life

「保育園落ちた日本死ね!!!」を丁寧な言葉に訳してみました

■「保育園落ちた日本死ね!!!」

今や国会へ乗り込み、国をも変えようとしているこの匿名のつぶやき。
子どもがいながら働くことができない方々の魂の叫びを代弁してくれたかのようです。
しかし一方では「子どもがいる親のくせに言葉遣いが悪い」「こんな言い方をする親とは友達になりたくない」など批判的な意見もあり、自民党の平沢勝栄氏がテレビ出演の際には「日本語として汚い、本当に女性が書いたんですかね?」などと発言しました。(これはこれで問題発言)

ならば、女性らしく(!?)丁寧な日本語に翻訳してみたら、この魂の叫びは国会に届くのか?政治家を動かすことはできるのか?一度見てみましょう。

元ネタはコチラ→「保育園落ちた日本死ね!!!

■丁寧な言葉にしてみました

いったい今の日本で何が起きているのでしょうか。

「一億総活躍社会」を目指しているのではなかったのですか。

昨日、保育園入所不承諾通知書を受け取りました。

どうしたらいいのでしょうか。このままでは私は仕事を続けて「活躍」できません。

出産し、子育てして、社会に出て働き、税金を納めているのに、日本の政府はそのどれが不満なのでしょうか。

深刻な少子化問題を抱えているのではありませんでしたか。

子どもを産んでも、希望した通りに保育園に預けるのがほぼ不可能だという状況では、出産する方は増えないのではないでしょうか。

国会議員の不倫や賄賂問題を大きく取り上げる前に、保育園を増やしていただけませんか。

オリンピックですでに何百億円も無駄な支出をしてはいないでしょうか。

エンブレムはどちらにされても構いませんから、保育園を作っていただけませんか。

有名なデザイナーにお支払いする予算があるなら、保育園を作っていただけませんでしょうか。

私はどうしたら良いのでしょうか。このままでは会社を退職せざるを得ません。我が家には深刻な問題です。

保育園を増やしていただけないのなら、例えば児童手当を20万円にしていただけませんか。

保育園も増やせないし、子育て世帯臨時特例給付金も3千円しか予算が取れないのに、少子化を何とかしたいのです、というのは都合の良すぎる話ではないでしょうか。

国が子どもを産ませないでどうするのですか。

お金があれば子どもを産むという方は大勢いるのですから、まずは予算を増やすか、子どもにかかる費用全てを無償にしていただけないでしょうか。

不倫、賄賂、団扇などで問題になるような国会議員はご遠慮いただき、半数ほど議員の席を空けていただきましたら財源は確保できるのでないでしょうか。

日本政府は、本腰をあげてこの問題に取り組んでください。

さて、いかがでしょう。言葉遣いを直したこの文章、皆さんには、この方の魂の叫びは伝わったでしょうか?

待機児童の問題がニュースで取り上げられるたびに、インターネットのコメント欄にはこのような発言が飛び交います。それらもすべて、同じように保育所不足のために悩んできた方々の魂の叫びでした。ですが今までそのコメント達が国会議員の先生方に届くことはありませんでした。本家「保育園落ちた日本死ね!!!」のような激しい言葉でなければ、この問題は今までと同じように、政治家の視界の外を通り過ぎるだけの存在だったように思います。

産後数か月から1年以内に職場復帰される方々で、自分の体からひねり出した分身を赤の他人に預けることに、迷いのない人などほとんどいないでしょう。

保活に手を取られて、育児休暇のはずが保活休暇になってしまった人もいるでしょう。「それなら引っ越せばいい」「そんなに小さいうちから…」「育児するより働きたいだなんてわがままだ」様々な立場の人がいるのだから、様々な意見があるのは当たり前です。それでもそんな周囲の声に押し潰されそうになりながらも激戦区で保育園に預けなければならない事情が、人それぞれあるのではないでしょうか。

色んな事情を抱えて切羽詰まった方が「保育園落ちた日本死ね」と叫ばずにはいられずに吐き出した言葉を字面の良し悪しの問題に転嫁してしまうのは、物事の本質のすり替えに他ならないのではないでしょうか。

ヤジを飛ばす国会議員然り、保活の壮絶な現状を知っていれば、あのように簡単にヤジが飛ばせるとは思いません。ちなみにヤジを飛ばしていた政治家先生方、子どもの頃「人の話は静かに聞きましょう」と教えられませんでしたか?そうか、やはりヤジを飛ばさずにはいられない事情でもおありなんでしょうかね。人それぞれ事情はおありでしょうから。

つぶやきの追記で、ネットでのご自身のつぶやきが様々な議論を呼んでいることに関し、ご本人はこう語られています。

「自分で書いた日記帳を公共のごみ箱に捨てたらそれを誰かが拾ってコピーして配ったっていう感じかな。例えが適切かどうかはわかりませんが。」
引用:https://twitter.com/hoikuenochita/status/707793229190668288

捨てたはずの日記帳を掘り返されてあーだこーだと言われても、ご本人もお困りでしょうが、この方のこのつぶやきのお蔭で、国会が待機児童問題に本気で乗り出すきっかけになるかもしれません。これによって救われる人も出てくるのかもしれません。

文:桃山順子 協力:ママスタセレクト保活取材班