされるそうですね!

中山:はい!僕が最初にこの映画祭に行ったとき、この“ライブシネマ”に衝撃を受けたのを今でも覚えていますよ。
“ライブシネマ”って、どういうことかと言うと、映画の映像に合わせて、その場でセリフを言うということです。これは恐ろしいものだと思いましたね。

内田:何が恐ろしいかって、誰かの言うべきセリフがずれてしまったら、その後の人もずれていってしまって、皆に迷惑をかけてしまうからヒヤヒヤなんです。どんどん映像は進んでしまうので、やり直しがききませんから。

uchinaka_1_pic02

■目の前で吹き替えされるのは臨場感がありますね!今までの“ライブシネマ”では失敗なく成功されたのですか?

中山:なんとか毎年失敗なく、大成功を収めてきましたよ(笑)今年の映画祭でもチェアパーソンを務める、女優の戸田恵子さんがやっぱりうまいんですよね!
アンパンマンなどの声優を長年やってきただけあって、僕らをどんどん引っ張っていってくれるんです。

■当日までの練習はどのように行われるのですか?

内田:“ライブシネマ”で声優をされるのは、戸田恵子さんをはじめ、ルー大柴さんやジョン・カビラさん、青木さやかさんなど、大活躍されている方が多いので、当日までに全員が揃って練習することができないんです。
なので、個人個人がしっかり練習してきて、当日間近に真剣に合わせて完成させるんです。
合わせる機会はたくさんあるわけではないので、本番はすごく緊張しますが、その分気合いが入ります!

uchinaka_1_pic04

中山:そのスリリング感もライブとして面白いところなんだよね。
一応、手元には台本を持っていますが、映像を見てから台本を見て言おうとしても、間に合わないんですよ!
通常の声優の収録であれば、セリフを言うタイミングを教えてくれる赤いランプなどがついて、それに合わせて言えばいいんですが、“ライブシネマ”はそれがない。
なので映像を何回も見て、「ドアが開いて2秒後にこのセリフ」とか、動作などのきっかけでセリフを言うタイミングを覚えていないといけないんです。

uchinaka_1_pic05

内田:そうそう!台本に、「手をあげたら」とか自分で決めたタイミングのところにメモをしますね。何度も見て体で覚えておく感じです。今年も一生懸命練習するので、ぜひ沢山の人に観に来ていただきたいですね。

ありがとうございました!
豪華キャストによる、臨場感あふれる“ライブシネマ”が楽しみですね!
次回は、お二人が映画祭のサポーターになった想いについて語っていただきます。
お楽しみに♪
(撮影:chiai)

Print

『22nd キンダー・フィルム・フェスティバル』

開催日:8/13(水)~17(日)
会場:調布市グリーンホール
主催:一般社団法人キンダー・フィルム(22nd キンダー・フィルム・フェスティバル実行委員会)
公式HP:http://www.kinder.co.jp/

参考トピ (by ママスタジアム
第1回 “ライブシネマ”の迫力・臨場感・スリリング感がすごい!