いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

entertainment

日本版モアナが歌う“アイルゴー”吹替版PVがついに解禁

メイン (1)

(C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(2017 年3 月10 日公開) 。先日、ディズニー史上最大級のオーディションで選ばれたモアナ役の日本版声優が、屋比久知奈(やびくともな)さんだと発表されました。まさかの無名新人の大抜擢に、早く歌声が聴きたい!と話題を集めていました。

そしてついに、日本版モアナが歌う主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go」の吹替版PV が公開。世界が認めた屋比久さんの歌声が収められていて、『アナ雪』の“レリゴー”の次は”アイルゴー“旋風がやってきそうな予感!

16 年間島の外に出ることを禁じられていたモアナですが、海の先に何が待っているのか不安を感じながらも、島の外に出ることを自分で決断する……そんな気持ちを表現したというこの主題歌。初めて明かされた日本語吹替版の歌詞には、「そこには何が待ってるの」と、モアナのまだ見ぬ大きな世界への期待が込められ、「追い風うけこぎだしてきっと私はいくのよ」と、両親に反対されながらも一歩踏み出し、島の外に出ることを決意する固い意志を歌っています。

屋比久さんは、海に対する憧れや不安、葛藤など、モアナの感情をうまく表現したいと思いながら歌ったそう。本作がデビュー作となる彼女にとっては初めてのことばかりで「最初は不安でいっぱいでした」と語っています。しかし、練習を重ねるうち、だんだん不安がポジティブな気持ちに変わっていき、「どこまでも~How Far I’ll Go」は楽しんで歌うことができたそうです。モアナが禁じられた海へ飛び出して行ったように、沖縄から世界へ勇気を持って一歩踏み出す姿は、きっと誰もが共感できるはず! 本編もますます楽しみですね! 『モアナと伝説の海』は3月10日全国ロードショーです。

文・編集部

関連記事

スピルバーグ監督×ディズニー最新作『BFG』イベントに俳優マーク・ライランス&ソフィー役声優の本田望結さんが登場!
物語の舞台はロンドン。孤児院で暮らす好奇心旺盛な10歳の少女ソフィーは、ある日の夜中、街をさまよう巨人の姿を見てしまったことから巨人の国へと連れ去られてしまいます。実は心優しい巨人BFGは巨人...
ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』日本語吹替え版声優の石橋陽彩くんが藤木直人さんと生演奏を披露
ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』の日本公開が間近に控える中、リー・アンクリッチ監督とエイドリアン・モリーナ共同監督が来日しました。日本語吹替え版声優の石橋陽彩(いしばしひいろ)く...
ディズニー映画最新作『モアナと伝説の海』日本語版声優に尾上松也・夏木マリ
  2014 年空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016 年『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(3 月10 日...