いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

life

保管に困る子どもの作品に困っているママへ。思い出に残す「便利なサービス」とは

子供の絵

子どもが幼稚園や学校から持って帰ってきた絵や作品。「こんな絵を描けるようになったんだ!」と成長を喜ぶきっかけになり、後々見返してみると「この頃はこんな絵描いてたな」と当時を振り返る、大切な思い出ですよね。なにより、我が子が一生懸命作った作品たちは愛おしくてなかなか捨てられない! でも、どんどん増えて行く作品たち……。困っているママも少なくないのではないでしょうか。

そんなママにおススメしたいのが、フェリシモさんの「思い出ひきだし」です!

この「思い出ひきだし」、フェリシモさんが作品を保管してくれ、希望者には、その作品でオリジナル絵本を作ってくれるサービスなんです!

安心して預けられる!空調管理が行き届いた倉庫で作品を保管「収納保管サービス」

サービスを申し込んだときに付いてくる専用ボックスに入るだけの作品を保管してくれるのが、「収納保管サービス」。フェリシモさんと言えば、可愛らしい雑貨や衣料品を多く取り扱っています。その「モノ」への思いを生かして、保管場所の管理を徹底し、防火・防災対策を万全にと心がけているそうです。またエアコンによる空調管理が行き届いたアパレル用の倉庫で、一年中、ほこりやカビの心配がない環境で保管してくれます。さらには保管用ボックスは破損防止のために積み重ねることなく保管するという徹底ぶり! これなら安心して依頼できますね。

熟練の技術と思いで、撮影、絵本づくり!世界で一冊しかない絵本が仕上がる「マイ絵本製作サービス」

専用ボックスに保管していた作品の中から最大15作品(見開きの場合は8作品)を選んで絵本にしてくれるのが、「マイ絵本製作サービス」。絵本の表紙は、シンプル、メルヘン、アドベンチャー、レインボーの4種類。さらに絵本の撮影データ(PDF形式)が収録されたCD-Rが付いてきます。一点一点手作業で、専属のスタッフさんが撮影をしてくれるのでとっても綺麗! 絵本はつや感と厚みのある上質な紙を使用しており、表紙はコーティング仕上げ。中身ももちろん手作業で、丁寧に製本してくれます。それぞれのページにはコメントを載せることができるので、子どもがどんな思いで描いた絵なのか、その絵を見て親がどう感じたか、というその時の気持ちも一緒に残すことができるのが嬉しいですね。

まずはお申込みキットを注文!「収納保管サービスのみ」か「収納保管サービス+マイ絵本製作サービス」を選ぶ

まずは「お申し込みキット(500円+税)」を注文。このキットには、集荷用収納管理ボックス、申し込み用紙、習字作品用紙管、ページ指定シール、保管用ポリ袋、着払い伝票が入っています。この箱に作品を入れて、申し込み用紙を返送するだけ!

保管は1年ごとの更新になり、希望者には申し込み後、約一ヶ月半で絵本と撮影データが届きます。作品の保管のみのサービスとなる「収納保管サービス」は1ボックス2,400円+税、「収納保管サービス」と世界に一冊しかない絵本を作ってくれる「マイ絵本製作サービス」を申し込む場合は5,600円+税となります。「マイ絵本製作サービス」で同じ内容の本を2冊以上注文する場合は、2冊目以降の価格が4,600円+税となります。遠くに住んでいるおじいちゃんおばあちゃんへプレゼントしたい! というとき、少しお得になるわけですね。

泣く泣く子どもの作品を捨てる必要がなくなる!一考する価値ありのサービス

捨てられずに溜まっていく子どもの愛おしい作品達。家での収納には意外とスペースがいるし、一度収納してしまうと、大切に思いつつもわざわざ出して見返すことはあまりしませんよね……。子どもが大きくなるまで作品を保管しておくことは難しいかもしれません。それなら徹底的に管理された環境でしっかり保管してもらいましょう! 絵本が手元にあれば見返すのも楽チンで、ずっと手元に置いておけます。毎年の子どもの成長を絵本にしても良いし、数年分を卒園や卒業の記念にまとめても良いですね。

家で溜まっていく作品たちを保管&絵本にしてみませんか?

参考:フェリシモ 子どもの作品を保管&絵本製作サービス「思い出ひきだし」
※記事内の商品価格およびサービスは2018年5月時点の情報です

文・Sugao 編集・しのむ

関連記事

子どもの洋服や作品が捨てられない!ママたちのかしこい保管術 #産後カルタ
子どもが成長するに伴って、着られなくなる洋服や卒業するおもちゃなどが出てきます。幼稚園や小学校にあがると、子どもが頑張って書いた絵や作品なども集まりますね。ただママにとっては着られなくなった洋...
子どもの作品の保管はどうしてる?置き場所に困らない管理の仕方は?
幼稚園・保育園では様々な製作活動をしますよね。絵を描いたり、粘土や折り紙などを使った作品を作ったり、廃材遊びをしたりする園もあるようです。絵であれば画用紙専用のファイルもあるので保管しやすいも...
子どもの絵を形に残したい!世界に一つだけの、こんな方法はいかが?
子どもの描く絵はデッサンが甘くてアンバランス、なのにバランスがいい。上手いとは言いがたいけれど、なんともいえない味があります。 そして肝心なのは、大人になってから子供らしい絵を描こうと思...