manga

新米ママの大失敗。語りかけ育児がとんでもないアクシデントに!

うちの娘が0才の頃の話です。

子どもが小さい頃は本当に余裕がなくて、常にバタバタ。ケアレスミスの連続。一人の時にはありえないような失敗もたくさんしました。

その中でも一番覚えているのは、語りかけ育児に関する思い出です。

■語りかけ育児の毎日

「まだ話せない赤ちゃんでも、ちゃんとママの話を聞いています。だから、たくさん話しかけてあげましょうね。」

と、語りかけ育児の大切さをよく耳にします。

というわけで私も、まだ話せない娘を抱っこしてあちこち出かけながら、事あるごとに話しかけていました。

「今日はきれいな青空だねー」

「蝉が鳴いてるねー」

「今からママのお友達のおうちに遊びにいくよ!」

「寒いから、おうちに帰ってお風呂にはいろっか」

本当に何もかも語りかける感じの毎日でした。

94558_01_161103

■ショッピングセンターのトイレにて

ある日某ショッピングセンターで買い物中、トイレに行きたくなりました。

荷物をトイレットペーパーホルダーのすぐ上の小さな荷物置き場に乗せ、娘をベビーシートに座らせ、いつものように語りかけ開始。

「ママ、トイレにいきたくなっちゃったから、ちょっと待っててねー」

「はい、ママ、ズボンぬぐよー」

「チャックおろすよー!」

「じゃあ、おしっこするよー!」

(おしっこの音)

「終わったから、紙でふくよー」

94558_02_161103

娘は、神妙な顔で聞いていました。

そしてトイレを終えて、外に出ようとすると‥。

ドアの前に警備員が二人立っていました。

警備員「防災センターの者です」

私「(???なんだろ?)どうかしました?」

警備員「あ、いえ、大丈夫、、、、ですよね??」

私「は???」

警備員「あ、あのーそのー 緊急ボタンが押されてまして」

私「???」

警備員「お子様と会話されているようでしたが、一応ーそのー」

私「!!!!???(赤面)」

■防災センターに実況中継!

94558_03_161103

そうです。私の「おしっこ実況中継」は、荷物置き場の緊急ボタンを通じて、全部、防災センターに筒抜けだったらしいのです。

なにげなく置いた荷物が、ボタンを押していたんですね!! もう、何をしゃべってその場から逃げ出したのか覚えていません。

それからしばらく、そのショッピングセンターに行けなかったのは、言うまでもありません。

トイレの緊急ボタンには、皆さまくれぐれもお気をつけくださいね!

ライター・yuki イラスト・きりく