husband

子どもが生まれても自分勝手な夫にママの不満が爆発

IMG_9691
独身時代や新婚時代の身軽なひとりの時間から一転! 妊娠、出産を経てかわいい我が子と触れ合うも、ときどき「大変だな」「ツライな」と感じてしまうこともありますよね。それなのにパパは変わらず気ままに自分の時間を過ごしていて「何だかズルイ!」と思ってしまうことはありませんか?

仕事で帰りが遅いのは仕方ないけど飲み会で遅くなったり、土日はスマホに夢中か趣味のゴルフに出かけてしまったり……。「どうして私一人だけ育児に奔走しなければならないの!?」と不満を感じずにはいられないことでしょう。

なんでママだけ大変なの?

生まれてすぐの頃は授乳にオムツ替え、夜泣きなどでヘトヘトのママ。その横でグーグー寝ているパパを見て吹っ飛ばしたくなったママも多いのでは? パパも仕事で疲れているため、睡眠時間を確保しておきたいところなのでしょうが、細切れ睡眠のなか24時間赤ちゃんにつきっきりのママは一体いつ休めばいいの!? たまにはママだって自由な時間が欲しいと思ってしまいますよね。

『下の子も幼稚園に行きだして、数年ぶりに夜7時ぐらいから2時間ほど友達と食事に行ったが……
まぁー帰ってから機嫌の悪いこと!
おかえりすら言わないし、振り向きもせず。
私そんなに大変なこと頼んだっけ?
子供たちの夕飯は食べさせてたし、旦那の夕飯も作ってたのに。
嫁が息抜きすると怒る旦那って何なのかね?』

『本当にわかります。
旦那はずっと生活は変わらない。
好きなときに好きなことをして、好きなとこに行ける。
パチンコ、サウナ、飲み会。
私は24時間子どもと一緒なのに』

『なぜか私は飲み会よりも、旦那の昼間の外出にイラっとする』

『気持ち分かるよ~。旦那は子どもが生まれても今まで通り自分のペースで動ける。でも母親は少なからず我慢を強いられるもんね。それを我慢と思うかどうかは人それぞれだけど、自分のペースで動けなくなるのは確か。
子どもと過ごす時間を幸せだと感じてるときももちろんあるけど、でも疲れて弱音を吐きたいときだってある』

『うちの旦那は「仕事で飲み会やランチより、家族で食べたり飲んだりした方が1000倍マシ!」っていうタイプだから、羨ましいと思ったことなかったな。
好き勝手する旦那さんは、旦那さんだけ楽しんでるからズルいって感じるのかも知れないね』

自分なりの息抜きを考えてみよう!

限られた場所や時間の中でどう折り合いをつけていくかは、子どもを育てていく中で次第に見つけられるものだと思います。子どもがお昼寝をしたときを見計らって、好きな趣味をする。育児に手一杯なときは家事を手抜きして自分の時間を作る、など自分主導で時間のやりくりができることもママの強みでもあります。

『うち旦那が週1しか帰ってこれないから、2才差を3人私一人で育ててきたけど
20年間自分のペースでご飯食べたり生きてきたから、「ご飯が…旦那が……」なんて全く思わなかったけどなぁ。
ショッピングは確かにできたもんじゃないけど、子どもが寝てからショッピングサイトを覗いて靴や洋服を好きなだけ買い物するし、結構満足できてた。

美味しいスイーツとかをお取り寄せして、夜な夜な食べるのもご褒美みたいで楽しいよ。
家にいながら好きなもの買ったり美味しい物を食べてるせいか嫉みもないなぁ』

『育児が大変すぎて旦那のことズルいって思う気持ちわかるよ。でもさ、誰かに愚痴って発散できるならいいけど、旦那さんに今のつらさや大変さを理解してもらうよう努力することも大切じゃない?』

『子どもが入園するまでの辛抱だよ!
うちは、旦那より私の方が美味しいランチ食べてるよ♪
逆に羨ましがられる』

『子どもが幼稚園に入ったら嘘みたいに楽になって1人の時間満喫できるよ! 私が今それ。日中1人でランチやら買い物やら自由に過ごしてる。小学生になったら働こうかなと思うけど、今は頑張ってきたご褒美の時期だと思ってゆっくりさせてもらってます』

子どもがママにべったりの時期は長くて3年ほどのことですが、その3年が途方もなく大変で孤独を感じやすい時期でもありますよね。パパが好き勝手やっていることが許せないのではなく、その大変な時期こそ子育ての大変さを理解して欲しい、子育てに参加して欲しいと願うからなのではないでしょうか。パパからの労いの言葉をかけてくれるだけでも救われるママもいると思います。まずは夫婦で大変な思いを話し合ってみるのはいかがでしょうか。

文・赤石みお

参考トピ (by ママスタジアム
旦那ずるい