いつでも、どこでも、ママに寄り添う情報を

talentcolumn

映画『プレーンズ』12月21(土)2D・3D同時公開!瑛太さん インタビュー~前編~

あの『カーズ』の世界にインスパイアされた勇気と感動のファンタジー・アドベンチャー映画、『プレーンズ』誕生!

eita_1_pic00

全世界で空前の大ヒットを記録し、世代を超えて愛されているディズニー/ピクサーの傑作「カーズ」シリーズ。今度は大空を舞台に、彼らのスピリットを引き継いだ飛行機たちの、勇気と感動のファンタジー・アドベンチャーが誕生します!

最新作「プレーンズ」は、世界一周レースで優勝することを夢みる飛行機ダスティの物語。しかし、彼はなんと“高所恐怖症”だった…。
誰もが「無理だ」と言う夢を、あきらめず、悩みながら一歩一歩踏み出すダスティ。個性豊かな飛行機&車キャラクターの仲間たちが応援してくれる中、恐怖に立ち向かいながら夢を目指そうとするダスティの姿が描かれています。

配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(c)2013 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

『プレーンズ』の主人公、「ダスティ」の声を担当しているのは俳優の瑛太さん!2児のパパでもあり、本作が声優初挑戦となります。
今回ママスタでは瑛太さんに取材させていただき、映画の見所や子ども達への思いなどをお聞きしました!

eita_1_pic02

本作を最初にご覧になった時、作品全体に関してどういった印象を持ちましたか?

本当に楽しかったです。吹き替えをさせていただくこともあり、最初は「ダスティというキャラクター像を掴まなくてはいけない」という考えで観ていましたが、映画が進むにつれ、ついグッと泣ける瞬間があったり、鳥肌が立ったり、「この後ダスティはどうなるのかな」など、のめり込み過ぎてしまいました。
観終わった時には「続きがどうなるのか気になってしょうがない」と、普通のお客さんとして楽しんでいましたね。

冒頭の〝大空を飛ぶ″シーンがものすごく綺麗で爽快感があります。ついダスティの目線になってしまい、首や体が勝手に動いたりしてしまいました。

ママスタは、小さなお子さんをお持ちのママが多いのですが、子どもが観る時の見どころはどこですか?

eita_1_pic04

僕自身もディズニー映画を小さい頃からずっと観ていましたが、ファンタジーとして楽しめるし、いつも期待を裏切らないですよね。また何と言っても観た後に、必ず夢をもらえて、そして元気になると思うんです。

ダスティが高所恐怖症を抱えて、それでも世界一のレーサーになるという、その“夢へのきっかけを自分自身がどうするか”という普遍的なメッセージもしっかり伝わってきますし、何より農薬散布機やジェット機など、飛行機そのものが喋っているということ自体、子どもが見たらかなりおもしろいと思います。

作品のテーマとして、“叶わなそうな夢でも、努力したりコンプレックスを武器にすることで叶えられる、可能性は誰にでもあるから諦めないで!”というところがあるので、子ども達にはそれを感じとってもらえたらいいなと思います。

映像の綺麗さや音の臨場感など、子どもも大人も楽しめる作品になっているので、是非たくさんの人に観てほしいです。

キャラクターが飛行機なので、男の子向けだと思われがちですが、ママスタを見ているママや女性が楽しめるところはどこですか?

女性って、旅行が好きな方が多いですよね。
作品では、ダスティが世界一周レースに出て、アメリカ、アイスランド、ドイツ、インド、ネパール、中国、メキシコと各国を飛んで冒険します。
インドではタージ・マハルの近くを飛んだり、ネパールの寺院やヒマラヤ山脈を越えていくシーンなどがあるので、各国の風景が見られて、世界一周の疑似体験ができるところが楽しめると思います。
あとは、飛行機のキャラクターがどれも可愛らしくて、レース中に飛行機同士の恋もあったりするので、進展を見ていくのも面白いですよ。

声優に初挑戦されましたが、主人公ダスティの声を担当することになったお気持ちをお聞かせください。

オファーがあった前日に、たまたま子どもと一緒に『カーズ2』のDVDを観ていたのですが、その中で『プレーンズ』の予告映像が出てきて、子どもと「楽しみだね」って話していたんです。そして翌日には家族でディズニーシーに行って、〝ディズニーの世界”を思いっきり楽しんで、家に帰ってきたらマネージャーから連絡があったんです。それなので聞いた時にすごく運命的なものを感じて、「これは是非やらせていただきたい」と思いました。

瑛太さん以上にお子さんもディズニー映画が大好き、ということを伺っているのですがディズニー映画の主人公を演じるという話があった時、実際にご家族の反応はいかがでしたでしょうか。

息子にダスティの人形を持ち帰って、『これ、パパがやるんだよ』と言ったら、『僕がやるんだよ』と言われました。まだ小さいので、よくわかってないみたいなんですけど、喜んでいましたね(笑)

(撮影:Hiroyuki Tsutsumi 衣装:猪塚慶太)

 

インタビュー後編では、声優のお仕事や、役作りのこと、瑛太さんが子どもたちに伝えていきたいことについてお届けします♪お楽しみに!

世界各国の強豪レーサーたちとの手に汗握るレース・シーンは実写映画を超えたリアルな迫力と超スピード体験の連続技!
エキサイティングな臨場感満載の、究極の映像体験をぜひお子様と一緒に映画館でお楽しみください♪

参考トピ (by ママスタジアム
映画『プレーンズ』12月21(土)2D・3D同時公開!瑛太さん インタビュー~前編~